‘店主の健康よもやま話’ カテゴリーのアーカイブ

狭心症の漢方的対応

2014/07/02

 

2014年7月        

7月を迎えました。
7月といえば梅雨から夏へ変わる移行期です。

前半は雨がジトジト、後半は暑さギラギラで悩まされる時期です。湿邪と暑邪に犯されないよう、十分注意しましょう。

 

さて、今月のよもやま話は「狭心症」の漢方的対応についてです。

狭心症は心臓の筋肉に酸素や血液を送る冠状動脈が硬化して、血管が詰まり、一時的に血液の流れが不足するために起こる病気で、症状としてはみぞおちから左胸部にかけて「狭心痛」と呼ばれる独特の圧迫痛の起こる病気です。

 

中国漢方医学では、狭心症のように心臓の血管が詰まって痛みを発する状態を【心血オ阻(しんけつおそ)】といい、冠状動脈の血液がドロドロ状態になっていることを指します。

 

ですから、心疾患を予防しようと思えば、まず食事習慣を改善する必要があります。

高脂肪・高タンパクなものを避け、あっさり系の野菜・豆類・海藻類、更には背の青い魚などをとるようにする事です。

 

こうした日常生活の節制とともに、血液をきれいにする活血化オ(かっけつかお)作用のある漢方薬を服用することです。活血化オ作用のある漢方薬には何種類かありますが、なかでも特におすすめなのが冠元顆粒(かんげんかりゅう)と、田七人参(でんしちにんじん)です。

普段これらの漢方薬を予防的に服用して、生活習慣に気を付けていけば、まず心疾患、そして脳血管疾患などの循環器系疾患は予防できるでしょう。

 

一般的に心疾患は冬に多いと思われますが、実は夏にも多いものです。

これから暑さに向かって血液が濃くなる季節、十分予防致しましょう。

 

それでは最後に狭心症の漢方的対応を記しておきますので、参考になさってください。

 

岡田厚生堂薬局  狭心症の漢方的対応

 

【冠元顆粒】 または 【田七人参】

      +(プラス)

岡田厚生堂薬局  心火上炎型(しんかじょうえんがた)
・・・ 三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

岡田厚生堂薬局  肝火上炎型(かんかじょうえんがた)
・・・ 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

岡田厚生堂薬局  肝気郁血型(かんきうっけつがた)
・・・ 加味逍遙散(かみしょうようさん)、抑肝散(よくかんさん)

岡田厚生堂薬局  心脾血虚型(しんぴけっきょがた)
・・・ 帰脾湯(きひとう)

岡田厚生堂薬局  心腎陰虚型(しんじんいんきょがた)
・・・ 天王補心丹(てんのうほしんたん)

岡田厚生堂薬局  肝腎陰虚型(かんじんいんきょがた)
・・・ 杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

岡田厚生堂薬局  陰虚火旺型(いんきょかおうがた)
・・・ 知柏地黄丸(ちばくじおうがん)

 

 

岡田厚生堂薬局 詳しくは当店までご相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

▲TOP     

 

 

高血圧の漢方的対応

2014/02/01

 

2014年2月        

2月を迎えました。
春立つ(立春)とは言え、まだまだ寒い日が続きます。今流行しているインフルエンザ・風邪には充分注意しましょう。

 

さて、今月のよもやま話は「高血圧」の漢方的対応です。

高血圧(収縮期血圧が140mmHg以上)は、成人の3人に1人が高血圧症といわれている程ポピュラー?な症候群です。

ではなぜこれ程までに多くの方が高血圧症となるのか?

原因は色々あると思いますが、私は【1】ストレス(精神的緊張)【2】食事(塩分、脂肪分などの摂り過ぎ)【3】運動不足(動かない、歩かない)等と思うのです。

特に【1】ストレスは、現代医学でも高血圧症に血圧降下薬に精神緊張を緩和する薬が処方されているのをみてもおわかりでしょう。

 

高血圧でこわいのは脳出血や脳梗塞をおこすリスクが高まることです。

更にそれ等は発作、多くの場合半身麻痺という障害をおこします。

ですからそのようなことにならない様、予防する為には平素が必要です。平素からの血圧管理、オ血をつくらない様な食事管理などはもとより、現在高血圧の人は脳血栓の前ぶれとしての

 

岡田厚生堂薬局  年齢40歳以上で高血圧や動脈硬化、高脂血症、心臓疾患、糖尿病などの既往歴の有無

 

岡田厚生堂薬局  突然のめまい、頭痛、失語、肢体の自由がきかない、歩行困難

 

岡田厚生堂薬局  言語障害、発音がはっきりしない、唇がゆがむ、よだれ

 

などの危険症候を充分予測し、配慮する事も大切でしょう。

そしてそれ等に対応する策としては中国医学の知恵を借りると良いでしょう。

 

中国医学の知恵は、オ血の改善(標治:ひょうち)、オ血をおこす体質的ひずみの改善(本治:ほんち)です。

これ等を上手に利用するとただ単に血圧降下薬で血圧管理するだけでなく、血圧を上昇させにくい体質へと改善できるのです。

 

それでは例により、各パターン別の標準的な漢方処方を例示しますので参考にしてみてください。

 

岡田厚生堂薬局 詳しくは当店までご相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局  肝陽上亢型(かんようじょうこうがた)
イライラ、のぼせ、めまい等
降圧丸(こうあつがん) or 釣藤散(ちょうとうさん) + 冠元顆粒(かんげんかりゅう)

岡田厚生堂薬局  肝腎陰虚型(かんじんいんきょがた)
視力減退、眼精疲労などの眼の異常、足腰だるい
杞菊地黄丸(こぎくじおうがん) + 降圧丸(こうあつがん) + 冠元顆粒(かんげんかりゅう)

岡田厚生堂薬局  気滞血オ型(きたいけつおがた)
血流悪く、血液ドロドロ
冠元顆粒(かんげんかりゅう) or 血府逐オ丸(けっぷちくおがん) + 加味逍遙散(かみしょうようさん)

岡田厚生堂薬局  痰オ互結型(たんおごけつがた)
肥満で血液ドロドロでメタボリック
温胆湯(うんたんとう) + 冠元顆粒(かんげんかりゅう)

 

▲TOP     

 

 

花粉症の漢方的対応

2014/01/11

 

2014年1月        

新年、明けましておめでとうございます。
御家族皆様の御健康、御多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

さて今年はどんな年となるのでしょうか。
ここ数年の社会の流れを見ると、平和で安心して暮らせる年となるよう祈らずにはいられません。

それとやはり健康です。
家族が健康で明るい家庭には悪い事が起こりにくい気がします。是非今年も健康に留意し、意義ある人生を歩んでください。

と、いうことで、今回の「よもやま話」は2月頃から始まる花粉症に先駆け花粉症の漢方的対応につき記してみたいと思います。

 

岡田厚生堂薬局  花粉症の漢方的対応

花粉症、及びアレルギー性疾患は、近年急速に罹る人が多くなってきた疾患で、典型的な現代病といえるでしょう。

その原因としては花粉、ハウスダストなどの外的要因もさることながら、食生活の変化、ストレスなど内的要因が大きく関わっていると思われます。

特に冷蔵庫の普及に伴う冷たいものの過剰摂取、そして水分を多く摂ることが健康をつくる、と誤った情報の氾濫、更にはスイーツなどの甘味、脂肪分の過剰摂取などがアレルギー体質をつくる大きな原因と考えざるを得ません。

従って、アレルギー体質を改善しようと思うならまずそれ等食生活の誤りを正すこと、その上で漢方薬を服用することです。

 

花粉症の漢方対応は、鼻や目に起こる諸症状を改善する標治法と、諸症状を起こす原因(正気の弱り)を改善する本治法という、2つの対応を並行して行います。

何故なら、症状が一度良くなっても原因が改善されていなければ、すぐに再発するからです。

 

一般的に日本人は正気(免疫力・抵抗力)が弱い、あるいは冷たいもの、水分の摂りすぎにより正気が弱っている、と言われます。
漢方医学(中医学)には「正気(防衛力)が体の中に十分あれば、外部の邪は体の中には入らない」という考えがあり、正気の存在を特に重視しています。

正気が弱ると、気候や気象の変化に応じられず、邪気(花粉など)が侵入しやすくなるからです。

 

そしてその為、本治として脾虚(ひきょ)、肺腎両虚(はいじんりょうきょ)を改善する漢方薬を、又、標治としては症状を改善する漢方薬を使いますが、詳しくは私共によくご相談ください。

という事で、最後に花粉症・アレルギー性鼻炎の本治、標治に於けるよく使われる漢方的対応を記しておきますので参考にしてみてください。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

  分類 主な症状 漢方薬
標治 風邪
侵入
目がかゆい、目の充血、風熱邪の侵入したときは口渇する 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)葛根湯加川キュウ辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)蒼耳子散(そうじしさん)など

本治 肺気虚 息切れ、風邪をひきやすい、汗をよくかく、咳、顔が白っぽい

衛益顆粒(えいえきかりゅう)キヨーレオピンなど
脾気虚 食欲不振、腹部脹満、軟便、疲労、無力感

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)健胃顆粒(けんいかりゅう)レオピンファイブなど
腎虚 足腰が冷えて痛む、息切れ、健忘、手足の冷え、耳鳴り

八味地黄丸(はちみじおうがん)レオピンロイヤルなど

 

▲TOP     

 

 

健康相談難民について

2013/12/04

 

2013年12月        

平成25年も、早くも12月を迎えました。
一年の経つのは早い。
本当に早く経過します。

そこで日々の経過に合わせ、せかせか生活するのではなく、スローライフ、つまりゆっくりと一日一日を送るようにすることを提案したいと思います。

 

現代人は、好むと好まざるとに拘わらず、せかせかと生活することに慣らされている為、余計ゆっくり生活する必要があると思うのです。

医学的にいっても、ゆっくり過ごすということは、副交感神経が優位となり、自然治癒力そして免疫力が高まり、病気から遠のくことになります。

ですから、これからはゆっくりとゆとりをもって生活するクセ(習慣)をつけましょう。

と、いうことで、一年の締めくくりとして、今話題となっている健康相談難民について記していくことと致しましょう。

 

岡田厚生堂薬局  生活習慣病は「予防が大切」

東京都がまとめた意識調査では、生活習慣病は「予防が大切」と考えている方が9割強に上り、生活習慣病になってから対応すれば良いと考えている方は3.9%と少数派であることがわかりました。

更に、インターネットの都政モニターを対象にした調査では、健康状態が「よい」と答えた方は84%で、健康の為に心がけていることは「栄養バランスや食べる量など、食習慣に気をつけている」方が80.1%、「習慣的に運動をしている」方が71.7%でした。

この調査結果から、生活習慣病に対する意識が「生活習慣の改善で病気を防ぐ」ことが大切で、予防の重要性が浸透している実態が鮮明になったことがわかります。

 

また、ある飲料メーカーの調査によると、50代~70代のシニア層が最も健康意識が高く、3人に1人はほぼ毎日サプリメント・健康食品を摂取していると報告されています。(業界「健康ニュース」紙より)

 

この調査よりわかることは、今の日本では中高年の方達に、かなり病気に対し予防意識が芽生え、「自分の健康は医者まかせにせず自分で守る」セルフメディケーション思想が根付いてきた、ということです。

これは、中医学を普及してきた私たちにとっては歓迎すべきことで喜ばしいことだと思っています。

 

当店では「病気を防いで健康に長生き」をモットーに、「予防と養生」の重要性、更には中医学の中心思想である「未病先防(みびょうせんぼう)」「既病防変(きびょうぼうへん)」「抗老防衰(こうろうぼうすい)」などの重要性を訴えて参りました。

これからも更に強く訴えて参る所存ですが、皆様方へは予防の重要性を十分に認識され、健康で長生きされますよう祈念しております。

 

それでは今年もあと一ヶ月、お体に留意され、悔いのない一ヶ月を送られますよう、そして希望ある新年を迎えられますよう、心より祈念致し、今年最後の「よもやま話」を終わらせていただきます。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

天津感冒片について

2013/11/03

 

2013年11月        

11月を迎えました。
今年もあと2ヶ月です。
月日の経つのは本当に早い。うかうかしているとあっという間に一年が過ぎます。うかうかしないよう、日々をしっかりと生きたいものです。

ということで、今月はそろそろカゼが流行ってくると思われるので、カゼ、特に風熱型の感冒によく使われる天津感冒片(てんしんかんぼうへん)について記してみようと思います。

 

天津感冒片(てんしんかんぼうへん)は風熱型(発熱、咽腫痛の症状を出す型)の感冒に用いられる他、咳のある感冒、ウイルス性のインフルエンザなどに使われる感冒中成薬の代表処方です。

中医学では、カゼを  (1)風寒型(ふうかんがた)感冒、 (2)風熱型(ふうねつがた)感冒、 (3)風湿型(ふうしつがた)感冒、と分類し、治療法を分けて考えていくのですが、天津感冒片(てんしんかんぼうへん)はこのうちの風熱型感冒に適応する感冒薬となります。

製造元のイスクラ産業(株)の解説書を見ると、本品は「銀翹散(ぎんぎょうさん)」に清熱解毒作用を増強するために芦根(ロコン)の代わりに羚羊角(れいようかく)が加味された処方となっている、とされ、効能・効果としては『かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛』に、更に『悪寒より熱が強く、のどの痛みを伴うもの』に適応する、と書かれています。

現代医学ではカゼの治療薬として解熱剤、抗炎症剤、更に咳が出ていれば鎮咳去痰剤、また鼻水が出ていれば抗ヒスタミン剤、細菌性のものであれば抗生物質、と症状に対して薬を投与する(対処療法)という方法論をとりますが、中医学での治療法は現代医学とは異なる治療法(分類法)をとるのです。

従って、それを理解したうえで天津感冒片(てんしんかんぼうへん)の処方内容を見てみますと、

金銀花(きんがんか)、連翹(れんぎょう)、羚羊角(れいようかく)、竹葉(ちくよう)、薄荷(はっか)、淡豆?(たんとうし)、荊芥(けいがい)、桔梗(ききょう)、甘草(かんぞう)、牛蒡子(ごぼうし)の十味が合わさった処方であり、それ等生薬の概ねの効能は、風熱邪を発散し、熱毒を消退させ、風熱邪による肺の機能失調(肺気不宣:はいきふせん)や咽喉不利を回復させるように働く、ということになるのです。

そして、その効能を更に引き出すならば、

 

せき(+++)  →  麻杏止咳顆粒(まきょうしがいかりゅう)併用

鼻づまり(+++)  →  鼻淵丸(びえんがん)併用

鼻づまり(+++)  →  勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)併用

というように、多彩な症状に応用が可能となるのです。

ただし、これらの併用は専門的な知識を必要とするので、使用する場合は、我々専門家にご相談ください。

 

ということで、天津感冒片(てんしんかんぼうへん)の解説はこの辺で終えたいと思いますが、最後に強調しておきたいことは、感冒に限らず、すべての病気を治すものは自然治癒力や恒常性という人体がもつ自然の回復力なのです。

従って、この回復能を無視しての治療は、本来の治療とはいえないのです。

当店では、この自然回復能を低下させないよう、そして増強するよう、熟成ニンニク抽出液主剤のレオピン剤をおすすめしております。

 

それでは今回はこの辺で。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP