意外に多い夏の脳梗塞、その対策は

 

2011年8月        

一年で最も暑い8月を迎えました。

8月というと熱中症が最も心配となる時期ですが、それと共に脳梗塞などの血管系疾患の発症が多くなる時期です。

普段から血圧が高めの方、屋外で仕事をされる方、また暑い盛りにゴルフをされる方などは特に注意が必要でしょう。

 

●夏に脳梗塞が増える理由●

夏は気温の上昇によって体の水分が減り、血液がドロドロになりやすく、血液が流れ難くなりやすいです。
また、熱を放散させようと、末梢の血管が拡張する為、脳の血流量が低下し、血栓を作りやすくなります。 この血栓が脳の血管を詰まらせるのです。

 

●何故、夏に脳梗塞(詰まる)、冬に脳出血・くも膜下出血(破れる)が多くなるのか?●

 

脳梗塞(のうこうそく)
理由

岡田厚生堂薬局 暑くて発汗 → 血液がネバネバに → 血流が悪くなる → 末梢血管で詰まる

岡田厚生堂薬局 暑い → 熱を放散するため末梢血管が拡張 → 脳や心臓への血液供給が相対的に低下 → 血圧が低下しやすい → 血流速度が遅くなり血栓を作りやすい

岡田厚生堂薬局 汗で津液と同時に気(エネルギー)を消耗 → 心臓の働きや水分の代謝機能が低下 → 血液がネバネバに

 

脳出血・くも膜下出血(のうしゅっけつ・くもまっかしゅっけつ)
理由

寒い → 熱を放散しないように体表部の末梢血管が収縮 → 血圧が高くなる → 脳の血管が破れやすくなる

 

という事ですが、それでは夏の脳梗塞を予防するには、どのようなことに注意しなければいけないでしょうか。

 

●夏の脳梗塞対策●

 

予防法として「水分を取れ」というのは常識ですが、それでも夏の脳梗塞は現実には増えており、単に水分を取るだけでは不十分です。

汗が出る時には水分と一緒にミネラル分や生命エネルギーである「気」も失われているので、水分と一緒に「気」を補うことが大切なのです。

体内の「気」が不足すると、水分代謝機能も低下し、いくら水分を取っても有用な水分(中国漢方では津液しんえきという)になり難いのです。

そこでおすすめしたいのが以下の漢方薬です。

 

●夏の脳梗塞予防におすすめしたい漢方薬の組み合わせ●

 

岡田厚生堂薬局  心肺機能を活性化し、体液を増やす漢方薬

気(き)を補い、津液(しんえき)を増やす働きに優れているのが朝鮮人参、麦門冬、五味子からなる麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)です。
一部のスポーツ選手はその効果に着目し、ペットボトル飲料に溶かして練習の合間に飲む、マストアイテムになっていると聞きました。

 

岡田厚生堂薬局  血液をサラサラにする漢方薬

血液をサラサラにする代表格に冠元顆粒(かんげんかりゅう)があります。

夏、汗をたくさんかく人、夏ばてしやすい人は麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)で気と津液(しんえき)を補い、冠元顆粒(かんげんかりゅう)で血液をサラサラに!この組み合わせが最適といえるでしょう。

 

●こうならない為に早めに予防しましょう●

 

岡田厚生堂薬局  片側の手足がしびれたり、力が入らなくなった。
岡田厚生堂薬局  舌がもつれたり目の前が暗くなるなど、脳の循環障害が数分間起こることがある。

 

このような症状を単なる疲れと勘違いして放置すると、そのうち脳梗塞が出現して命取りになることもあるのです(医療機関の受診必要)。

 

節電で暑い夏、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

タグ: ,