習慣性流産(不育症)

一般的に自然流産や死産を3回以上繰り返すと、習慣性流産、不育症といわれます。

習慣性流産(不育症)★岡田厚生堂薬局ただ、自然妊娠のおよそ15%は流産するというデータがあることから、とても残念で悲しいのですが、落ち込んでばかりではなく、その原因を考えると良いと思います。

病院では多くの場合『原因不明』とされるようですが、中医学(中国漢方)では、必ず原因があると考えていますので、その原因を探すところからスタートして、しっかり対応していきます。

 

習慣性流産(不育症)★岡田厚生堂薬局

 

妊娠12週までの早期流産のほとんどに染色体異常がみられる、という報告があります。染色体異常のある受精卵はある一定期間しか発育できないものなので、この場合「赤ちゃんが寿命を全うした」自然の理として受け止め、染色体異常を起こしている原因をなんとかするべきです。

 

 

岡田厚生堂薬局  早期流産

心待ちにしていた妊娠、繰り返す流産、は体にも心にも大きな負担をかけます。
気持ちを落ち着かせ、自分の体と正面から向き合い、心身ともに整えていきましょう。

 
岡田厚生堂薬局  気血不足と腎虚

早期流産の場合は、お母さん、お父さん、双方の腎(じん)のチカラが低下していないかどうか、をまず確認します。

生殖を主る(つかさどる)腎(じん)の機能が低下した状態では受精卵を健やかに育む事が難しいと思うからです。

次に、受精卵を育てるには、充分な気(生命エネルギー)と血(栄養素)が必要です。

副証として、オ血(おけつ)、脾虚(ひきょ)、血熱(けつねつ)、湿熱(しつねつ)があります。

腎、気血を補う食べもの、血の流れを良くする食べもの★岡田厚生堂薬局 腎を補う食べもの
黒ごま・黒きくらげ・黒豆・山芋・くるみ

 気血を養う食べもの
人参・なつめ・ゆり根・くこの実・プルーン・くるみ・烏骨鶏・レバー

 血の流れを良くする食べもの
にんにく・ししとう・玉ねぎ・らっきょう・トマト・ほうれん草・まいわし・サバ・アジ・うなぎ

 

 

岡田厚生堂薬局  からだこころ  すこやか養生法

  体を冷やさない
生もの、白糖、冷たいものの飲食は体を内側から冷やしますので控えましょう。

  節酒、禁煙
お酒と喫煙はなるべくやめましょう。

  のびのびと動く
過度な運動は逆効果ですが、ヨガやストレッチ、太極拳など、のびのびと動き、気血の流れを良くしましょう。

  衣服に気を使う
ピンヒール、しめつける服は気血の流れを滞らせてしまいます。また、首元や足元を温めて冷えないよう衣服で調整しましょう。

  積極的に笑う
腎の機能を低下させない為には、笑うこと、楽しむこと、が大切です。楽しい事や楽しい人を見つけて積極的に笑えるようにしましょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  腎と気血を補う漢方薬

腎を補う漢方薬を補腎薬といい、気を補う漢方薬は補気薬、血を補う漢方薬は補血薬、血の流れを良くする漢方薬を活血化オ薬(かっけつかおやく)といいます。

代表的な補腎薬には、参馬補腎丸(じんばほじんがん)や至宝三鞭丸(しほうさんべんがん)、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)などがあり、 補気薬には麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、補中丸(ほちゅうがん)などがあり、補血薬には婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)など、 活血化オ薬(かっけつかおやく)には、冠元顆粒(かんげんかりゅう)や健康食品の田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)などがあります。

それぞれたくさんある種類の中から自分に合った漢方薬を服用することで、急性の場合は即効果が期待できるものです。

逆に長い間服用しても改善が得られない場合は、証に合っていないということになります。

漢方薬を服用の際は、岡田厚生堂薬局へお気軽にご相談にいらしてください。
貴方に適切な漢方薬をおすすめいたします。

 

習慣性流産(不育症)★岡田厚生堂薬局

 

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★

鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局