‘季節の漢方’ カテゴリーのアーカイブ

酵素ダイエット?!

2013/08/01

 

最近、話題の酵素ダイエット。
『あなたの体には酵素が足りないから、酵素を補って短期間で痩せましょう!』というものです。そもそも酵素(こうそ)とは何でしょう・・・?

 

岡田厚生堂薬局  酵素とは・・・?

酵素(こうそ)は単一を指すものではなく、体内で生成されるたんぱく質を基とし、体に色々な化学反応を起こさせるものです。

例えば、消化・吸収・代謝・輸送・排泄といった働きに関与しています。

酵素いろいろ
唾液にはアミラーゼという酵素が存在し、胃液にはたんぱく質分解酵素のペプシンや脂肪分解酵素のリパーゼが存在し、すい臓にはアミラーゼ、トリプシン、キモトリプシン、エラスターゼ、カルボキシペプチダーゼA、カルボキシペプチダーゼB、リパーゼ、ホスホリパーゼなどの消化酵素が、腸液にはアミノペプチダーゼN、サッカラーゼ、マルターゼ、ラクターゼといった消化酵素が存在しています。

食べ物を、消化し → 吸収し → エネルギーに変える、といった一連の流れに酵素は関与していて、体内では実に3000種類以上の酵素が常時働いています。

生命維持に必要不可欠なもの、といわれる酵素ですが、人は古くから酵素の多く含まれる発酵食品を活用してきました。

納豆、味噌、醤油、酒の発酵には麹や麦芽を、また食肉をやわらかくする為にパパインという酵素を使ったり、チーズの発酵にはレンネットという混合酵素(主な酵素はキモシン)を使ったりしてきました。

 

岡田厚生堂薬局  酵素をたくさん摂れば痩せる?!

酵素で痩せようと思うと、つい、酵素をたくさん摂れば良いのか?と思ってしまいがちです。

しかし、待ってください。
ビールやお酒をたくさん飲んでいる人は痩せていますか?
納豆や甘酒、チーズをたくさん食べるとどうなりますか?

酵素で痩せる?酵素には先に挙げたように、実にたくさんの種類があり、また、基質特異性(作用する物質を選定する)や反応特異性(それぞれが特定の場所にのみ反応する)といった特性を持っています。

3000種類以上ある酵素それぞれが、ひとつずつの仕事しかできません。

酵素は体に良いものですし、酵素の摂りすぎによる被害は今のところあまり聞きません。

しかし、酵素を摂る場合サプリメントに頼らず食事の中で摂るのが良いともいわれており、何よりサプリメントで偏った補いをすることでトータルバランスを崩してしまうと、健康にも良くありません。

タンパク質分解酵素のパパインを多く含む青パパイヤやパイナップル、脂肪分解酵素のリパーゼを多く含むアシタバやセロリ、グレープフルーツ、イチジクなどは、普通に食べるぶんにはオススメですが、一過的に多食しても痩せるものではありません。悪くすると内臓を傷つけることにもなります。

何事もほどほどに・・・
が、やはり肝心だということです。

 

岡田厚生堂薬局  酵素を含む食べもの

酵素は生命体のほとんどに含まれています。

但し、熱やPH、塩濃度、化学薬品、毒、抗生物質などによって失活するものが多く、30℃~60℃でよく活性化し、PH5~9くらいまでが活動できる範囲です。

野菜や果物を常温で摂ったり、納豆や甘酒といった発酵食品を一日一食~二食ほど摂ると良いでしょう。

 

岡田厚生堂薬局  甘酒の作りかた

岡田厚生堂薬局  米麹 1  :  炊いたお米 1  :  お湯0.5~1  の割合でよく混ぜあわせる。
※お米とお湯の温度は60℃以下までに冷ます

岡田厚生堂薬局  【1】を電子ジャーに入れて保温スイッチを押し、6時間~8時間で出来上がり。(※電子ジャーの蓋に箸などをはさみ、すきまを空けて、60℃以上加熱しないようにする

食は医なり。甘くて美味しい甘酒を家族みんなの健康に!!
米麹はスーパーやお米屋さん、お味噌やさんなどで売っています。今は麹ブームなので、入手しやすいでしょう。

 

岡田厚生堂薬局  中医ダイエットのススメ  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局中医ダイエットはトータルバランスの整った健康な体、病気になりにくい体を作る方法です。

岡田厚生堂薬局  健康的に痩せたい!!
岡田厚生堂薬局  お肌がガサガサにならないダイエット!!
岡田厚生堂薬局  メタボリック防止に痩せたい!!
岡田厚生堂薬局  病気予防に痩せたい!!
岡田厚生堂薬局  ひざや腰の負担軽減のために痩せたい!!

という方にオススメの方法です。
中医ダイエットについて詳しくは次月ご案内します。お楽しみに 岡田厚生堂薬局

 

 

 

岡田厚生堂薬局 ダイエットも、病気にならない体作りも、岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください! 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

暑さに負けない身体作り

2013/06/14

 

毎年、だんだんつらく感じる夏の暑さ・・・
日の最高気温が25℃に達すれば夏日、30℃に達すれば真夏日、更に35℃に達すると猛暑日と報道されます。今年は6月から夏日、真夏日を記録しています。9月の残暑が終わるまで、熱中症にならないように、暑さに負けない身体作り、今から始めてみませんか?

 

岡田厚生堂薬局  目指せ2週間後!!暑さに負けない身体になる!!

暑さに負けない身体作り
人間は発汗によって体温調節を行いますが、主に熱くなった身体を冷却するために発汗します。

汗をかいて体温を調節したり、血液量を増加させたり、心拍数を減少させたりして、暑さに適応できるようになること(環境適応力)を暑熱順化といいますが、この暑さに対応する暑熱順化は、気候の変化より少し遅めに起こります。

気温がじわじわとステップアップして上がってくれれば良いのですが、日本の梅雨から夏にかけては、気温差が激しい日が続きます。

そこで、日ごろから汗をかける身体にしておくことが大切です。
汗をかく、という習慣を身につけていれば、夏の暑さに負けない身体になり、夏バテや熱中症にもかかりにくくなるというわけです。

暑熱順化は日常的な運動によっても得ることができます。運動の種類や時間などによって異なりますが、おおよそ2週間程度で完成するといわれています。2週間後を目指して、暑さに負けない身体を作っていきましょう!

岡田厚生堂薬局  早足でのウォーキングなど、汗ばむ運動を一日30分、週5日行う!

高齢の方は・・・

岡田厚生堂薬局  早歩き3分+休み3分、これを一日5回、週5日行う!

また、汗は血液中の水分と塩分から作られます。
血液の質を上げて、血量を増やし、血管を丈夫にしておくことが大切です。

 

岡田厚生堂薬局  血液の質を上げて、血量を増やし、血管を強くしよう!

血液の流れが滞っている状態を、中医学では?血(おけつ)といいます。
汗をかくことで、血液中の水分量が減り、濃くなって流れが悪くなりドロドロになると、血栓ができやすくなったり、血管がつまりやすくなったりします。

こうした?血(おけつ)の状態を改善することを、活血化?(かっけつかお)といい、主に丹参(たんじん)という生薬が用いられます。丹参(たんじん)は、血液の流れを改善するだけでなく、血管をやわらかく丈夫にしてくれ、血圧を調整してくれる生薬です。

また、質の良い血液を増やすことを中医学では養血(ようけつ)といい、代表的な生薬が当帰(とうき)です。

良い血を養い、血液をスムーズに流し、血管を丈夫にして、夏のリスクを軽減しましょう!

暑さに負けない身体作り

 

岡田厚生堂薬局  心・腎の機能をチェック!!

肥満の方、高齢の方や小児だけでなく、心肺機能や腎機能が低下している方や、自律神経が不安定な方が熱中症にかかりやすいといわれています。

心や腎の機能、自律神経の乱れの不安のある方は一度ご相談にいらしてください。適切なケアをして、ウィークポイントを解決しておくことも、夏を元気に過ごすポイントです 岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局  夏バテ&熱中症の予防ポイント

岡田厚生堂薬局  汗をよく吸う、ゆったりめの衣服で過ごそう!

岡田厚生堂薬局  日傘・帽子・UVカット素材を活用し、直射日光を避けよう!

岡田厚生堂薬局  夏野菜や旬の果物で上手に水分補給をしよう!

岡田厚生堂薬局  外と室内の気温差に注意しよう!
(※無理なく適応できる温度差は7℃、外気と室内の温度差を7℃以内に抑えられるようにしよう!)

岡田厚生堂薬局  エアコンの多用を避け、適度に汗をかこう!

岡田厚生堂薬局  お酒をたくさん飲んだ翌日や下痢の時、あまり飲食していない時は特に注意しよう!
(※脱水状態になっている可能性が高いので、しっかり休んでから活動しよう!)

 

準備万端!!元気で楽しい夏を迎えましょう 岡田厚生堂薬局

 

※ひとりひとりの体質や症状によって、おすすめの漢方薬が異なります。
貴方に一番ベストな漢方薬をチョイスする為にも、服用の際は岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

リウマチ・神経痛

2013/05/05

 

リウマチとは、関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛むものです。この症状が長く続くと関節の変形・破壊が進み、最終的には身体障害にまで進行します。

発症から2年で急加速で進行するパターンが多いことが最近わかったそうです。日本での患者数は100万人とも言われています。

神経痛とは、鋭く激しい痛みが特定の末梢神経の経路に沿って起こる症状です。数秒から数分の痛みが繰り返し起こります。関節の変形はありません。

痛む部位を支配する神経によって、舌咽神経痛・肋間神経痛・肋骨下神経痛・上腕神経痛・腕神経叢神経痛・坐骨神経痛・大腿神経痛・外側大腿皮神経痛・頭部神経痛・後頭神経痛・三叉神経痛(顔面神経痛)・眼窩神経痛・帯状疱疹後神経痛と、実に多くの種類があります。

岡田厚生堂薬局
リウマチ・神経痛いずれも現代医学では原因不明もしくは複数の原因が推測されるといわれ、治りにくく、手術を施す場合もあります。

中医学ではリウマチ・神経痛はしびれ・麻痺(まひ)・疼痛(とうつう)・関節腫大(かんせつしゅだい)をともなう疾患として、痺症(ひしょう)と呼ばれます。

痺症(ひしょう)の原因は、風邪(ふうじゃ)湿邪(しつじゃ)寒邪(かんじゃ)という3つの邪によるもので、いずれかひとつ、または複数の邪によって気血(きけつ)の流れを阻害され、血液循環の低下や新陳代謝の低下が生じ、痛みやしびれを招くと考えます。

 

岡田厚生堂薬局  風邪・湿邪・寒邪

3つの邪、それぞれの特徴にあった対策を講じます。

ふうじゃ
風邪
しつじゃ
湿邪
かんじゃ
寒邪
同じ場所に繰り返し起こる激痛。風にあたった時にひどくなる顔面神経痛や肘痛など。 梅雨時や長雨時など雨が降ると悪化する痛み。だるさを伴う。しびれがある。 刺すような痛み。体調の悪い時や風の強い日や冬場に悪化し、温めると緩和する。
漢方薬では?
葛根湯、麻黄湯、至宝三鞭丸など イーパオ、防已黄耆湯、勝湿顆粒など 散痛楽々丸、桂枝加朮附湯など
食養生
生姜、ねぎ、大根、梨、くず、黒豆など スズキ、ハトムギ、冬瓜、セリ、レタス、小豆、黒豆など 羊肉、すっぽん、きくらげ、ニンニク、胡桃、松の実、陳皮、黒豆など

 

岡田厚生堂薬局  リウマチ・関節痛の方へ

日常生活のちょっとしたことに気をつけましょう。

岡田厚生堂薬局  「砂糖」「生野菜」「清涼飲料水」は控える。

岡田厚生堂薬局  長時間のお風呂は避け、風にあたらぬよう、体温を維持する。

岡田厚生堂薬局  少し固めの布団が良い。お尻が沈みこむような寝具は避ける。

岡田厚生堂薬局  起きる時はまず横になり、次にひじの助けで体を起こす。

岡田厚生堂薬局  机を拭く時、作業をする時など、片手だけに重心をおいて行わない。必ずもう一方の手を支えにして行う。

岡田厚生堂薬局  ビンのフタをひねる時は、手首を親指方向に回すようにする。

岡田厚生堂薬局  荷物はショッピングカートなどを使う。両手を交互に使う。

岡田厚生堂薬局  室内履きは、スリッパではなく、かかとがついたものを使う。

 

岡田厚生堂薬局  こんな歩き方が良いです。ご参考までに☆

岡田厚生堂薬局

 

※ひとりひとりの体質や症状によって、おすすめの漢方薬が異なります。
貴方に一番ベストな漢方薬をチョイスする為にも、服用の際は岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

春のプチ不調に食養生

2013/04/01

 

イライラストレス胃腸不調お肌(アンチエイジング)が気になる・・・春に多いプチ不調に合った食養生のオススメレシピをご紹介いたします。

 

春の食養生 イライラする方は  岡田厚生堂薬局  セロリとじゃこ炒め  岡田厚生堂薬局

【材料】2名分
岡田厚生堂薬局 セロリ・・・2本
岡田厚生堂薬局 黒きくらげ(乾燥)・・・3g
岡田厚生堂薬局 ちりめんじゃこ・・・大さじ5
岡田厚生堂薬局 ごま油・・・適量
岡田厚生堂薬局 しょうゆ・・・適量

【作り方】
岡田厚生堂薬局  黒きくらげをたっぷりの水で戻し、一口大に切る、セロリは葉を細かく刻み、茎はななめに薄切りにして、黒きくらげと一緒にキッチンペーパーなどで水気をふきとっておく。
岡田厚生堂薬局  フライパンにごま油を熱し、黒きくらげ・ちりめんじゃこ・セロリの順番で軽く炒め、しょうゆで味付けしたらできあがり  岡田厚生堂薬局

イライラしてどうしようもない方は、気持ちを鎮めるセロリ、トマト、小松菜、金針菜、黒きくらげ、チーズ、ちりめんじゃこ、小魚などがおすすめです。

 

春の食養生 ストレスが解消できない方は  岡田厚生堂薬局  大根カレー  岡田厚生堂薬局

【材料】2名分
岡田厚生堂薬局 大根・・・1/2本
岡田厚生堂薬局 くこの実(乾燥)・・・大さじ2
岡田厚生堂薬局 ほうれん草・・・1把
岡田厚生堂薬局 たまねぎ・・・中1個
岡田厚生堂薬局 カレールー・・・適量
岡田厚生堂薬局 しょうゆ・・・適量(かくし味)

【作り方】
岡田厚生堂薬局  ほうれん草は軽くゆでてから一口大に切っておく、玉ねぎはみじん切りにし、あめ色に炒める。
岡田厚生堂薬局  大きめの鍋に水を入れ、一口大のさいころ形に切った大根と、乾燥くこの実を加え、沸騰したらあくをとる。
岡田厚生堂薬局  【1】に、炒めたたまねぎを加え、大根がすきとおったら、火を止めてカレールーを加える。
岡田厚生堂薬局  食べる直前にゆでておいたほうれん草を加え、しょうゆで味を整えたらできあがり  岡田厚生堂薬局

おすすめのお茶は、ジャスミンティー・ミントティー・菊花茶です☆

ストレスで低下した肝の機能を養うクコの実、なつめ、黒ごま、ほうれん草、セロリ、春菊、ネギ、大根、パセリなどがおすすめです。香りの良いお茶で気を発散させ、ストレス解消しましょう。

 

春の食養生 胃腸不調でお悩みの方は  岡田厚生堂薬局  かぼちゃポタージュ  岡田厚生堂薬局

【材料】2名分
岡田厚生堂薬局 かぼちゃ・・・1/4本
岡田厚生堂薬局 にんじん・・・1/2本
岡田厚生堂薬局 牛乳・・・200cc
岡田厚生堂薬局 水・・・300cc
岡田厚生堂薬局 コンソメ・・・小さじ1
岡田厚生堂薬局 塩・・・適量

【作り方】
岡田厚生堂薬局  にんじんはすりおろし、かぼちゃは種とワタを取って3cm角に切る。
岡田厚生堂薬局  鍋に水300ccを入れ、コンソメを入れ、かぼちゃを煮る。(あくが出たら丁寧にとる)
岡田厚生堂薬局  かぼちゃが柔らかくなったら弱火にして、鍋の中ですりこぎでかぼちゃをつぶす。つぶしおわったらすりおろしたにんじんを加える。
岡田厚生堂薬局  牛乳を加えて塩で味を調えたらできあがり  岡田厚生堂薬局

胃がもたれやすい・ゲップ・胃がムカムカするといった方は、かぼちゃ、にんじん、山芋、れんこん、はとむぎ、なつめ、朝鮮人参、豆腐、牛乳、などがおすすめです。胃のちからをUPしましょう。

 

春の食養生 お肌(アンチエイジング)が気になる方は  岡田厚生堂薬局  黒豆と山芋のおかゆ  岡田厚生堂薬局

【材料】2名分
岡田厚生堂薬局 黒豆(煮)・・・大さじ2
岡田厚生堂薬局 山芋・・・1/2本
岡田厚生堂薬局 くこの実(乾燥)・・・大さじ1
岡田厚生堂薬局 米・・・1カップ
岡田厚生堂薬局 だしの素・・・適量
岡田厚生堂薬局 塩・・・適量

【作り方】
岡田厚生堂薬局  米1カップは軽く水洗いしたあと、10カップの水に30分ほどひたしておく。
岡田厚生堂薬局  山芋は皮をむき、一口大のサイコロ形に切る。
岡田厚生堂薬局  【1】を鍋にうつし、だしの素とクコの実、山芋を加え、火にかけ弱火で煮る。
岡田厚生堂薬局  山芋に火が通ったら黒豆を加え、更に5分ほどことこと煮て、塩で味を調えたらできあがり  岡田厚生堂薬局

老化と関連の深い腎の機能を補う食べものは、黒米、黒ごま、黒豆、山芋、くるみなどです。美容に大切な血を補ってくれるクコの実やナツメも積極的に取りたいですね。

 

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの漢方薬  岡田厚生堂薬局

イライラストレスには、イスクラ逍遙丸(しょうようがん)やイスクラ開気丸(かいきがん)、イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、イスクラ帰脾湯エキス顆粒KM(きひとうえきすかりゅう)など。
胃腸不調には、イスクラ健脾散エキス細粒(けんぴさんえきすさいりゅう)など。
お肌(アンチエイジング)が気になる方へは、イスクラ参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、イスクラ双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)、イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)などがオススメです。

春のプチ不調に食養生

 

※ひとりひとりの体質や症状によって、おすすめの漢方薬が異なります。
貴方に一番ベストな漢方薬をチョイスする為にも、服用の際は岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!

 

春のプチ不調に食養生

新学期・新生活を迎える春は、気持ちが不安定になりやすい季節です。
イライラや不安におすすめの漢方薬もございます。

ひとりで悩まず、どなたさまもお気軽にご相談にいらしてください  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

寒暖差アレルギーとは?

2013/03/03

 

冬の終わりから春にかけては、三寒四温、昨日は8℃だったけど今日は18℃といった、寒暖の差が激しくなる季節です。

この寒暖の差に反応して、体調不良を訴える方が最近増えています。

寒暖差アレルギーと呼ばれています。

 

岡田厚生堂薬局  寒暖差アレルギーの特徴は・・・

岡田厚生堂薬局  鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、食欲不振、不眠、イライラする、疲れやすい、といった症状がでる。

寒暖差アレルギー 風邪っぽい症状なのに、熱がでない。

寒暖差アレルギー 目の炎症、充血がない。

寒暖差アレルギー 鼻水の色が無色透明。

寒暖差アレルギー 医学的には血管運動性鼻炎という。

寒暖差アレルギー (アレルギーの原因物質の検査で)アレルゲンがない。

 

岡田厚生堂薬局  寒暖差アレルギーになりやすいタイプ

寒暖差アレルギー

普段からあまり運動をしていない、成人女性がなりやすいといわれています。

寒暖差アレルギー、つまり血管運動性鼻炎は、7℃以上の気温差による刺激が、鼻の粘膜の血管を広げ、むくむことにより、アレルギー症状を引き起こしています。

自律神経とも関連があります。

寒いときは体温を保持し、暑いときは体温を発散させる役割を担っている自律神経が、スムーズに対応できるのは気温差7℃まで、といわれています。

自律神経がアンバランスな状態でいると、寒暖差アレルギーになりやすいともいえます。

 

岡田厚生堂薬局  寒暖差アレルギー対策

現代医学では原因不明の不定愁訴を総称して「自律神経失調症」とひとくくりにしますが、中医学では、気・血(けつ)・津液(しんえき:血以外の水分)の過不足とそれらの流れ、また五臓(肝・心・脾・肺・腎)の働きの、どこに不調が起きているのか、から考えていきます。

鼻水が出るといった症状には、肺が関係しています。また、抵抗力の弱さや免疫力が正常に働かなくなるということは腎の機能低下が考えられます。

総括的に考えると、肺腎陽虚(はいじんようきょ)の状態です。

 

寒暖の気温差への対応力、抵抗力を高めるためには、人体を構成する気・血・津液のうち、気(き:生命エネルギー)のなかの衛気(えき)を高めることが重要です。

衛気は、皮膚・鼻・口といった一次防衛システムである体表部をめぐっていて、ウイルスや細菌、風邪(ふうじゃ)などの外邪(がいじゃ:外敵)から身を守るために、バリアをはっています。

衛気は、ストレスや過労といった生活習慣や、不摂生な食生活によっても、その力が低下してしまいます。
衛気が不足すると、

岡田厚生堂薬局  風邪をひきやすくなる
岡田厚生堂薬局  花粉症やアレルギー性鼻炎、喘息といったアレルギー疾患になりやすくなる
岡田厚生堂薬局  気温の寒暖差に対応できなくなる
岡田厚生堂薬局  冷え性になる

といった不調につながります。

 

岡田厚生堂薬局  自分の症状に合った漢方薬&食養生で、強い体を作りましょう!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局  衛益顆粒(えいえきかりゅう)・・・
補気薬(ほきやく)

 

衛益顆粒(えいえきかりゅう)

衛気を高める生薬といったら、黄耆(おうぎ)です。肺の気、脾の気を補い、衛気つまりバリア力を強化してくれます。

この黄耆(おうぎ)に、脾を丈夫にする(補気健脾)白朮(びゃくじゅつ)、外邪を発散させる(発表散風)防風(ぼうふう)が、バランスの良い3:1:1で構成されている漢方薬が、衛益顆粒(えいえきかりゅう)です。

季節の変わり目や気温の変化で体調を崩す方や、喘息・花粉症・慢性腎炎といった免疫バランスの崩れ、免疫性の不妊でお悩みの方にオススメの漢方薬です。

 

岡田厚生堂薬局  双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)・・・
補血薬(ほけつやく)、補肺薬(ほはいやく)補腎薬(ほじんやく)

 

双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

冷えがあり、胃腸が弱く、体力のない方の免疫力を高めるのにオススメの漢方薬が双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)です。
動物性の生薬と植物性の生薬、両方が配合されていて、効果効能としては『次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病による体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症』とあります。

風邪をひきやすい、喘息や気管支炎がある、病後の体力低下、老化予防、流産予防、(生理の)高温期を安定させる時などに用いられます。

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの食べもの  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  枇杷(びわ)の葉  (肺の乾燥による潤い不足に)
岡田厚生堂薬局  紫蘇  (肺の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  大根  (肺を潤す)
岡田厚生堂薬局  みかん  (肺を潤し、咳をしずめる)
岡田厚生堂薬局  いちじく  (肌や口の乾きを潤す)
岡田厚生堂薬局  豚肉  (血を増やして体を潤す)
岡田厚生堂薬局  ハマグリ  (肺の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  山芋  (腎の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  黒豆  (腎の機能を向上する、咳を止める)
岡田厚生堂薬局  黒米  (腎の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  黒ごま  (腎の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  黒きくらげ  (腎の機能を向上する、血を補う)

 

その他、日常生活で気をつけたいことは、
  からだをしめつけるきつい衣服を着ない、きつい靴を履かない
  衣服を上手に調節して、寒暖差をつくらない
  マスクをつけて外気の寒暖差を最小限にする
  ストレッチや太極拳、ヨガなどで体の中の筋力をつける
  40℃前後のぬるめのお湯でじっくり温まる

 

寒暖差アレルギー

アレルゲンがないのに、アレルギー症状で悩まされる方も、
しっかりアレルゲンがあって、アレルギー症状で悩まされている方も、
お気軽にご相談にいらしてください  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP