霊芝胞子のはなし

 

西洋医学を補完し、成果をあげている生薬があります。

その名は霊芝胞子、サルノコシカケ科の植物、霊芝の胞子部分です。

中国最古の本草書「神農本草経(しんのうほんぞうけい)」では、霊芝(れいし)を”上品(上薬)”クラスに規定しています。 以後およそ2000年を経た現代でも、霊芝は生薬ナンバーワンの座にあり、絶大な信頼を誇っています。

伝統的な薬効だけでなく、近年成分分析や薬理研究が盛んに行われ、霊芝の神秘の一部が明らかにされました。

それでは、霊芝霊芝胞子と免疫力との関係をおはなしいたしましょう。

 

テロメア、テロメラーゼ

 

悪い細胞の問題の根底には”無限に増殖し続ける”ことが挙げられます。
皆様はテロメラーゼという酵素の存在をご存知でしょうか。

わたしたちの体内の細胞の染色体は、その末端に「テロメア」という塩基配列構造をもっています。このテロメアは、正常細胞では細胞分裂のたびに消耗し、次第に短くなり、やがて分裂を停止し、死滅する仕組みになっています。

テロメラーゼという酵素は、テロメアの修復をし伸長します。修復されたテロメアは無限に増殖が可能、つまり細胞は不死化するのです。

なお、正常な体細胞ではテロメラーゼの発現はほとんど見られません。

 

霊芝の生態周期
テロメラーゼの活性を阻害する生薬としてポピュラーな霊芝(れいし)は、サルノコシカケ科の植物です。

霊芝は左図のような生態周期をもっています。

霊芝胞子霊芝が成熟する頃に菌傘にあらわれる茶褐色の粉末状の物質で、霊芝の種子にあたります。

霊芝胞子は、豊富な霊芝多糖類・トリテルペノイド・ポリペプチド・エルゴステロール・アルカロイド・グルコサミン・タンパク質などを主成分としており、有効成分の種類や含有量は子実体や菌糸体よりも多く、つまり、霊芝胞子霊芝の凝縮エッセンスともいえるのです。

強いアダプトゲン効果をもたらすといわれている霊芝胞子ですが、なぜ今まで活用されてこなかったのでしょう。

ひとつは採取量の少ないこと、ふたつめは吸収しにくかったこと、が理由でした。

霊芝胞子
15,000倍の拡大鏡で霊芝胞子を見ると、外殻・内膜・内核の3部分で構成されています。

実はこの外殻がついたままでは体内に吸収されにくいのですが、さまざまな研究努力の結果、外殻と内膜の振動率の相違を利用した振動法による破壊が可能になりました。

この方法で霊芝胞子の吸収と酸化の問題を解決できたのです。

 

 

星火霊芝宝(せいかれいしほう)
霊芝胞子を最大限に生かしたオススメな製品が星火霊芝宝(せいかれいしほう)」です。

星火霊芝宝に使われている霊芝は、霊芝の名産地である中国安薇省大別山、山紫水明の自然環境のもとで大事に育てられた「赤芝(せきし)」と呼ばれるものです。

星火霊芝宝霊芝胞子を主に、霊芝子実体と冬虫夏草菌糸体を合わせた健康食品です。

もちろん、病院での治療中でも併用が可能です。

副作用に悩まされている方、治療の補完をしたい方・・・

詳しくは、是非、岡田厚生堂薬局にて一度ご相談ください。

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

タグ: ,