‘がん’ タグのついている投稿

癌との付き合い方・・・その2

2013/02/01

 

2013年2月        

2月となりました。
立春を迎え春立つとはいえ、自然界はまだまだ寒さが厳しく、春を待ちわびる状況です。
寒さが影響する風邪血圧神経痛リウマチなどの既往症がある方は、十分ご自愛くださいませ。

 

さて、今回も前月に続き癌との付き合い方その2です。

今回は、癌になる人とならない人との間には、どんな違いがあるのか、この辺のところから紐解いていくことと致しましょう。

「誰も書かなかった上手な癌との付き合い方-宋靖鋼著-文芸社」によると、癌になりやすい人は次のような性格、生活習慣をもつようです。すなわち

 

岡田厚生堂薬局  立派な癌の育てかた——–逆説提言

岡田厚生堂薬局  くよくよしましょう

岡田厚生堂薬局  ストレスの多い仕事を選びましょう

岡田厚生堂薬局  怒りましょう

岡田厚生堂薬局  じっとしていましょう

岡田厚生堂薬局  たばこをどんどん吸いましょう

岡田厚生堂薬局  緑の少ないところに住みましょう

岡田厚生堂薬局  ファーストフードをたくさん食べましょう

岡田厚生堂薬局  お酒をどんどん飲みましょう

 

いかがでしょうか。
これ等をみると、現代生活ではごく普通にみられる人々の生活習慣なのではないでしょうか。

逆にいうと、だからこそ現代は癌になる人がこれだけ多いといえるのです。問題はその人達がご自分の生活習慣を、普通で、ご自分は健康に何も悪い事をしていない、と思っている事です。

自分の体は自分の責任で守る、という予防・養生意識が希薄になっているのです。日本人はもっともっと自分の体に対する管理意識をもちましょう。

何しろ癌は微小癌から中・晩期癌まで、約10年~15年かかるのですから。

 

ここで『立派な癌の育て方』の解説を今少し理解のために見てみましょう。

 

岡田厚生堂薬局  ストレスの多い仕事を選びましょう・・・

就業時間の長い日本では、どんな仕事に就くかで癌の育ち方が違ってきます。

なるべく拘束時間が長く、息抜きのできない激務の仕事を選びましょう。男性なら、出世争いによる足の引っ張り合いや誹謗中傷が多ければ多いほどいいでしょう。

職場の雰囲気が明るく、思いやりに溢れる仲間が大勢いて、しかもやり甲斐のあるような仕事では、癌はうまく育ってくれません。

つまり癌は、様々な原因のなかでその人の性格(考え方、捉え方)、環境(ストレス)などが大きく作用しているのです。

それでは最後に中国漢方医学の病因論の内因論につき、記し、今月のよもやま話を閉じることと致しましょう。

 

岡田厚生堂薬局  内因論  (七情の過不足)

岡田厚生堂薬局  怒り過ぎれば肝を傷める  (自律神経の調和を崩す)

岡田厚生堂薬局  喜び過ぎれば心を傷める  (循環器系の調和を崩す)

岡田厚生堂薬局  思い過ぎれば脾を傷める  (消化器系の調和を崩す)

岡田厚生堂薬局  悲しみ過ぎれば肺を傷める  (呼吸器系の調和を崩す)

岡田厚生堂薬局  恐れ過ぎれば腎を傷める  (内分泌系の調和を崩す)

 

つまり、ストレスは肉体にも大きな影響を与えているのです。

それでは今月はこの辺で。
次回も癌のお話です。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

癌との付き合い方・・・その1

2013/01/01

 

2013年1月        

激動の24年が終わり、25年の幕が開けました。
明けましておめでとうございます。本年もこの「よもやま話」と当店をご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

 

さて、一月は年末年始の食べ・飲み過ぎによる胃腸障害またインフルエンザの流行、寒さの影響による血圧上昇心臓疾患などが心配される時期です。不摂生をして免疫力を低下させないよう、予防・養生に充分努めましょう。

ところで、今回から未だに明確な改善方法がないと言われるについて、その予防方法や漢方的対応について書いていきたいと思います。宜しくお読みください。

 

はじめにというと皆様はどのような印象をもたれているでしょうか?

恐らく、絶望に近い感情が芽生えるのではないでしょうか。

そのくらいは『終わり(未来はない)』というイメージが今だに定着しているのです。

それでははどこを突っついても箸にも棒にもかからないほどの難病なのでしょうか・・・?

そんなことはない、と私は思うのです。

 

確かに現代の医療の中心は西洋医療で、精密な検査、手術療法、科学療法など、その技術はここ10年で見ても素晴らしい発展を遂げてきました。

しかし、それでも尚且つ現代医療が「癌を克服」した、と言い難いのは皆様お感じになっているとおりなのです。この医療の進歩と治療結果のギャップは一体どのようなところからきているのでしょうか。

一例ですが、西洋医学と中医学(中国伝統医学)の病人の見方の違いに「病気と病人」という違いがあります。西洋医学はという病気をみて、中医学は病んでいる病人を見る、という違いです。

つまり、という病気に対処する場合は、自体を駆除するだけでは不十分で、生活習慣、体質因子を含めた、人間のトータルな病としてみていく、また、患者の生きる力を総合的に向上・発揮させる方法論を考えていく等、病人まるごとをみていく中医学の考え方も必要となるのです。

ですから、これからの治療は西洋医学と中医学の手法、考え方を融合し、患者さんに対処していく事が最も必要とされることであると私は思うのです。

もちろん、実際の治療に於いては西洋医学を主流に、中医学が脇役として併用させていくことは当然でありますが・・・。

ということで、これから「誰も書かなかった上手な癌との付き合い方-宋靖鋼著-文芸社」を参考に、私の考え方も入れて、書いていきます。是非、参考として、その考え方を日々の生活に取り入れてみてください。

 

最後に当薬局の併設鍼灸治療院には、昨年4月より息子、茂が鍼灸師となり、業務についております。
私も鍼灸師として以前はの患者さんの治療を行った経験を持っており、愁訴をかなり軽減できると感じております。

現在、でお困りの方は漢方・鍼灸という選択肢もお考えになられることをおすすめします。

 

それでは本年も岡田厚生堂薬局並びに、鍼灸治療院厚生堂を、何卒よろしくお願いいたします。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

スムーズな排泄で健康な毎日を

2012/11/10

 

人間は、空気と食べものから生命活動を維持するために必要なエネルギーを得て、生きています。

食べものの栄養素のなかで、炭水化物(エネルギーになる)・たんぱく質(体を作る)・脂質(熱エネルギーになる)・ビタミン(体の調子を整える)・ミネラル(骨を作る、体の調子を整える)を五大栄養素といい、ここに水と食物繊維を加えて、どれも体に必要なもので、同時に過剰でもいけません。

五大栄養素の定義とは別に、厚生労働省・農林水産省の策定した食事バランスガイドがあります。食事バランスガイドは国民の健康的な食生活の指標として、何をどれだけ食べたらよいか、がわかるガイドラインです。

[参考:農林水産省]

食物に含まれる栄養素は複数の場合が多いので、栄養素というくくりではなく、食物で表現しているので実際の食生活に取り入れやすいガイドラインですね。いずれにしましても、人間が生命活動を維持するためには、空気と食べものが必要なのです。

 

 

岡田厚生堂薬局  取り込んで排出する

空気から酸素を取り入れたら二酸化炭素などを排出、食物から栄養を取り入れたら要らないものは便や尿、汗として排出をします。

この時、不要なものとして、体内に侵入した毒物や細菌・ウイルスなども、体内で解毒・無毒化されて体外へ排出するようになっています。

排出のメカニズム

明らかに「体に毒である」ものは嘔吐され、体内にうまく忍び込めた病原菌や食べものに含まれる毒も肝臓や免疫細胞、腎臓によって無毒化され便や尿、汗として排出されます。体内組織内での処理中に生成された毒性の高いガスは、おならやげっぷとして排出されます。

 

 

岡田厚生堂薬局  ウイルスや細菌を排出する仕組み

中医学では、体の外にある病気の原因を、外邪(がいじゃ)と呼びます。
外邪は自然界にある気のことで、風・寒・暑・湿・燥・火・熱などですが、これらが健康に外を及ぼす時にそれぞれ風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・火邪・熱邪となります。

岡田厚生堂薬局

例えば、万病のもとである風邪(かぜ)は、最初、風邪(ふうじゃ)に侵される病気です。

風邪(ふうじゃ)が体内に侵入し、免疫細胞がサイレンを鳴らします。(→ 悪寒がする、だるくなる、不安になる)

次に、発熱発汗もしくは鼻水や咳、下痢といった症状が表れます。

発熱することでウイルスや細菌を殺し、発汗や鼻水・痰・排便によって異物を除去しようとする、体の防御システムの稼動がはじまります。
(発熱は血管拡張をし、血流をスムーズにし、免疫細胞が働きやすくするためでもあります)
(血液中の排泄すべきものをすばやく排出してくれるのが汗です)

鼻の中には、ウイルスや細菌をとらえて殺菌するためのリゾチームやラクトフェリンといった成分の含まれた粘液があり、またIgAという抗体が微生物をだんご状にして体内に侵入させないよう働いています。

ここを通過してしまったウイルスや細菌は、今後は気管支の絨毛(じゅうもう)により、上へ上へと上げられて、痰となって排出されます。

更に気管支も通過してしまったウイルスや細菌は、肺の肺胞マクロファージに食べられて、痰として排出されます。次に胃まで到達しても、胃酸により殺菌され便として排出されます。

よって、人間はおいそれと外邪に侵されたりはしないのです。

 

ところが、風邪をこじらせてなかなか治らなかったり、肺炎になってしまうことがあります。

それは何故でしょう。

それは、これらの体の防御システムがうまく稼動できない原因があるからです。

皮膚も同じです。

顔や手、うで、足、など、外気にさらされる皮膚は、おなかや脇などと違って固くできています。大腸菌が足や手についても化膿しません。皮膚からウイルスや細菌が侵入しないようにできているのです。しかし、この壁に傷が入ってしまったり、薄くもろくなってしまうとどうでしょう。簡単にウイルスや細菌の侵入を許してしまうことになります。

異物処理能力を高めること、つまりスムーズに排出できる環境を整えることが病気にならない方法だといえるでしょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  スムーズな発汗

夏場に暑くても汗をかきにくい方がいます。
汗をかきにくい方は、冷え性低体温自立神経失調めまいむくみ、といった症状を併せもつ方が多いです。

これは、生活習慣と関係があります。
エアコンの効いた室内に長時間いる、外気にあまり触れない、季節の旬のものをあまり食べない、こうした生活が続くと、汗をかきにくくなり、体温調整機能の低下、免疫機能も低下します。

この場合は
岡田厚生堂薬局  まずエアコンに頼らず、外気に触れる時間を多くしてみましょう。
岡田厚生堂薬局  そして適度に運動をして体を動かすようにしましょう。

汗腺は、人体のなかでもまだ未完成の状態であり、使わないと退化しやすい器官でもあるといわれています。

汗をかきにくくなってしまった方は、43℃~44℃の湯に腰までつかって汗腺を刺激したあと、水でぬるくして、38℃くらいの湯につかり、みぞおちくらいまでの半身浴で汗腺の働きを促進しましょう。

または、手足だけを43℃~44℃の湯につけて温めながら、体は38℃くらいの湯で半身浴、でも良いでしょう。

2週間~1ヶ月くらいで、汗腺の調子が戻ってくると良いですが、葛根湯(かっこんとう:葛根・麻黄・大棗・桂皮・芍薬・甘草・生姜)麻黄湯(まおうとう:杏仁・麻黄・桂皮・甘草)小青竜湯(しょうせいりゅうとう:半夏・麻黄・桂皮・乾姜・五味子・芍薬・甘草・細辛)という漢方薬もございます。

その方の証によって、合う漢方薬も異なります。お気軽にご相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局

 

 

岡田厚生堂薬局  スムーズな排尿・・・排水の腎

「尿が出にくい」「頻尿」「夜に尿意で目が覚める」「残尿感がある」といった症状がある場合は、多くの場合、腎(じん)の働き自体に問題があると考えます。

発熱、無汗、関節痛、寒気、頭痛といった症状がある場合は、麻黄湯(まおうとう:杏仁・麻黄・桂皮・甘草)を用いますが、症状が進行していて浮腫(むくみ)や神経症などを併せもつ場合は、麻黄加尤湯(まおうかじゅつとう:杏仁・麻黄・桂皮・甘草・蒼朮[白朮])を、更に口渇や煩わしさといった症状が出てきている場合は、五苓散(ごれいさん:蒼朮[白朮]・茯苓・沢瀉・猪苓・桂皮)が代表的な漢方処方となります。

しかし、熱症状ではなく、寒症状がある場合では、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう:半夏・厚朴・茯苓・蘇葉・生姜)がファーストチョイスとなります。

排水に関係の深い腎(じん)は、余分な水分や排泄物を尿として排水するだけでなく、生長・発育・生殖とも深い関わりがあり、つまり老化現象ともつながります。実際の年齢には関係なく、口渇・尿量減少または増量・腰痛・倦怠感・性欲減退といった症状がある場合は杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)がベストチョイスとなります。

 

 

岡田厚生堂薬局  スムーズな排便

岡田厚生堂薬局

排便は一日一回、と云われているように、便をためていると健康を害することは古くから知られています。

小腸から水分をとられて大腸に送られてきたばかりの便は水分を多量に含んでおり、大腸壁からも水分が吸収されます。もし悪玉菌などの影響によって大腸壁から水分が吸収されないままで排便されると下痢となります。下痢でも便秘よりは良いです。下痢で有毒な菌を排出しなければ、毒素は体内に留まって病気の種となるからです。

小腸の腸壁はなんと二日に一回、剥がれて作り変えると云われています。テニスコートくらいある小腸の腸壁や、胃壁や大腸の腸壁も6日おきに剥がされ、これらは全て大便となり排出されます。大便には体内に入り込んだ異物や体内で生成された異物、肝臓での解毒物が含まれ、また、大便の1グラムあたりには腸内細菌の死骸が一兆個ほどあると云われています。

以上が大便の中身のほとんどで、実は食べもののカスはほとんどありません。
いかに人間が食べものの栄養素を有効利用しているか、がわかりますが、同時に便の中身のほとんどは体内にあってはならないものである、ということがおわかり頂けると思います。

ゆえに排便は出来るだけスムーズに行うことがベストです。

「食生活」「ストレス」「便意をがまんする」「水分不足」「血液循環が悪い」といったことが便秘の原因になりますので、まずは原因を探し、便秘を解消していきましょう。

それから、毎日快便!といった方でも、宿便には気をつけてください。宿便は4日以上、大腸内にこびりついている便のことです。腸管壁に腸憩室をわざわざつくって、そこに停滞してしまう便(古便)もあります。

排便のあとに横になって、おなかをおさえて、しこりや固まりがないか、触ってみましょう。

どこをおさえてもやわらかいおなかであれば、宿便はないといえますが、しこりや固まりがあり、圧すると痛みが走るという場合は、ガスか宿便がたまっていると思われます。

便秘ははじめ、腹部の膨満感といった症状から、吐き気めまい食欲不振腹痛不眠精神不安頭痛肌荒れ、と長期にわたるに従い、様々な症状を引き起こしていきます。更に長い年月を経ると、腸内細菌が有毒物質を作って、腸壁から全身に毒素が広まり、ガンなどのさまざまな病気の引き金にもなっていきます。

スムーズな排便のポイント
岡田厚生堂薬局  便意を感じたらすぐにトイレに行く
岡田厚生堂薬局  朝一番でコップ一杯の水を飲む
岡田厚生堂薬局  食物繊維だけでなくバランスの良い食生活を心がける
岡田厚生堂薬局  加熱した温かい食事を心がける
岡田厚生堂薬局  食事の時間、睡眠の時間を規則的にする
岡田厚生堂薬局  こまめに体を動かし、有酸素運動を日課にしよう

 

 

岡田厚生堂薬局は、鍼灸院も併設しておりますので、鍼灸での対応もできます。
また、もちろん、便秘を改善する漢方薬、宿便を排出する漢方薬もございます。
お気軽にご相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP