‘2012/12’ カテゴリーのアーカイブ

酒の健康管理

2012/12/06

 

2012年12月        

平成24年も早くも師走を迎えました。
師走は先生(師)も走り回るほど忙しい、の例え通り、忙しさが募る時です。また、年末は忘年会などで飲み食いする場が増えますので、余計体調管理が必要な時です。
くれぐれもご自愛くださいますように・・・。

 

さて、今月のよもやま話はこれから多くなる年末年始のの健康管理、つまり酒毒の漢方的対応について記していくことといたしましょう。

酒は百薬の長と言われるように、この上なく良いものとされますが、問題はついつい飲みすぎることです。

また、晩酌などのように、毎日飲むというくせをつくることです。

このように「度を越す」ことと「くせをつくる」ことに対し、何か良い手立てはないのでしょうか。

 

中国漢方医学では酒毒を次のように考え、酒家(酒呑み)に警告を与えています。
つまり、酒を飲みすぎるということは、脾胃の機能を弱め、脾・胃及び肝胆の部に湿邪、熱邪の停滞をつくると考えているのです。

ですから、毎日飲むとか、一度に多量に飲むとかを繰り返すようになると、絶えず湿熱の邪気が消えないことになり、一方、体全体では体に有用な津液不足(陰虚)傾向をつくり、また、血液もドロドロになる?血傾向をつくるのです。

因みに酒の漢方的食性は「湿性」「熱性」です。

 

このような湿熱邪をつくり、津液不足、?血をつくる飲酒に対して、中国医学では「茵?五苓散(いんちんごれいさん)」という処方をよく使います。

つまり、茵?五苓散(いんちんごれいさん)の処方中の茵?蒿(いんちんこう)が熱邪をさまし、茯苓(ぶくりょう)、猪苓(ちょれい)などが湿邪を解消してくれるからです。そして同じような意味で竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)などを使うこともあります。ともかく酒好きの方は、このような漢方処方で、少しでも酒毒の溜りを解消しておくことをおすすめします。

そのような対処法をしないで、漫然と飲み続けていくと、肝臓疾患、膵臓疾患などを起こすようになりやすいです。

 

それでは次に中国医学が教える酒の飲み方について記してみましょう。

岡田厚生堂薬局  酒の上手な飲み方  岡田厚生堂薬局

1.少飲(少量飲む)
2.淡飲
(話をしながら飲む、という意味も多少あるが、アルコール度の低い酒を小さなグラスで長く時間をかけて飲む)

が基本で、暴飲多飲と避け、何種類も飲まない。
タバコを吸いながら飲まない。
そして飲んだあとは風呂に入らない。

などが注意事項です。

 

このような事に注意し、楽しく酒を飲み、酒毒を溜めないようにしましょう。

 

最後に寒くなると心配になるのが、脳血管疾患や心臓病です。
中国医学でいうと、これ等疾患は
1.肝陽上亢型(かんようじょうこうがた)
2.肝腎陰虚型(かんじんいんきょがた)
3.気滞血?型(きたいけつおがた)
4.痰?互阻型(たんおごそがた)
等に分類され、治療法が考えられます。
このような型に対し、どのような漢方薬が使われるかといいますと、

1.肝陽上亢型(かんようじょうこうがた)
・・・釣藤散(ちょうとうさん)、降圧丸(こうあつがん)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
2.肝腎陰虚型(かんじんいんきょがた)
・・・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)+降圧丸(こうあつがん)
3.気滞血?型(きたいけつおがた)
・・・冠元顆粒(かんげんかりゅう)、血府逐?丸(けっぷちくおがん)、通導散(つうどうさん)
4.痰?互阻型(たんおごそがた)
・・・大柴胡湯(だいさいことう)、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)+冠元顆粒又は血府逐?丸

 

ともかく、脳血管疾患や心臓疾患は予防が大切ですので、心配な型は私共にご相談ください。

 

それでは良いお年を、お元気で越年ください。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

田七人参のココがスゴイ!

2012/12/01

 

ウコギ科の草本植物、田七人参(でんしちにんじん)は古くから金不換(きんふかん=お金に換えられないほど貴重なもの)と言われています。中国の雲南・広西・四川・湖北・江西・西蔵などで野生、及び栽培がされています。

なぜこれほどまでに名薬として貴重、珍重されているのか、田七人参(でんしちにんじん)のスゴイ理由について紹介して参りたいと思います。

 

 

岡田厚生堂薬局  赤い人参とどこが違うの?

薬用人参と人参の違い
朝鮮人参、高麗人参、シベリア人参、西洋人参、田七人参(でんしちにんじん)・・・良薬として古くから親しまれてきた「薬用人参」は、八百屋さんで売っている人参とは違います。八百屋さんにある食用の赤オレンジ色の人参はセリ科の植物、薬用人参はウコギ科の植物です。

薬用人参が日本に伝えられたのは天平(729-749:奈良時代の最盛期)の時、江戸時代(1603-1868)には日本でも栽培されていたといわれています。因みに食用の赤オレンジ色の人参は明治(1868~)になってから、割と最近なのです。

田七人参(でんしちにんじん)は別名を「三七(さんしち)」また「田三七(でんさんしち)」ともいい、これは良質の薬として収穫するまでに三年ないし七年かかるためにつけられた名前であるといわれています。
「田」は産地の田東からとったとも、栽培した田医師の名前からとったとも、いわれています。

薬学の古典【本草網目(ほんぞうこうもく)】には、山漆(うるしのように傷口を癒すという意味)と記されています。

始め、多少渋く苦味があり、ほのかに甘く、微香があり、毒性のない田七人参(でんしちにんじん)が優れている点は、大きく4つあります。

 

岡田厚生堂薬局  止血の神薬
止血作用により、傷口からの外出血のみならず、産後の出血・不正出血・胃や十二指腸の出血など内臓の止血にも役立つ。

岡田厚生堂薬局  活血薬
血行促進により、生活習慣病の予防や改善に、また活血止痛作用により、関節痛・生理痛・偏頭痛などの痛みを緩和する。

岡田厚生堂薬局  田七ケトン
心臓の冠状動脈を拡張して血量を増やし、心筋の酸素の消費量を減らし、心臓の負担を軽減する。また、血液中のコレステロールを減少させる。更に毛細血管の抵抗を高め、コレステロールの沈着を防ぐ。狭心症や心筋梗塞、高血圧、動脈硬化の予防と改善に役立つ。

岡田厚生堂薬局  肝機能保護
抗ウイルス作用、肝臓の血液循環を良くすることで、肝細胞がもともと持っている解毒機能が改善され、肝細胞膜自体が丈夫になる。肝細胞保護と代謝促進作用により、肝炎や肝硬変といった肝機能障害の予防や改善も期待できる。

 

田七人参のココがスゴイ

 

特筆すべきは、活血(血をサラサラに流す)と止血(出血を止める)という、相反する作用を併せ持つところです。他にも脂肪代謝を活発化して肥満を防ぐ作用も注目されています。

また、田七人参(でんしちにんじん)をはじめウコギ科の人参のほとんどには低下した免疫力を高める働きがあります。免疫力の低下によるアレルギー疾患や癌の予防と改善にも、役立つことが期待されています。

 

 

岡田厚生堂薬局  田七人参はやっぱりスゴイ!!

当店では田七人参(でんしちにんじん)の根を粉末にして、飲みやすいお茶にした健康食品田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)をご用意しております。
徹底した品質管理、信頼できるイスクラ産業株式会社の製品です。自信をもっておすすめできます☆

田七人参茶(イスクラ産業株式会社)

田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)を服用の際、また、田七人参(でんしちにんじん)についてわからないこと、気になること、何でもお気軽にご相談ください!
中医学に精通した漢方の専門スタッフがご相談を承ります!

 

 

お気軽にご相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP