‘生活習慣病’ カテゴリーのアーカイブ

星火亀鹿仙せいかきろくせん

2015/01/17

 

昨年末にイスクラ産業株式会社から、新しい製品が発売されました。

星火亀鹿仙(せいかきろくせん)です。

とても良い製品なので、ここでご紹介させていただきたいと思います。

 

星火亀鹿仙せいかきろくせん

 

こんな症状ありませんか・・・?

1  疲れやすい、風邪をひきやすい

1  イライラしやすい、物忘れが多い

1  汗をかきやすい

1  睡眠トラブル(不眠、多夢、覚醒)がある

1  ほてる、のぼせる

1  血圧が高くなってきた

1  足腰が痛い

1  尿トラブル(頻尿、多尿、夜間尿)がある

1  乾燥感(お肌やのど、膣などの乾燥)がある

1  赤ちゃんを希望しているけど、卵子また精子の質が悪い

1  性欲が低下している

1  卵巣年齢が高いといわれたことがある

 

 

岡田厚生堂薬局  構成生薬

 

岡田厚生堂薬局  亀の甲羅

岡田厚生堂薬局  すっぽんの甲羅

亀の背中の甲羅を生薬名では「鼈甲(べっこう)」といい、おなかの甲羅を「亀板(きばん)」もしくは「亀甲(きっこう)」といいます。

鼈甲(べっこう)はスッポン科シナスッポンの背中の甲羅を用います。亀板(きばん)はイシガメ科クサガメのおなかの甲羅を用います。

鼈甲(べっこう)は『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』の中品、亀板(きばん)は上品として、それぞれ収載されています。

  性質 作用
鼈甲
(べっこう)
背中の甲羅
滋陰潜陽・抗炎症・軟堅散結 陰を養って体の上部へ昇った熱を冷ます、炎症を抑える、硬くなった組織を軟化させて散らす
亀板
(きばん)
お腹の甲羅
滋陰潜陽・養血補心・益腎健骨 陰を補って体の上部へ昇った熱を冷ます、血を養い精神安定へ導く、腎の働きを助けて骨を丈夫にする

 

岡田厚生堂薬局  鹿の角

シカ科満州アカジカ、または満州ジカの幼角です。

鹿の角は、明代の医師、龔廷賢(キョウエンケン)著『万病回春』には「気を益し、陰を滋し、排精・尿血・崩帯に任するに堪えたり」と記されており、中国では長寿不死の神薬といわれています。

滋養強壮としてご存知の方も多い鹿の角ですが、最近の日本では、がんの手術後や抗がん剤や放射線治療の副作用防止として見直されているとのことです。

中国では不妊や老化症状、つまりアンチエイジング生薬として非常にポピュラーです。

 

岡田厚生堂薬局  枸杞子(くこし)

中華料理でよく見かける赤いクコの実。
おかゆや杏仁豆腐の彩りや、炒めものやスープに添えられるように入っていますね。

枸杞(くこ)は、高さ2Mほどのナス科の落葉低木、挿し木をしてもすぐに根付くほどの強い生命力をもつ枸杞の実を、生薬名で枸杞子(くこし)といいます。

枸杞子(くこし)は必須アミノ酸・糖質・ミネラル・カロチノイド・クエン酸ベタイン・ビタミンB群・ビタミンC を含有しています。

枸杞子(くこし)には、補血(ほけつ:不足しがちな血を補う)作用、滋養強壮、疲労回復の作用があり、また『滋補肝腎・明目』といって、肝や腎の働きを助けてくれるので、肌や内臓を若々しくしてくれる、といわれています。

更年期障害や自律神経失調症、虚弱体質、眼精疲労などの目の疾患、糖尿病、肝硬変、慢性肝炎、高脂血症などによく用いられています。

 

岡田厚生堂薬局  山茱萸(サンシュユ)

山茱萸(さんしゅゆ)は、樹高およそ4メートルのミズキ科の落葉小高木で、3月~4月頃に黄金色の花を咲かせることから、春黄金花(ハルコガネバナ)とも呼ばれています。10月~11月に熟す果実(偽果)を生薬として用います。このピカピカの赤い実から、秋珊瑚(アキサンゴ)という別名もあります。

日本へ渡来したのは1722年、小石川薬園に7つの種が蒔かれ栽培されました。江戸時代には滋養強壮の薬として用いられていたようです。生薬としては、補益肝腎(肝と腎を養う)・収斂固渋(汗や尿、精、血の漏れを防ぐ)の作用があり、疲労回復から腰痛や膝痛、老化予防の目的で用いられています。

地黄と併せて肝腎の精を補ったり、牡丹皮と併せて肝の鬱熱を取り除いたり、その他、発育促進や不妊、更年期障害、加齢によるめまいやドライアイなどにまで、幅広く応用することができます。

 

岡田厚生堂薬局  西洋人参

薬用人参には、大きく西洋人参(せいようにんじん)、シベリア人参、田七人参(でんしちにんじん)、高麗人参(こうらいにんじん)の4種類があります。

北アメリカ州の東部に原産する西洋人参(せいようにんじん)は、ウコギ科アメリカニンジンの根を用い、アメリカ国旗に似ていることから花旗参(かきじん)とも呼ばれています。

1757年に編著された清時代の医学書『本草従新(呉儀洛編著)』にて、西洋人参(せいようにんじん)は「肺の機能を補い、降火(解熱・消炎)、津液(潤い)の生成、心煩および倦怠感除去に優れ、免疫力や生理機能が低下していて微熱のある者に適している」と記されています。

 

岡田厚生堂薬局  山査子(サンザシ)

山査子(さんざし)は、バラ科の落葉低木(オウミサンザシやサンザシ)で、秋に熟する果実を生薬として用います。

山査子には、免疫力UPや美肌作りのコラーゲンの生成を助けるビタミンCやビタミンB群が豊富に含まれており、胃液の分泌を促進して消化を助けるクロロゲン酸、カロテン、活性酸素の除去作用のあるフラボノイドなどがバランスよく含まれています。

消化を促進し、下痢を止める消食化積という作用があり、特に肉類や脂肪などの消化作用が優れています。もうひとつの作用としては活血化オ(かっけつかお:血液の流れをサラサラにする)があり、生理不順・生理痛・肝などの腫瘍・高血圧・狭心症・高脂血症などにも用いられています。

炒山査子は消食に、生山査子は活血に、特に優れています。

 

岡田厚生堂薬局  大棗(たいそう:ナツメ)

大棗(たいそう)はクロウメモドキ科の落葉小高木、ナツメの成熟果実を乾燥させたものです。

『棗多き古き家買ふて移りけり』とは万葉集の正岡子規の歌です。季語は秋、初夏になって新芽がでるので「ナツメ」という名前がつけられたといわれています。秋に赤い実が成熟し、甘酸っぱい味で親しまれています。

補中益気(ほちゅうえっき)、養血安神(ようけつあんじん)という特徴があります。

 

 

星火亀鹿仙(きろくせん)は、とろっとした液状タイプの漢方薬です。

また、個装になっていて、持ち運びにも便利!

疲れやすい、風邪をひきやすい、イライラしやすい、物忘れをする、汗をかきやすい、睡眠トラブルがある、ほてる、のぼせる、血圧が高くなってきた、足腰が痛い、尿トラブルがある、乾燥する、シミシワが気になる、抜け毛や白髪が気になる、アンチエイジングが気になる、といった方におすすめの漢方薬ですが、補腎薬であり、体質や症状に合う合わないがございますので、服用の際には、どうぞ岡田厚生堂薬局へお気軽にご相談くださいませ。

★あなたの体質に合った漢方薬、養生法をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

脳アンチエイジング術

2013/12/03

 

大人の脳の重さは、体重の2%ほど、1.4kgくらいです。
脳は、心身の働きのすべてをコントロールする司令塔で、部位によって異なる働きをしています。

よく「人の脳は全体の一割しか使われていない」といわれていますが、それは昔の考えで、現代では「脳の大部分を有効活用している」ことがわかっており、今使用されていない部分は、使用している部分が何らかの原因で破損、使用出来なくなった時に代替的または補助的に働く、ということがわかっています。

 

岡田厚生堂薬局☆脳アンチエイジング術

 海馬体
記憶の形成・蓄積、情動のコントロール

 言語野
言葉の理解・形成、意味のある文章の形成、文字を書くなど

 運動野
体の全ての部分とつながっていて、それぞれの運動を制御する

 体性感覚野
触覚(皮膚)からの痛み・手触り・温度などの情報を受け取り制御する

 視覚野
視覚の情報処理

 小脳
体のバランス調整、生活習慣など体で覚える分野の学習機能(非陳述型の学習)、大脳の記憶のバックアップなど

 

岡田厚生堂薬局  脳年齢チェック☆彡

若々しく、健康な状態を示す健康寿命、健康寿命で大切な要素のひとつが脳年齢。

脳年齢の検査には、短期記憶検査・遅延再認課題・項目再認課題・記憶リハーサル課題などがあります。

脳年齢検査のなかでも簡単な短期記憶検査をご用意いたしました。お時間のある方はお試しください♪

 

紙とペン、時計をご用意ください。
下記の言葉を30秒間、見て覚えてください。

 

みかん

うなぎ

ぶた

灯台

富士山

国語

チョコレート

どかん

モンシロチョウ

缶詰

ジャンパー

カレーライス

アンドロメダ

万年筆

サッカー

 

画面から目を離し、メモ帳に今覚えた単語を書き出してください。
時間は1分間です。
タイムアップ後、1分間で書き出せた単語の数をかぞえてください。

 

いかがでしたか?
あなたの脳年齢は・・・

岡田厚生堂薬局8個  ・・・30歳代

岡田厚生堂薬局7個  ・・・40歳代

岡田厚生堂薬局6個  ・・・50~60歳代

岡田厚生堂薬局5個  ・・・70歳代

岡田厚生堂薬局4個  ・・・80歳代

 

 

岡田厚生堂薬局  脳アンチエイジング術

岡田厚生堂薬局
日本の寿命が長いことは、世界で認知されてから久しいですが、出来れば、寝たきりや認知症にならずに、年齢相当、または年齢以上に若々しく健康でいたいですよね。

脳がいつまでも若々しく、元気でいるためのポイントをご紹介いたします☆

岡田厚生堂薬局  一日一万歩
体を動かして、気血の流れを良くしましょう。
スローウォーキングや、ヨガ、太極拳など、毎日、2日に1回など、無理なく続けられる運動で、脳アンチエイジング!!

岡田厚生堂薬局  友達や仲間、家族とおしゃべりをする
人の話を聞く、人に話をする、ことは脳の活性化につながります。
「へぇ~!そんなことが!」「初めて聞いたわ」など、人生いくつになっても新しい発見はあるものです。おしゃべりで脳アンチエイジング!!

岡田厚生堂薬局  よく笑う
笑う門には福来る、いつの時代も、笑うことは心身ともの健康につながります。
寄席や映画、漫才、子どもの何気ない動作など、あなたのお気に入りの笑顔になれる方法で、脳アンチエイジング!!

岡田厚生堂薬局  毎日、文字を書く
文字を書くことは物事の認知、記憶の保持力につながります。
文字を書く機会がないので漢字を忘れたわ、という方、多いのではないでしょうか。
本や新聞の記事を写すところから始めても良いでしょう。積極的に文字、文章を書くことで、脳アンチエイジング!!

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの食べものと漢方薬

岡田厚生堂薬局  おすすめの食べもの  岡田厚生堂薬局

脳のエネルギー源はブドウ糖で、ビタミンEとビタミンB1が脳に良いらしい、と言われていますが、一番大切なことは旬の食材を腹七分または腹八分でいただくことです。旬を意識して、下記の食材をご参考ください。
うなぎ、青魚、小魚、大豆、黒豆、くるみ、とうもろこし、山芋、パセリ、ほうれん草、小松菜、キャベツ、ピーマン、アスパラガス、しその葉、柿、いちご、みかんなど

 

岡田厚生堂薬局  代表的な漢方薬  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  くまやあざができやすい、固定痛があるオ血の方へは・・・
イスクラ冠元顆粒(かんげんかりゅう)、田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)など

岡田厚生堂薬局  口が渇く、皮膚が乾燥する腎陰虚の方へは・・・
イスクラ杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、イスクラ八仙丸(はっせんがん)など

岡田厚生堂薬局  手足の冷えがある腎陽虚の方へは・・・
イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)、金匱腎気丸(きんきじんきがん)など

岡田厚生堂薬局  めまい、貧血、顔色が白い血虚の方へは・・・
イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、イスクラ帰脾湯(きひとう)など

 

岡田厚生堂薬局☆脳アンチエイジング漢方薬

 

 

漢方薬は医薬品です。
貴方の体質や状態、状況に合わせて正しく選び、上手に活用するお手伝いをいたします☆

岡田厚生堂薬局 お気軽に岡田厚生堂薬局へご相談にいらしてください!! 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

【関連記事】岡田厚生堂薬局  オ血の話  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  夏の脳梗塞&心筋梗塞  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  田七人参のココがスゴイ!  岡田厚生堂薬局

 

15人に一人?乳がん

2013/10/10

 

国立がん研究センターがん対策情報センターの発表によると、現在日本女性の15人~18人に一人が乳がんになる傾向にあるといわれています。

 

岡田厚生堂薬局

 

乳がんで亡くなる方は増加傾向にありましたが、2012年にはじめて減りました。早期発見で治癒率の高いがんであること、2000年頃に日本でも認知されはじめたピンクリボン運動も功を奏し、国からの検診費助成も有効に活用されているのだと思います。

しかし、現代社会において、乳がんを発症する人自体が、年々増加傾向にあることは事実です。

なぜ、乳がんになりやすくなってしまったのでしょう。

 

岡田厚生堂薬局  乳がんになりやすい人はこんな人?

現在のところ、乳がんになる原因というのは特定されていませんが、一般に乳がん発症とエストロゲンは深く関与しているといわれています。
その理由のひとつに、日本の乳がんの約1/4がエストロゲン受容体に結合してがん細胞が増殖する『エストロゲン依存性乳がん』であることが挙げられます。

乳がんの発症リスクを高めるといわれていることは・・・

 

岡田厚生堂薬局  飲酒
お酒がどうして乳がん発症を誘発するのか、その仕組みはまだ解明されていませんが、アルコール摂取量が多ければ多いほど、乳がん発症リスクを高めることは間違いないといわれています。

一日の摂取量として、日本酒一合(180ml)または中ジョッキ1杯(500ml)のビール、もしくはグラス2杯(200ml)のワインならOK、という見解もありますが、これが安全な量だという根拠はありません。飲酒は控えめにしたほうが良さそうです。

 

岡田厚生堂薬局  不摂生な食生活
乳がんに限らず、がん発症要因として必ず挙げられるのが食生活です。

がん発症の方の多くが、添加物の多い加工食品や高脂肪の食生活であったことが明らかになっています。味の濃いもの、脂っこいもの、刺激の強いもの、添加物の多い調味料、外食、コンビニ食、冷凍食品などなど。

やはり病気にならない体作りには、酵素の多い自然の旬の食物をいただくことが良いようです。そして、だしを上手に活用し、自然の味を楽しみましょう。現代人はとかく食べ過ぎ・飲み過ぎ傾向にありますので、腹七分におさえることも大事なポイントです。

ところで「大豆製品をたくさん食べている人は乳がんになりやすい」という説についてですが、大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似た化学構造をしている為、フィト(植物)エストロゲンと呼ばれており、この為、大豆製品の摂取は乳がん発症要因になるといわれています。ただし一方、乳がんの治療薬であるタモキシフェン(ノルバデックス)とも似た構造をもつため、乳がん予防によい、ともいわれています。

食品の大豆製品を摂ることを避ける必要はありませんが、フィトエストロゲン活性だけを追求した健康食品などは避けたほうが良いとされています。

 

岡田厚生堂薬局  肥満に注意!!
肥満は、メタボリックドミノの最初のコマにもなっているとおり、高血圧・脂質異常症・脂肪肝・糖尿病などの生活習慣病の起因となります。

特に、女性は閉経後にホルモンバランスが崩れ、それまでとおりの生活をしているのに肥満になってしまった、といった方もいます。肥満は乳がん発症のリスクを高めるという調査結果も出ています。

食生活、過労、ストレス、運動不足など、肥満になる原因は人それぞれ違いますが、早めに肥満を改善しておきましょう。岡田厚生堂薬局では、あなたの証にあった肥満改善アドバイスを差し上げております。お気軽にご相談にいらしてください。

 

岡田厚生堂薬局  初潮と閉経と出産回数
現代の女性は栄養状態も良いので成長が早く、11歳で初潮という方も珍しくありません。また、女性の社会進出、晩婚化、少子化といったライフスタイルの変化により、昔に比べると初潮年齢が早く、閉経年齢が遅く、出産回数が少ない、ことが乳がんリスクを高める、と一般的にいわれています。

初潮年齢が早く、閉経が遅く、出産回数が少ない方ほど、乳がんになりやすいのではないか、とされていますが、その理由などは全く解明されていません。

中医学の文献には古くから乳岩(にゅうがん)の記載があります。
乳岩は中医学では、肝鬱気滞、脾虚痰湿、オ血、沖任失調などを考えて対応していきます。血の流れが滞っている方便秘などで排泄がうまくいっていない方ストレスや過労が蓄積していたり冷えがあったりして免疫機能が正常に働いていない方、などが乳がんになりやすい人、といえます。

 

 

 

岡田厚生堂薬局  乳がん治療は早期発見がカギ!

岡田厚生堂薬局

原因が特定されていない乳がんは、発症率は高いものの、早期発見で治る見込みの高いがんでもあります。

セルフチェックと乳がん検診で早期発見に努めていただきたいと思います。

セルフチェックは、毎月同じ日に定期的に行うようにしましょう。乳がん検診は国などの補助もあります。

岡田厚生堂薬局  乳房の形をチェック
鏡の前に立ち、左右の乳房の大きさや形に変化がないかチェックします。
へこんでいるところがないか、ひきつっているところがないか、両腕のチカラを抜いてだらんとした状態と、両腕をまっすぐ上にあげた状態でチェックしましょう。

岡田厚生堂薬局  しこりをチェック
横に寝た状態で、左腕をチカラを抜いて横につけ、右手の指をまっすぎ揃えて、左の乳房の外側から内側へ向かって、ゆっくり指を滑らせて、しこりがないかどうかをチェックしましょう。
次に逆に、右手のチカラを抜き横につけ、左手で右の乳房を外側から内側へ向かって調べます。

終わったら、今度は左ワキの下のリンパ節にしこり、グリグリとしたものがないかどうか、右ワキの下のリンパ節も同様にチェックしましょう。

岡田厚生堂薬局  乳首をチェック
乳首にひきつれやただれがないか、乳頭がへこんでいないかどうか、乳首を軽くつまんでしぼり、血液の混じった分泌液がでないかどうかをチェックしましょう。

 

乳がんのしこりは
かたい
でこぼこしている
さかいめがハッキリしていない
整った形ではない
といった特徴があります。

また、非浸潤がんのようにしこりがない乳がんもあります。

他には、痛みや乳房のへこみ、ひきつり、血液の混じった分泌液、乳頭のへこみやただれ、といった症状がありますが、必ずしも何かしらの症状が表れるわけではありません。

セルフチェックで「あれ?」と感じた方、心配な方は、早めに乳がん検診を受けたほうが良いでしょう。そして乳がんと向き合う際には、中医学という方法もあることを覚えておいて頂きたいと思います。

 

 

岡田厚生堂薬局  乳がんにならないためには・・・

まずは食事です。

出来れば思春期に入る子どもの頃から、動物性たんぱく質、高脂肪、高カロリーは控えめに、加工食品や食品添加物の摂りすぎにも注意をしてあげましょう。

もちろん、成人してからも、40歳になってからでも遅すぎるということはありません。野菜・根菜・魚中心の和食献立を積極的に取り入れ、肥満にならないようにしましょう。(※肥満の方は肥満解消をしましょう)

次に運動です。
体を適度に動かして、気血を巡らせておきましょう。体を動かすと、血液循環も良くなり、気も発散されるので、鬱滞したストレス解消にもなります。ヨガやストレッチ、太極拳といった有酸素運動がおすすめです。

3つ目が、飲酒を控えめにすることです。
飲む時はコップ1杯、多くても週に三日、しかし、なるべく飲まないほうが良いでしょう。

がん発症全般にいえることですが、がん発症の多くは良くない生活習慣の積み重ねがそもそもの原因です。

生活習慣を改めることが、乳がん予防、また乳がん切除手術後の再発予防にもつながります。

「食生活を改める」「適度な運動をする」「飲酒を控える」
これらを実現して、結果、生理を整え便秘をなくし過労・ストレスの蓄積を避けることが重要です。

過不足がある場合は、漢方薬を上手に活用し、健康バランスを整えておきましょう。

また、過労やストレスも免疫力を低下させますが、冷え性も免疫力を低下させるので、冷えない体作りもしておきましょう。

 

岡田厚生堂薬局  中医学にできること

乳がんの予防には、エストロゲン作用のない桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)と当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が有名です。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は血流を良くし、ダメージを受けた細胞の修復を促す目的で、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は冷えやむくみ、貧血の改善にそれぞれ用いられています。

しかし、もし便秘があれば桃核承気湯や潤腸湯といった漢方薬が適応ですし、血虚で冷えている場合は十全大補湯などの漢方薬が適応、ストレスをうまく発散できない方へは滞った気の流れを改善する逍遙丸などの漢方薬が適応、むくみが強い場合は五苓散が適応、ということになります。また、霊芝(れいし)も優秀な生薬です。

乳がんの治療は、医師や周りの方とよく相談し、不安や痛みの改善、副作用の軽減、QOL(quality of life:生活の質)の向上、完全治癒など、患者さんひとりひとりの状況や状態に合った対応が求められています。漢方薬や鍼灸といった中医学は、現代医学との併用が可能です。実際に漢方薬を服用の際は、ひとりひとりに合うものが違いますので、必ず漢方の専門スタッフにご相談ください。

※一般に、フィト(植物)エストロゲンの、マメ科の葛根(かっこん)、高麗人参(こうらいにんじん:ジンセノサイド類)、マメ科の甘草(かんぞう)は、乳がんには使用しないほうが良いとされていますが、乳がんの発症予防・再発防止に使うところもあります。

 

※漢方薬は医薬品です。
自分に合っていないものを服用しても効果がでないばかりか、症状を悪化させることもあります。服用の際は、必ず、漢方の専門スタッフにご相談ください。

 

岡田厚生堂薬局 病気にならない体作りは、岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください! 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

【関連記事】岡田厚生堂薬局  中医ダイエット  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  スムーズな排泄で健康な毎日を  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  オ血の話  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  Tag がん  岡田厚生堂薬局

 

中医ダイエット

2013/09/03

 

岡田厚生堂薬局このページをご覧になっている方は
「やせたい」
「キレイになりたい」
という方だけではなく、きっと
「病気になりたくない」または
「病気を治したい」
という方もいらっしゃると思います。

肥満は、容姿の問題だけでなく、生活習慣病と呼ばれる、あらゆる病気を引き起こす可能性を高めます。

中医ダイエットは、トータルバランスの整った健康で美しい体、病気になりにくい体を作る方法です。

岡田厚生堂薬局  健康的に痩せたい!!
岡田厚生堂薬局  お肌がガサガサにならないダイエット!!
岡田厚生堂薬局  メタボリック防止に痩せたい!!
岡田厚生堂薬局  病気予防に痩せたい!!
岡田厚生堂薬局  ひざや腰の負担軽減のために痩せたい!!

という方にオススメの方法です。

トータルバランスを整えるので、
「痩せた!!と喜んでいたら、いつのまにか頭痛や冷え症もなくなっていた!!」
「体脂肪が減りましたよ!がんばりましたね!とお医者さんに言われて、そういえば夜間の息苦しさや寝汗、のぼせもなくなったなー」

というように、「ダイエットに成功したな~」と思った時には、他の不快な症状も同時に解決している、ということが中医ダイエットの特徴でもあります。

岡田厚生堂薬局

 

「そんなに食べていないのに太る」「年をとったせいか太りやすくなった」とあきらめる前に、本気でダイエットされたい方は、まず上の図を参考に、自分の肥満度をチェックしてみましょう。

〔指標1〕
岡田厚生堂薬局  BMI計算式
(体重kg)÷(身長m×身長m)

〔指標2〕
岡田厚生堂薬局  肥満度のだしかた
(体重kg -標準体重kg)÷(標準体重)×100

 

BMI 肥満度 判定
19.8未満 -10%未満 やせている
19.8~24.1 -10%~10%未満 標準
24.2~25未満 10%~19% 太り気味
25以上 20%以上 肥満

 

自分の肥満の位置づけがわかったら、次に、自分の体質と太る原因をしっかり把握し、自分の体質にあったダイエットをすることが、ダイエット成功の近道です。

 

 

岡田厚生堂薬局  実証か?虚証か?

実証タイプ 虚証タイプ
 固太り  水太り
 食欲旺盛  疲れやすい
 のぼせ、ほてり  冷え性
 活動的  動く事が苦手
 口、のどが渇く  むくみやすい
 便秘しやすい  胃腸が弱い
 血圧が高め  息切れ、動悸

実証タイプ
実証タイプの方は、がっちりとした固太りの方で、カロリーが高い食事や、こってりとした濃厚な味を好む傾向にあります。

実証タイプの方はまず、食事内容を書き出すと良いでしょう。摂取カロリーが消費カロリーを上回っているだけでなく、脂っこい食事や外食、コンビニ食、冷凍食品など、既成のものが多くありませんか?低カロリーで体のなかをキレイにするこんにゃくやいも類、わかめ、昆布などを多く摂るようにし、一日の摂取カロリーを抑えましょう。

また。味つけには味噌やレモン、少しの塩を使いましょう。熱を排出するバナナ、梨、メロン、スイカも良いです。

もともと活動的なので、しっかりと運動をしてエネルギーを発散させましょう。

漢方薬では、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)が主に使われますが、のぼせやイライラがある場合は瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかしゅう)がオススメです。また、血液の流れをサラサラにする冠元顆粒(かんげんかりゅう)も良いでしょう。

 

虚証タイプ
虚証タイプの方は、ぶよぶよとした水太りの方。
何らかの原因で、脾胃や腎の働きが低下し、水分代謝が悪くなり、体のなかに余分な水分や脂肪を溜めこんでしまっている状態です。

まずは弱った脾胃の機能を正常にすることが優先です。

冷たいものや生ものの飲食を避け、水はけの良い冬瓜、苦瓜、きゅうり、ナス、大根などを温かいスープにして積極的に摂りましょう。なつめ、パイナップル、さくらんぼ、桃、ブドウなども良いです。

体力がないので、過度な運動はせず、気血を巡らせる有酸素運動をしましょう。有酸素運動には、ヨガや太極拳、ストレッチなどがあります。

漢方薬では、イスクラ健胃顆粒(けんいかりゅう)や、余分な水分を代謝するイスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)がオススメです。

 

岡田厚生堂薬局  イライラ、ストレスには逍遙丸!

摂取カロリーが消費カロリーを上回っている方は、ダイエット中は大好きな食べ物を我慢したり、食べたいだけ食べられなかったりする時期もあります。

また、ストレスによって代謝が落ち、身体全体のバランスを崩して太ってしまう、という方もいます。

でも大丈夫!
イライラ・ストレスに効く漢方薬もあるのです。

代表的な漢方薬はイスクラ逍遙丸(しょうようがん)やイスクラ開気丸(かいきがん)、また、ティータイムにオススメなのが晶三仙(しょうさんせん)や三爽茶(さんそうちゃ)、菊花茶(きっかちゃ)、シベリア人参茶といったオリエンタルハーブです。

食べ物では、春菊や紫蘇などの香りのよい葉野菜、みかんやグレープフルーツといった柑橘類の果物で、イライラ・ストレスをすーっと解消しましょう!

 

※漢方薬は医薬品です。
自分に合っていないものを服用しても効果がでないばかりか、症状を悪化させることもあります。
服用の際は、必ず、漢方の専門スタッフにご相談ください。

 

岡田厚生堂薬局 ダイエットも、病気にならない体作りも、岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください! 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

【関連記事】岡田厚生堂薬局  酵素ダイエット?!  岡田厚生堂薬局

 

酵素ダイエット?!

2013/08/01

 

最近、話題の酵素ダイエット。
『あなたの体には酵素が足りないから、酵素を補って短期間で痩せましょう!』というものです。そもそも酵素(こうそ)とは何でしょう・・・?

 

岡田厚生堂薬局  酵素とは・・・?

酵素(こうそ)は単一を指すものではなく、体内で生成されるたんぱく質を基とし、体に色々な化学反応を起こさせるものです。

例えば、消化・吸収・代謝・輸送・排泄といった働きに関与しています。

酵素いろいろ
唾液にはアミラーゼという酵素が存在し、胃液にはたんぱく質分解酵素のペプシンや脂肪分解酵素のリパーゼが存在し、すい臓にはアミラーゼ、トリプシン、キモトリプシン、エラスターゼ、カルボキシペプチダーゼA、カルボキシペプチダーゼB、リパーゼ、ホスホリパーゼなどの消化酵素が、腸液にはアミノペプチダーゼN、サッカラーゼ、マルターゼ、ラクターゼといった消化酵素が存在しています。

食べ物を、消化し → 吸収し → エネルギーに変える、といった一連の流れに酵素は関与していて、体内では実に3000種類以上の酵素が常時働いています。

生命維持に必要不可欠なもの、といわれる酵素ですが、人は古くから酵素の多く含まれる発酵食品を活用してきました。

納豆、味噌、醤油、酒の発酵には麹や麦芽を、また食肉をやわらかくする為にパパインという酵素を使ったり、チーズの発酵にはレンネットという混合酵素(主な酵素はキモシン)を使ったりしてきました。

 

岡田厚生堂薬局  酵素をたくさん摂れば痩せる?!

酵素で痩せようと思うと、つい、酵素をたくさん摂れば良いのか?と思ってしまいがちです。

しかし、待ってください。
ビールやお酒をたくさん飲んでいる人は痩せていますか?
納豆や甘酒、チーズをたくさん食べるとどうなりますか?

酵素で痩せる?酵素には先に挙げたように、実にたくさんの種類があり、また、基質特異性(作用する物質を選定する)や反応特異性(それぞれが特定の場所にのみ反応する)といった特性を持っています。

3000種類以上ある酵素それぞれが、ひとつずつの仕事しかできません。

酵素は体に良いものですし、酵素の摂りすぎによる被害は今のところあまり聞きません。

しかし、酵素を摂る場合サプリメントに頼らず食事の中で摂るのが良いともいわれており、何よりサプリメントで偏った補いをすることでトータルバランスを崩してしまうと、健康にも良くありません。

タンパク質分解酵素のパパインを多く含む青パパイヤやパイナップル、脂肪分解酵素のリパーゼを多く含むアシタバやセロリ、グレープフルーツ、イチジクなどは、普通に食べるぶんにはオススメですが、一過的に多食しても痩せるものではありません。悪くすると内臓を傷つけることにもなります。

何事もほどほどに・・・
が、やはり肝心だということです。

 

岡田厚生堂薬局  酵素を含む食べもの

酵素は生命体のほとんどに含まれています。

但し、熱やPH、塩濃度、化学薬品、毒、抗生物質などによって失活するものが多く、30℃~60℃でよく活性化し、PH5~9くらいまでが活動できる範囲です。

野菜や果物を常温で摂ったり、納豆や甘酒といった発酵食品を一日一食~二食ほど摂ると良いでしょう。

 

岡田厚生堂薬局  甘酒の作りかた

岡田厚生堂薬局  米麹 1  :  炊いたお米 1  :  お湯0.5~1  の割合でよく混ぜあわせる。
※お米とお湯の温度は60℃以下までに冷ます

岡田厚生堂薬局  【1】を電子ジャーに入れて保温スイッチを押し、6時間~8時間で出来上がり。(※電子ジャーの蓋に箸などをはさみ、すきまを空けて、60℃以上加熱しないようにする

食は医なり。甘くて美味しい甘酒を家族みんなの健康に!!
米麹はスーパーやお米屋さん、お味噌やさんなどで売っています。今は麹ブームなので、入手しやすいでしょう。

 

岡田厚生堂薬局  中医ダイエットのススメ  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局中医ダイエットはトータルバランスの整った健康な体、病気になりにくい体を作る方法です。

岡田厚生堂薬局  健康的に痩せたい!!
岡田厚生堂薬局  お肌がガサガサにならないダイエット!!
岡田厚生堂薬局  メタボリック防止に痩せたい!!
岡田厚生堂薬局  病気予防に痩せたい!!
岡田厚生堂薬局  ひざや腰の負担軽減のために痩せたい!!

という方にオススメの方法です。
中医ダイエットについて詳しくは次月ご案内します。お楽しみに 岡田厚生堂薬局

 

 

 

岡田厚生堂薬局 ダイエットも、病気にならない体作りも、岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください! 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP