‘2013/04’ カテゴリーのアーカイブ

春のプチ不調に食養生

2013/04/01

 

イライラストレス胃腸不調お肌(アンチエイジング)が気になる・・・春に多いプチ不調に合った食養生のオススメレシピをご紹介いたします。

 

春の食養生 イライラする方は  岡田厚生堂薬局  セロリとじゃこ炒め  岡田厚生堂薬局

【材料】2名分
岡田厚生堂薬局 セロリ・・・2本
岡田厚生堂薬局 黒きくらげ(乾燥)・・・3g
岡田厚生堂薬局 ちりめんじゃこ・・・大さじ5
岡田厚生堂薬局 ごま油・・・適量
岡田厚生堂薬局 しょうゆ・・・適量

【作り方】
岡田厚生堂薬局  黒きくらげをたっぷりの水で戻し、一口大に切る、セロリは葉を細かく刻み、茎はななめに薄切りにして、黒きくらげと一緒にキッチンペーパーなどで水気をふきとっておく。
岡田厚生堂薬局  フライパンにごま油を熱し、黒きくらげ・ちりめんじゃこ・セロリの順番で軽く炒め、しょうゆで味付けしたらできあがり  岡田厚生堂薬局

イライラしてどうしようもない方は、気持ちを鎮めるセロリ、トマト、小松菜、金針菜、黒きくらげ、チーズ、ちりめんじゃこ、小魚などがおすすめです。

 

春の食養生 ストレスが解消できない方は  岡田厚生堂薬局  大根カレー  岡田厚生堂薬局

【材料】2名分
岡田厚生堂薬局 大根・・・1/2本
岡田厚生堂薬局 くこの実(乾燥)・・・大さじ2
岡田厚生堂薬局 ほうれん草・・・1把
岡田厚生堂薬局 たまねぎ・・・中1個
岡田厚生堂薬局 カレールー・・・適量
岡田厚生堂薬局 しょうゆ・・・適量(かくし味)

【作り方】
岡田厚生堂薬局  ほうれん草は軽くゆでてから一口大に切っておく、玉ねぎはみじん切りにし、あめ色に炒める。
岡田厚生堂薬局  大きめの鍋に水を入れ、一口大のさいころ形に切った大根と、乾燥くこの実を加え、沸騰したらあくをとる。
岡田厚生堂薬局  【1】に、炒めたたまねぎを加え、大根がすきとおったら、火を止めてカレールーを加える。
岡田厚生堂薬局  食べる直前にゆでておいたほうれん草を加え、しょうゆで味を整えたらできあがり  岡田厚生堂薬局

おすすめのお茶は、ジャスミンティー・ミントティー・菊花茶です☆

ストレスで低下した肝の機能を養うクコの実、なつめ、黒ごま、ほうれん草、セロリ、春菊、ネギ、大根、パセリなどがおすすめです。香りの良いお茶で気を発散させ、ストレス解消しましょう。

 

春の食養生 胃腸不調でお悩みの方は  岡田厚生堂薬局  かぼちゃポタージュ  岡田厚生堂薬局

【材料】2名分
岡田厚生堂薬局 かぼちゃ・・・1/4本
岡田厚生堂薬局 にんじん・・・1/2本
岡田厚生堂薬局 牛乳・・・200cc
岡田厚生堂薬局 水・・・300cc
岡田厚生堂薬局 コンソメ・・・小さじ1
岡田厚生堂薬局 塩・・・適量

【作り方】
岡田厚生堂薬局  にんじんはすりおろし、かぼちゃは種とワタを取って3cm角に切る。
岡田厚生堂薬局  鍋に水300ccを入れ、コンソメを入れ、かぼちゃを煮る。(あくが出たら丁寧にとる)
岡田厚生堂薬局  かぼちゃが柔らかくなったら弱火にして、鍋の中ですりこぎでかぼちゃをつぶす。つぶしおわったらすりおろしたにんじんを加える。
岡田厚生堂薬局  牛乳を加えて塩で味を調えたらできあがり  岡田厚生堂薬局

胃がもたれやすい・ゲップ・胃がムカムカするといった方は、かぼちゃ、にんじん、山芋、れんこん、はとむぎ、なつめ、朝鮮人参、豆腐、牛乳、などがおすすめです。胃のちからをUPしましょう。

 

春の食養生 お肌(アンチエイジング)が気になる方は  岡田厚生堂薬局  黒豆と山芋のおかゆ  岡田厚生堂薬局

【材料】2名分
岡田厚生堂薬局 黒豆(煮)・・・大さじ2
岡田厚生堂薬局 山芋・・・1/2本
岡田厚生堂薬局 くこの実(乾燥)・・・大さじ1
岡田厚生堂薬局 米・・・1カップ
岡田厚生堂薬局 だしの素・・・適量
岡田厚生堂薬局 塩・・・適量

【作り方】
岡田厚生堂薬局  米1カップは軽く水洗いしたあと、10カップの水に30分ほどひたしておく。
岡田厚生堂薬局  山芋は皮をむき、一口大のサイコロ形に切る。
岡田厚生堂薬局  【1】を鍋にうつし、だしの素とクコの実、山芋を加え、火にかけ弱火で煮る。
岡田厚生堂薬局  山芋に火が通ったら黒豆を加え、更に5分ほどことこと煮て、塩で味を調えたらできあがり  岡田厚生堂薬局

老化と関連の深い腎の機能を補う食べものは、黒米、黒ごま、黒豆、山芋、くるみなどです。美容に大切な血を補ってくれるクコの実やナツメも積極的に取りたいですね。

 

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの漢方薬  岡田厚生堂薬局

イライラストレスには、イスクラ逍遙丸(しょうようがん)やイスクラ開気丸(かいきがん)、イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、イスクラ帰脾湯エキス顆粒KM(きひとうえきすかりゅう)など。
胃腸不調には、イスクラ健脾散エキス細粒(けんぴさんえきすさいりゅう)など。
お肌(アンチエイジング)が気になる方へは、イスクラ参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、イスクラ双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)、イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)などがオススメです。

春のプチ不調に食養生

 

※ひとりひとりの体質や症状によって、おすすめの漢方薬が異なります。
貴方に一番ベストな漢方薬をチョイスする為にも、服用の際は岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!

 

春のプチ不調に食養生

新学期・新生活を迎える春は、気持ちが不安定になりやすい季節です。
イライラや不安におすすめの漢方薬もございます。

ひとりで悩まず、どなたさまもお気軽にご相談にいらしてください  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

癌との付き合い方・・・その4

2013/04/01

 

2013年4月        

4月を迎えました。
4月は新入学・新入社に代表されるように、新しく巣立ちの時です。明るく希望ある時です。
是非、立派な学生、立派な社会人になってほしいと思います。

さて、今月は癌との付き合い方・・・その4です。
先月は中医学での癌の発生・発展についての認識が、正気不足(免疫力低下)によることを書きましたが、今月は癌の発病因子としての実邪について書いていこうと思います。

 

西洋医学は癌(がん)の発生・発展原因を主に外部に求めていますが、中医学は主として人体内部の変調に求めています。
つまり、

岡田厚生堂薬局 気滞(きたい)(生理機能や情緒活動の停滞)

岡田厚生堂薬局 オ血(おけつ)(血行不良)

岡田厚生堂薬局 痰湿(たんしつ)(体に不要な水分)

岡田厚生堂薬局 毒熱(どくねつ)(発熱性の病毒素)

などのように、人間内部の変調・異常によって癌はおこると考えているのです。

では、それら変調・異常は具体的にはどのような事なのか、次に記してみましょう。

 

まず、第一の気滞(きたい)ですが、
気滞(きたい)とは、人間のもつ七つの感情である、喜・怒・憂・思・悲・恐・驚が精神的なストレスなどにより、その運行が遅くなり、滞ることをいいます。
気滞(きたい)の状態が長くなると、消化吸収機能が低下し、血のめぐりにも支障をきたすことになります。
このような時に各種の発癌因子に遭遇してしまうと、腫瘍へと発展する可能性が考えられるのです。

 

次に、オ血(おけつ)ですが、
オ血(おけつ)とは血液の流れが悪くなり、その為に体の中に悪い血が滞った状態を指すのです。オ血(おけつ)状態が発生すると、血の流れ、また、気の流れ、水の流れが悪くなり、それによって様々な症状が現れます。

 

次に、痰湿(たんしつ)ですが、
正常な状態では、水は人体に吸収され、体に有用な水分(津液)となって、体を滋養するのですが、飲の不摂生、感情の乱れ、過労、運動不足などの原因により、脾・肺・腎の機能が低下し、その結果、病理的な水分が滞り、気血の運行を妨げることになるのです。

 

最後に、毒熱(どくねつ)ですが、
感染などにより、また、未消化物の発酵などにより、体の内部に毒熱が発生すると、津液・血液が滞る状態となり、臓器の気血の運行を妨げ、腫瘤をつくることになるのです。

 

以上、発癌について夫々解説してきましたが、実際はその原因はひとつだけという事はなく、数種の原因が絡み合うことにより、発癌あるいは進展するのです。

これ等でもおわかりのように、癌は、タバコ・カビ毒・おこげ、といった外部から入るものによりおこるだけでなく、寧ろ内部の気・血・津液の流れの異常によりおこる、と中医学では考えているのです。

 

まとめると以下のようになります。

癌の形成   気滞・血?・痰湿・毒熱(実邪)
岡田厚生堂薬局
  気虚・血虚・陰虚・陽虚(正気不足)

 

それではまた来月。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP