免疫力低下にご注意

 

2011年12月        

今年も早くも12月を迎えました。

今年は3月に東日本大震災が起こり、続いて原発事故が起きるという百年に一度という災害に見舞われた年でした。被災された方々へは謹んでお見舞い申し上げるとともに一日も早い復興を心よりお祈りしております。

 

12月は、私たち健康に携わっている者からしても病気が多く発生する時期です。風邪・インフルエンザの流行にはじまり、飲みすぎ・食べ過ぎによる胃腸障害、また脳血管疾患、心疾患といった循環器疾患が出やすくなります。

 

今月は病気の共通原因である「免疫力」についてお話してまいりたいと思います。

 

「免疫力」とは読んで字の如く「疫を免(まぬが)れるチカラ」、つまり細菌やウイルス、癌細胞(細胞のコピーミス)などの人体にとって不要なものを排除する力なのです。

 

私たちは通常病気にかかると、病気を治してくれるのは「薬」であり医者であると考えます。しかしそれは錯覚で、病気を治してくれるのは本当はその人の持つ自然治癒力であり、免疫力なのです。「薬」は病気を治すものではなく、症状を抑え、そして症状を取るだけのものです。

 

ここでこれら人間が持つ免疫力の更なる理解の為『ニンニクの免疫力(松村紀高著)』を紹介することとしましょう。

 

では「風邪薬は何に効くのか」というと、熱を下げたり喉の炎症を抑えたり頭痛を解消したり、といった風邪の諸症状を軽減緩和する。対症療法には役立っても風邪そのものには効かない。

風邪を治すのは基本的には人間がウイルスに対抗できるものとして持っている自然治癒力しかない。風邪を引き易いということは、免疫力、さらには生命力が衰えていることの証でもあり、風邪は万病のもとというのは、免疫力、更には生命力が衰えれば、あらゆる病気にかかっても不思議ではないからだ。

風邪同様、生活習慣病は免疫力、自然治癒力で治すしかない。それは病気の中で最もやっかいで死亡率トップのガンの場合でも変わりがない。

ガン化しようとする細胞を運転中の自動車に例えると、ガン遺伝子はアクセル、ガン抑制遺伝子はブレーキにあたる。つまりガン細胞の力が抑制可能であれば問題はないのだが、ブレーキが利かなかったり故障していたりすると、ガン化を止めることはできない。

その意味では、ガンは内なる敵であり結局のところ免疫力あるいは自然治癒力の不足によって起こってくる。

[ニンニクの免疫力:松村紀高著(光文社)より引用]

 

いかがでしょう。
病気は何が治すのか、がよくおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

12月は一年の疲れが出る時期であり、また何かと忙しく免疫力を低下させる時期です。免疫力・自然治癒力を低下させないよう熟成ニンニクを主剤としたキヨーレオピン・レオピンファイブ・レオピンロイヤルなどを飲んで病気を予防しましょう!

 

また12月は風邪・インフルエンザ、飲みすぎ・食べ過ぎによる胃腸障害、脳卒中、心疾患などの血管障害が多発する時期です。 何事によらず私どもへお気軽に相談にいらしてください。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

タグ: , ,