‘2012/07’ カテゴリーのアーカイブ

夏の脳梗塞&心筋梗塞

2012/07/31

 

暑い夏は、クールタオル&日陰&こまめに水分補給などで熱中症予防が大切です。

そして実は血液の流れにも注意が必要なのです。

もともと疾患をお持ちの方はもちろん、生活習慣に乱れのある方や、ストレスの多い環境にいらっしゃる方は特に、夏の脳梗塞・心筋梗塞をしっかり予防しましょう。

 

一般的には、50歳代から発症が増加し、70歳代がピークといわれている脳梗塞ですが、最近は30代でも起こっていますので、若い方でも、高脂血症・糖尿病・高血圧・肥満・喫煙・飲酒・ストレスフルの方へは注意が必要な疾患となっています。

岡田厚生堂薬局
もともと冬に発症の多い脳梗塞や心筋梗塞ですが、冬場に多い理由は、血圧の変動が起きやすく血管に大きく圧力がかかり、心臓の負担も増すからです。

夏場にも気をつけないといけない理由、それは・・・

岡田厚生堂薬局  暑さに対応するため発汗する
岡田厚生堂薬局  汗=体内の水分が大量に流出する
岡田厚生堂薬局  脱水状態になる
岡田厚生堂薬局  血液の濃度が濃くなり粘度が上がる
岡田厚生堂薬局  血栓が出来やすくなる
岡田厚生堂薬局  血管がつまりやすくなる

といったプロセスからです。

 

岡田厚生堂薬局

暑い夏、汗をかいたら水分補給、ということはよく周知されていますが、割と知られていないのは室内での過ごし方です。

エアコンは知らず知らずの内に水分を奪っていきます。

汗をかかない分、室内での脱水症状は気が付きにくいのですが、トイレに行った時に尿の色が濃かったら注意しましょう。また、屋外・室内問わずこまめに水分補給が望ましいです。

またアルコールは利尿作用があり、摂った以上の水分を排出してしまいます。アルコールを飲みすぎないようにするのはもちろんですが、暑気払いなので飲む方はアルコールを飲んだあと、コップ2杯くらいの水は飲んでおくと良いでしょう。

もうひとつ大事なタイミングは睡眠の前後です。
寝る前に水分を摂ると夜中にトイレに行きたくなる、といって控える方が多いのですが、寝ている間、わたしたちはコップ1杯(200cc)の汗をかくといわれています。熱帯夜になると更に多く汗をかいていることでしょう。

睡眠中は血圧は低め、血流も緩やかですので、血栓ができやすい状況です。起床時には血圧が上がっていくので、血液が固まりやすくなります。

寝る前と起床後には、それぞれコップ1杯ずつの白湯をおすすめします。

 

 

岡田厚生堂薬局  血液と血管のなぜ?なに?

岡田厚生堂薬局

血液の役割

岡田厚生堂薬局  酸素と二酸化炭素の運搬
岡田厚生堂薬局  栄養、ホルモンの運搬
岡田厚生堂薬局  体温の運搬
岡田厚生堂薬局  免疫機能
岡田厚生堂薬局  体液調節
岡田厚生堂薬局  排泄物の運搬

血管・血液のイロハ

岡田厚生堂薬局  全血管の95%以上が毛細血管です。
岡田厚生堂薬局  毛細血管は動脈と静脈をつなぐ細い血管です。髪の毛の1/10~1/100の太さで、酸素と二酸化炭素の交換・栄養の受け渡しと老廃物の受け取りをしています。
岡田厚生堂薬局  血液の量は体重の約8%(5リットル)、血管の長さは10万km(地球2周半)です。
岡田厚生堂薬局  体重が1kg増えると血管は3km伸びる計算です。
岡田厚生堂薬局  血液は約1分で体内を一周します。
岡田厚生堂薬局  血液が入れ替わるのに約120日かかります。

血管のほとんどは髪の毛より細い毛細血管ということで、いかに詰まりやすいかということがわかって頂けると思います。

 

 

岡田厚生堂薬局  水、だけでは失った潤いは補えません

汗は中医学でいう津液(しんえき:血以外の水分)のひとつです。また、汗をかくと気(き:生命エネルギー)も一緒に流れ出てしまいます。

水だけでは、失った津液、つまり潤いと、失った気を補うことが出来ません。

気の正字は氣です。
氣は食物を原料に作られる、ということがわかります。

中医学では、体に必要な潤いを補うことを補陰(ほいん)といい、気を補うことを補気(ほき)といいます。そして脳梗塞や心筋梗塞などの予防に最も大切な血液の流れをサラサラにすることを活血(かっけつ)といいます。

食物と漢方薬で、上手に補陰補気活血しましょう!

 

 

岡田厚生堂薬局  食養生

岡田厚生堂薬局  潤いを補う食べ物

スッポン、スイカ、瓜、冬瓜、ゴーヤー、ハト麦、セリ、レタス、梨、桃、トマト、クコの実、白きくらげ、菊花茶、サンザシ、ハチミツなど。

岡田厚生堂薬局  気を補う食べ物

うなぎ、海老、イカ、鯉、ユリ根、山芋、紫蘇、なつめ、ハスの実、菊花、くるみ、黒ゴマ、クコの実など。

岡田厚生堂薬局  血液の流れをサラサラにする食べ物

マイワシ・サバ・アジ・カツオ・納豆・玉ねぎ・ししとう・らっきょう・ほうれん草・トマト・きのこ類など。

 

岡田厚生堂薬局

 

未病先防---
ちょっと変だな、と思ったら、お気軽にご来店ご相談ください!!

 

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

夏を元気に過ごすために

2012/07/01

 

2012年7月        

7月となりました。
7月は前半が梅雨、後半が暑熱、というように湿邪と暑邪に影響されやすい季節です。

漢方では湿邪は脾を、暑邪は心を侵すということになっておりますので、消化器系の弱い人、また循環器系に問題がある人は充分注意いたしましょう。

 

さて、梅雨から夏にかけて体調を崩すタイプは次の2つに分けられます。

 

1つは、梅雨時から体調が悪くなるタイプで、このタイプの方はもともと胃腸が弱い方に多く、湿邪が脾胃にとりつくため、津液を排出する機能が低下し、不必要な水分を溜めて体調を崩すタイプです。

2つめは、夏の間は元気に活動して、秋口にガクっと体調を崩すタイプで、夏の暑さにより気と陰液を消耗し、体内の熱をさばききれず体調を崩すタイプです。

 

このように単に体調を崩すといっても、そのタイプにより原因が異なり、用いる漢方薬も異なってきますので、漢方薬を用いる場合は私たち専門家によくご相談ください。

それでは2つのタイプはどの様な症状の違いがあるのか、記してみましょう。

 

【1】 梅雨時から夏にかけ体調を崩すタイプ
[ 特徴 ]
    岡田厚生堂薬局  胃腸がすぐれない
    岡田厚生堂薬局  体が重い
    岡田厚生堂薬局  だるい
    岡田厚生堂薬局  足がむくみやすい

 

【2】 秋に疲れが出る気陰両虚タイプ
[ 特徴 ]
    岡田厚生堂薬局  疲れやすい
    岡田厚生堂薬局  息が切れる
    岡田厚生堂薬局  体がほてる
    岡田厚生堂薬局  熱中症になりやすい

 

次に上記2つのタイプの改善方法ですが、前者は湿邪による脾胃の水湿阻滞(すいしつそたい)ですので、水湿を去湿(きょしつ)する漢方薬ということになります。それには平胃散(へいいさん)、胃苓湯(いれいとう)などの漢方薬が適します。また、脾胃そのものの機能を高める六君子湯(りっくんしとう)、香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)も適応しますので試してみたらいかがでしょう。

 

後者は気陰両虚(きいんりょうきょ)タイプです。体内の気不足・陰(津液)不足ですので、漢方薬としては麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、清暑益気湯(せいしょえっきとう)などが適応します。

 

面白いもので、現代医学では脾胃の水湿阻滞という病症もなければ、気陰両虚という病態もありません。また薬もありません。

前記2タイプは漢方、とりわけ中医学(中国医学)独特の概念で、中医学の病態の読みの深さに今更ながら驚くばかりです。

それと、タイプ別に分けることもなく、一般的には当店取り扱いの滋養強壮剤【レオピンファイブネオ】が脾胃を強壮し、体力抵抗力を増強しますので、有効なのは申すまでもないことです。

それでは最後に前記漢方処方の処方内容を記しておきますので、服用の際の参考になさってください。

 

平胃散
(へいいさん)
蒼朮、厚朴、陳皮、甘草、生姜、大棗
(湿邪が脾胃に停滞した病症に)
胃苓湯
(いれいとう)
蒼朮、厚朴、陳皮、沢瀉、猪苓、茯苓、白朮、桂枝、生姜、大棗、甘草
(水湿が停滞することによって生じた下痢症状に)
六君子湯
(りっくんしとう)
人参、白朮、茯苓、甘草、陳皮、生姜、大棗
(気虚による食欲不振に)
香砂六君子湯
(こうしゃりっくんしとう)
六君子湯 + 木香、縮砂
(六君子湯を強化した処方)
麦味参顆粒
(ばくみさんかりゅう)
麦門冬、五味子、人参
(気陰両虚の夏まけに)
清暑益気湯
(せいしょえっきとう)
人参、白朮、甘草、当帰、陳皮、麦門冬、五味子、黄柏
(気陰両虚の夏まけ夏やせに)

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

子宮の老化は10代から

2012/07/01

 

10代20代30代の早期閉経・早発閉経の方が増えています。

生理がこなくてラッキー!と思っていたら、そのまま閉経してしまった。。。

自分には関係ないと、自信をもっていえますか?
閉経が何を意味するか、本当に知っていますか?

★女性の悩み★も併せてお読みください♪

★妊娠適齢期★もオススメです!

 

子宮年齢が低下する、つまり子宮の老化はいつからはじまると思いますか?

赤ちゃんのもと、卵母細胞(減数分裂して、いずれ卵子になります)が含まれる卵胞(らんほう)は、実はお母さんのおなかにいる時から存在します。

女性の胎児の卵巣にある卵胞はおよそ700万個、出生後にはその数が200万個にも減少します。そして12歳~14歳くらい、つまり生理が始まる頃には卵胞は30万個にまで減少してしまいます。

50歳くらいになると、およそ1000個となり、卵胞が尽きれば閉経となります。

 

岡田厚生堂薬局

 

不妊のご相談が、高齢になればなるほど難しくなるのは、赤ちゃんのもとのひとつ、卵の数が限られてくるからというのもあります。

加齢とともに、体の機能が低下することは自然の理です。
しかし、昨今問題なのは、その老化の訪れが早すぎることにあります。

 

 

岡田厚生堂薬局  早期閉経・早発閉経の意味するもの

本来、50歳くらいに訪れる予定の閉経が、20歳~30歳代で訪れてしまう早期閉経(早発閉経)は、医学的には『43歳未満で卵巣内に卵胞が残っていないと確認される』あるいは『下垂体からのホルモンFSH値、LH値を測定し、極めて多量に放出されている』と、早期閉経(早発閉経)と診断されます。

岡田厚生堂薬局
現代医学では、女性ホルモン補充療法などで対応します。
閉経すると、妊娠は望めなくなります。
そして別の問題がでてきます。

閉経の前後10年間にわたる更年期(メノポーズ:Menopause)です。

また、早期閉経(早発閉経)は、骨粗しょう症・白髪・脱毛・シワなどの老化症状が早めにくることを意味します。

どうして50歳より早く閉経してしまうのか、を考えてみましょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  あなたの生活をチェックしてみましょう

早すぎる閉経を迎えてしまう原因には以下のようなものが挙げられます。

岡田厚生堂薬局  先天的なもの
生まれつき腎精が少ない状態、腎虚の状態である方も稀にいます。後天の精(飲食物や漢方薬)で人より多く補う必要があります。

岡田厚生堂薬局  睡眠不足、夜更かし
0歳~21歳までは心身ともに未成熟の状態です。メラトニン(成長段階の子供の「性成熟を抑制する作用」も持っています、つまり思春期の訪れを遅くする働きです)、コルチゾール、副腎皮質刺激ホルモン、成長ホルモン等は睡眠中に多く分泌される為、充分な睡眠を得ていないと心身ともに安定せず未発達でバランスの崩れたまま大人になってしまいます。睡眠は成長・修復・疲労回復に欠かせないものです。園児は10時間、小中学生は9時間、高校生でも8時間の睡眠が必要といわれています。

岡田厚生堂薬局  食べないダイエット、栄養不足
0歳~21歳までの食事は、心身を作る大切なもの。ダイエットや好き嫌いでバランスの崩れた食生活は決して美しい体を作りません。飲食物によるエネルギー補給が出来ないために必要以上の生命エネルギーを使ってしまい、体はやせるかも知れませんが、ツケはあとに回ってきます。

岡田厚生堂薬局  加工食品・ジャンクフードの食べすぎ
濃い味ブームが示すとおり、舌が鈍感になっている方が増えています。加工食品やスナック菓子、ジャンクフードに含まれる食品添加物は一回分、少量では問題なしとされていますが、蓄積すると問題になってきます。原材料名をチェックし、自然の食物でないものを食べている、という自覚を忘れないようにしましょう。

岡田厚生堂薬局  過度の運動、過度の性生活
スポーツの分野で一番になるためには、練習量も人より多くなってしまうかも知れません。しかしアスリートの経験豊かなコーチたちは認識しているとおり、過度の練習は逆に体の故障を招きます。自己判断で行わず、信頼できるコーチの指導のもとで行うと良いでしょう。また、性のスタートも早くなっている現代では、欲望のままに行動するのではなく、節度を忘れないようにするべきです。性生活は体力よりむしろ気を大量に消耗します。気の消耗は早すぎる老化を招くということを忘れないようにしましょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  中医学の役割

岡田厚生堂薬局  早すぎる老化を予防する
自然の理のとおり、正常な時期に正常な変化が訪れるよう、心身のバランスを整えることが、早期閉経(早発閉経)などの予防につながります。

岡田厚生堂薬局  老化を緩やかにする
実際に50歳になって、閉経が訪れたあとも、老化のスピードを緩やかにするためには何が必要でしょう。

それは早め早めの対応です。

「頭痛」「生理痛」「貧血」・・・そうした、ちょっとした症状を無視せず、きちんと治しておくことが、老化を穏やかにする秘訣です。

 

 

岡田厚生堂薬局  こんな症状がある方は?

  冷え症
  貧血、立ちくらみ
  頭痛、生理痛
  生理不順
  子宮内膜がうすい
  生理の状態が悪い
  疲れやすい、息切れする、めまい
  やる気がない、ぼーっとする
  情緒不安定
  むくみやすい、むくみがとれにくい
  しみ、くすみがある
  便秘

病気とはいえない、ちょっとした症状のうちにケアすることが肝要です。

きっとあなたのお役に立てます。

ひとりで抱えこまず、お気軽にご来店ご相談ください。

 

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの漢方薬  岡田厚生堂薬局

イスクラ冠元顆粒 イスクラ婦宝当帰膠 イスクラ参馬補腎丸

イスクラ冠元顆粒
かんげんかりゅう
[第2類医薬品]

イスクラ婦宝当帰膠
ふほうとうきこう
[第2類医薬品]

イスクラ参馬補腎丸
じんばほじんがん
[第2類医薬品]

イスクラ杞菊地黄丸 イーパオ 紅沙棘ホンサージ

イスクラ杞菊地黄丸
こぎくじおうがん
[第2類医薬品]

イーパオ
益宝
[健康食品]

紅沙棘
ほんさーじ
[健康食品]

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP