‘2012/06’ カテゴリーのアーカイブ

梅雨期の健康

2012/06/01

 

2012年6月        

6月となりました。

6月といえば梅雨の季節ですね。ジメジメ・ジトジト、うっとうしい季節です。
実際雨が続く期間は、6月中旬から7月中旬にかけての一ヶ月くらいですが、特に胃腸の弱い方にとっては体調を崩す時期ですので、充分に注意したいものです。

それでは、梅雨の期の健康管理について記してみることといたしましょう。

 

梅雨の期は当然ながら、雨が多く湿度が高くなります。

漢方では体に影響する環境因子を六淫(りくいん)と呼び、「風」「寒」「暑」「湿」「燥」「火」の6種類に分類しておりますが、梅雨時に問題となるのが、このうちの湿です。

 

漢方では、これ等自然の気が人間の体を犯すようになると「邪気」と呼ぶようになるのですが、梅雨期の邪気は湿邪(しつじゃ)です。

 

湿邪(しつじゃ)の特徴は、胃腸の機能に悪影響を与えることと、気の流れを邪魔することです。

また、普段から胃腸が弱くて体内に余分な湿を抱えている方は余計に湿邪(しつじゃ)の影響を受けやすくなります。

 

湿邪(しつじゃ)の影響で起こりやすい症状としては、
岡田厚生堂薬局  体が重だるい
岡田厚生堂薬局  顔や手足がむくむ
岡田厚生堂薬局  食欲不振や食後におなかが張る
岡田厚生堂薬局  口の中が粘る

などですが、湿邪(しつじゃ)による影響の特徴は「沈重性」なので、「重い」「だるい」という症状があったら湿邪(しつじゃ)を疑ってほぼ間違いないでしょう。

 

それでは、これ等湿邪(しつじゃ)に犯されやすい梅雨期には、どのように健康を管理すべきなのか、次に記してみることといたしましょう。

 

梅雨期の養生法としては、まず生ものや冷たいものを極力控えて胃腸の陽気(動かす気)を守ることです。
それでなくても、現代の日本人の食生活は「生冷過食(せいれいかしょく)」といって、生ものや冷たいものを摂りすぎています。この梅雨の時期は温かくて消化の良い食事を心がけることが重要です。

また、脂っこいもの、味の濃いものを食べ過ぎないこと、水分を摂り過ぎないこと(特に夕食から夜間にかけては)も、注意が必要です。

この時期の食養生としては、水はけを良くする食材、つまり緑豆、もやし、緑豆春雨、さつまいも、山芋、冬瓜などで水の停滞をつくらないようにしましょう。

 

以上が梅雨期の養生の主なものですが、更に積極的に湿邪(しつじゃ)から体を守ろうとするのであれば、やはり漢方薬が助けになってくれます。

 

★梅雨期におすすめの漢方薬★
岡田厚生堂薬局  香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
岡田厚生堂薬局  平胃散(へいいさん)
岡田厚生堂薬局  勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)
など

今回は上記の中の勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)について少し解説いたしましょう。

 

まずその組成ですが、勝湿顆粒は、カッコウ・紫蘇葉(シソヨウ)・ビャクシ・桔梗(キキョウ)・大腹皮(ダイフクヒ)・陳皮(チンピ)・白朮(ビャクジュツ)・甘草(カンゾウ)・生姜(ショウキョウ)・半夏(ハンゲ)・茯苓(ブクリョウ)の12味で成り立っています。

 

効能としては
岡田厚生堂薬局  解表化湿(げひょうかしつ):表邪の発散及び体内の湿邪を除去する。
岡田厚生堂薬局  理気和中(りきわちゅう):中焦に湿が停滞し、気の流れが塞がれた状態を改善する。

 

悪心、腹痛、下痢、腹部膨満感、体が重だるい、食欲不振、口が粘る、などの症状を呈する時に非常に役立つ漢方薬です。

 

いずれにしましても、高温多湿な日本でこそ、利用価値の高い処方といえますし、特に普段から胃腸が弱い方で、胃腸に水滞を溜め込んでいる方へは、この時期、勝湿顆粒などの漢方薬の力を借りて、健康管理を図ってみてはいかがでしょう。

それでは今回はこの辺で。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

湿邪

2012/06/01

 

日本の夏の特徴・・・
それは湿度が高いことです。

日中の気温はおおむね30℃~35℃あたりですが、ヨーロッパなど他地域に比べて体感温度が高く感じるのは湿度が高いから、何故湿度が高くなるかというと、太平洋上の蒸発した水蒸気が混じった高気圧に日本列島がすっぽりと覆われるからといわれています。

もともと胃腸が弱い日本人、
暑いから・・・
じめじめするから・・・
といって、アイスやかき氷、お刺身やお寿司をぱくぱく、ビールや清涼飲料水をがぶがぶ・・・

実はソレ、体に湿を溜め込む原因になっています。

 

 

岡田厚生堂薬局  湿って何でしょう・・・?

岡田厚生堂薬局

中医学では、自然界には風・暑・火・湿・燥・寒の六つの気が存在するという考えがあり、これらが病気の原因に変化した時をそれぞれ風邪・暑邪・火邪・湿邪・燥邪・寒邪といいます。

つまり、湿邪とは【自然界の湿という気が体内に侵入し病気の原因となること】です。

心身が健康な状態であれば、これら六つの気が病気の原因となることはありませんが、何らかの原因により心身のバランスが崩れた状態で自然界の気が邪気となって病気の原因になってしまうわけです。

湿が多い時期は日本では梅雨時期で、他には霧や露の多い時期にも湿邪を受けることがあります。

湿邪は体内に侵入すると臓腑にとどまり、一度とりつかれるとなかなか完治が難しいという特徴があります。

 

 

岡田厚生堂薬局  五行論でみる湿の位置

五行論でみる湿の位置

湿邪を受けやすい季節は梅雨、そして湿の影響を最も受ける臓腑が(ひ)とです。

中医学でいう脾(ひ)とは、消化器系の機能を司るところ、また血液の運行をコントロールし、全身の肌・肉・筋肉・血管を養う働きを担っています。

湿邪の影響を受け、脾の機能が低下すると以下のような症状が表れます。

岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  食欲不振
岡田厚生堂薬局  体が重だるい
岡田厚生堂薬局  頭重・頭痛・関節痛
岡田厚生堂薬局  胃もたれがする
岡田厚生堂薬局  便がべっとりとする
岡田厚生堂薬局  むくみ(浮腫)
岡田厚生堂薬局  口内炎ができる
岡田厚生堂薬局  口のなかがべたつく
岡田厚生堂薬局  口臭がある
岡田厚生堂薬局  手足がだるい
岡田厚生堂薬局  生理の量が多かったりとまりにくい
岡田厚生堂薬局  皮膚の色が黄色っぽい

 

【更に湿を溜めやすいもの】

もともと湿気が多い季節に飲食するべきものでないのは・・・

岡田厚生堂薬局  刺身などの生もの。
岡田厚生堂薬局  冷たい食べもの。
岡田厚生堂薬局   冷たい飲みもの。

 

 

岡田厚生堂薬局  湿を溜めないためには・・・?

体内に湿=余分な水分が溜まると、脾胃の機能が低下し、いろいろな症状につながります。

体内に湿を溜め込まない為には、まず「湿を体内に溜めやすい飲食をしない」こと、次いで「余分な水分を出してくれるたべもの」を食生活に取り入れてみましょう。

岡田厚生堂薬局  玄米(ビタミン・ミネラルが豊富)
岡田厚生堂薬局  黒豆(痛みを緩和し余分な水分をとる)
岡田厚生堂薬局  スイカ・冬瓜・かぼちゃ・こんにゃく(尿の出をよくし、むくみをとる)
岡田厚生堂薬局  山芋・いちじく・人参(胃腸を丈夫にする)
岡田厚生堂薬局  しょうが・にら(胃腸の冷えをとる)
岡田厚生堂薬局  大根・キャベツ・じゃがいも(胃腸によい)
岡田厚生堂薬局   にんにく(水分代謝を活発にする、下痢や便秘にも良い)
岡田厚生堂薬局  アサリ・アユ・コイ(むくみをとる)
岡田厚生堂薬局  みかん(健胃、食欲増進、皮は口臭止めに良い)
岡田厚生堂薬局  茶(口臭止めに良く、気分をスッキリさせる)

【注意点】
食べるものも、飲みものも、生ではなく加熱して温かくして摂るようにしましょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  どこに湿?

中医学では体内の水分代謝を、脾・肺・腎の共同作業と考えています。

岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  頭重・顔のむくみ
上部の異常なので、肺から対応する事で水分が下へ降りていきます。

岡田厚生堂薬局  食欲不振・胃もたれ
中央部の異常なので、脾胃の働きに対応し腹部の水分停滞を解消します。

岡田厚生堂薬局  下半身がだるい
下部の異常は、小便の出が悪くなるなど腎の機能低下が考えられます。
腎を補う漢方薬や利水作用のある漢方薬で下から対応していきます。

また、クーラーの多用は人間の発汗システムを狂わせます。エアコンに頼らず季節を楽しみながら過ごしたいものです。

 

 

岡田厚生堂薬局  頼りになる味方!!

一度とりつかれると、べったりまとわりついてなかなか離れてくれない湿邪。
漢方薬なら水分代謝のバランスを整えるのに役立ちます!

体のなかの余分な水分を出すことがポイント!
体のどこに一番湿が溜まっているか、によって対応する漢方薬が違ってきます。

漢方薬を選ぶ時・服用の際はお気軽にご相談ください!!

頼りになる味方頼りになる味方

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP