‘2013/12’ カテゴリーのアーカイブ

健康相談難民について

2013/12/04

 

2013年12月        

平成25年も、早くも12月を迎えました。
一年の経つのは早い。
本当に早く経過します。

そこで日々の経過に合わせ、せかせか生活するのではなく、スローライフ、つまりゆっくりと一日一日を送るようにすることを提案したいと思います。

 

現代人は、好むと好まざるとに拘わらず、せかせかと生活することに慣らされている為、余計ゆっくり生活する必要があると思うのです。

医学的にいっても、ゆっくり過ごすということは、副交感神経が優位となり、自然治癒力そして免疫力が高まり、病気から遠のくことになります。

ですから、これからはゆっくりとゆとりをもって生活するクセ(習慣)をつけましょう。

と、いうことで、一年の締めくくりとして、今話題となっている健康相談難民について記していくことと致しましょう。

 

岡田厚生堂薬局  生活習慣病は「予防が大切」

東京都がまとめた意識調査では、生活習慣病は「予防が大切」と考えている方が9割強に上り、生活習慣病になってから対応すれば良いと考えている方は3.9%と少数派であることがわかりました。

更に、インターネットの都政モニターを対象にした調査では、健康状態が「よい」と答えた方は84%で、健康の為に心がけていることは「栄養バランスや食べる量など、食習慣に気をつけている」方が80.1%、「習慣的に運動をしている」方が71.7%でした。

この調査結果から、生活習慣病に対する意識が「生活習慣の改善で病気を防ぐ」ことが大切で、予防の重要性が浸透している実態が鮮明になったことがわかります。

 

また、ある飲料メーカーの調査によると、50代~70代のシニア層が最も健康意識が高く、3人に1人はほぼ毎日サプリメント・健康食品を摂取していると報告されています。(業界「健康ニュース」紙より)

 

この調査よりわかることは、今の日本では中高年の方達に、かなり病気に対し予防意識が芽生え、「自分の健康は医者まかせにせず自分で守る」セルフメディケーション思想が根付いてきた、ということです。

これは、中医学を普及してきた私たちにとっては歓迎すべきことで喜ばしいことだと思っています。

 

当店では「病気を防いで健康に長生き」をモットーに、「予防と養生」の重要性、更には中医学の中心思想である「未病先防(みびょうせんぼう)」「既病防変(きびょうぼうへん)」「抗老防衰(こうろうぼうすい)」などの重要性を訴えて参りました。

これからも更に強く訴えて参る所存ですが、皆様方へは予防の重要性を十分に認識され、健康で長生きされますよう祈念しております。

 

それでは今年もあと一ヶ月、お体に留意され、悔いのない一ヶ月を送られますよう、そして希望ある新年を迎えられますよう、心より祈念致し、今年最後の「よもやま話」を終わらせていただきます。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

脳アンチエイジング術

2013/12/03

 

大人の脳の重さは、体重の2%ほど、1.4kgくらいです。
脳は、心身の働きのすべてをコントロールする司令塔で、部位によって異なる働きをしています。

よく「人の脳は全体の一割しか使われていない」といわれていますが、それは昔の考えで、現代では「脳の大部分を有効活用している」ことがわかっており、今使用されていない部分は、使用している部分が何らかの原因で破損、使用出来なくなった時に代替的または補助的に働く、ということがわかっています。

 

岡田厚生堂薬局☆脳アンチエイジング術

 海馬体
記憶の形成・蓄積、情動のコントロール

 言語野
言葉の理解・形成、意味のある文章の形成、文字を書くなど

 運動野
体の全ての部分とつながっていて、それぞれの運動を制御する

 体性感覚野
触覚(皮膚)からの痛み・手触り・温度などの情報を受け取り制御する

 視覚野
視覚の情報処理

 小脳
体のバランス調整、生活習慣など体で覚える分野の学習機能(非陳述型の学習)、大脳の記憶のバックアップなど

 

岡田厚生堂薬局  脳年齢チェック☆彡

若々しく、健康な状態を示す健康寿命、健康寿命で大切な要素のひとつが脳年齢。

脳年齢の検査には、短期記憶検査・遅延再認課題・項目再認課題・記憶リハーサル課題などがあります。

脳年齢検査のなかでも簡単な短期記憶検査をご用意いたしました。お時間のある方はお試しください♪

 

紙とペン、時計をご用意ください。
下記の言葉を30秒間、見て覚えてください。

 

みかん

うなぎ

ぶた

灯台

富士山

国語

チョコレート

どかん

モンシロチョウ

缶詰

ジャンパー

カレーライス

アンドロメダ

万年筆

サッカー

 

画面から目を離し、メモ帳に今覚えた単語を書き出してください。
時間は1分間です。
タイムアップ後、1分間で書き出せた単語の数をかぞえてください。

 

いかがでしたか?
あなたの脳年齢は・・・

岡田厚生堂薬局8個  ・・・30歳代

岡田厚生堂薬局7個  ・・・40歳代

岡田厚生堂薬局6個  ・・・50~60歳代

岡田厚生堂薬局5個  ・・・70歳代

岡田厚生堂薬局4個  ・・・80歳代

 

 

岡田厚生堂薬局  脳アンチエイジング術

岡田厚生堂薬局
日本の寿命が長いことは、世界で認知されてから久しいですが、出来れば、寝たきりや認知症にならずに、年齢相当、または年齢以上に若々しく健康でいたいですよね。

脳がいつまでも若々しく、元気でいるためのポイントをご紹介いたします☆

岡田厚生堂薬局  一日一万歩
体を動かして、気血の流れを良くしましょう。
スローウォーキングや、ヨガ、太極拳など、毎日、2日に1回など、無理なく続けられる運動で、脳アンチエイジング!!

岡田厚生堂薬局  友達や仲間、家族とおしゃべりをする
人の話を聞く、人に話をする、ことは脳の活性化につながります。
「へぇ~!そんなことが!」「初めて聞いたわ」など、人生いくつになっても新しい発見はあるものです。おしゃべりで脳アンチエイジング!!

岡田厚生堂薬局  よく笑う
笑う門には福来る、いつの時代も、笑うことは心身ともの健康につながります。
寄席や映画、漫才、子どもの何気ない動作など、あなたのお気に入りの笑顔になれる方法で、脳アンチエイジング!!

岡田厚生堂薬局  毎日、文字を書く
文字を書くことは物事の認知、記憶の保持力につながります。
文字を書く機会がないので漢字を忘れたわ、という方、多いのではないでしょうか。
本や新聞の記事を写すところから始めても良いでしょう。積極的に文字、文章を書くことで、脳アンチエイジング!!

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの食べものと漢方薬

岡田厚生堂薬局  おすすめの食べもの  岡田厚生堂薬局

脳のエネルギー源はブドウ糖で、ビタミンEとビタミンB1が脳に良いらしい、と言われていますが、一番大切なことは旬の食材を腹七分または腹八分でいただくことです。旬を意識して、下記の食材をご参考ください。
うなぎ、青魚、小魚、大豆、黒豆、くるみ、とうもろこし、山芋、パセリ、ほうれん草、小松菜、キャベツ、ピーマン、アスパラガス、しその葉、柿、いちご、みかんなど

 

岡田厚生堂薬局  代表的な漢方薬  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  くまやあざができやすい、固定痛があるオ血の方へは・・・
イスクラ冠元顆粒(かんげんかりゅう)、田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)など

岡田厚生堂薬局  口が渇く、皮膚が乾燥する腎陰虚の方へは・・・
イスクラ杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、イスクラ八仙丸(はっせんがん)など

岡田厚生堂薬局  手足の冷えがある腎陽虚の方へは・・・
イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)、金匱腎気丸(きんきじんきがん)など

岡田厚生堂薬局  めまい、貧血、顔色が白い血虚の方へは・・・
イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、イスクラ帰脾湯(きひとう)など

 

岡田厚生堂薬局☆脳アンチエイジング漢方薬

 

 

漢方薬は医薬品です。
貴方の体質や状態、状況に合わせて正しく選び、上手に活用するお手伝いをいたします☆

岡田厚生堂薬局 お気軽に岡田厚生堂薬局へご相談にいらしてください!! 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

【関連記事】岡田厚生堂薬局  オ血の話  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  夏の脳梗塞&心筋梗塞  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  田七人参のココがスゴイ!  岡田厚生堂薬局