‘ストレス’ タグのついている投稿

高プロラクチン血症

2014/08/01

 

高プロラクチン血症(高PRL)とは、女性の無月経と排卵障害(不妊原因)のひとつです。

プロラクチンは、脳下垂体から分泌され、乳汁分泌を促す催乳ホルモンです。通常、妊娠から出産後に多くなります。出産後、授乳期間中に生理がきにくくなるのはこのホルモンの働きです。(母体の子宮の疲れが取れてくると生理がくるようになります。また授乳をやめても数か月間は生理がこない人もいます。)

高プロラクチン血症になると、中枢から卵巣までの性腺軸が抑制されるので、卵胞の発育や排卵が阻害され、黄体機能が低下します。

無月経や排卵抑制など、不妊の原因の1/3を占めるといわれています。

また、「生理がこない」などの症状がないので気付きにくいのですが、男性でも血中プロラクチン値が高くなると睾丸機能が低くなりますので、性欲減退やインポテンツになります。

 

 

プロラクチン(PRL)の基準値

女性  :  6~29ng/ml
男性  :  3ng/ml~16ng/ml

排卵障害  :  30ng/ml 以上

プロクチノーマ  :  80~100ng/ml 以上
(プロラクチンを作る細胞が増加し腫瘍になったもの。プロラクチン産生下垂体腫瘍ともいう)

 

 

主な症状

高プロラクチン血症
1  無月経

1  排卵障害

1  イライラ

2  肩こり

2  にきび

2  乳張痛、乳漏れ

2  基礎体温表のギザギザが大きい

 

 

岡田厚生堂薬局  誘因の多くはストレス

本来、妊娠~授乳中において増加するプロラクチンが過剰に分泌する要因には、薬物による影響、腫瘍による影響、ストレス・運動などの生理的要因があります。

 

岡田厚生堂薬局  薬物による影響(代表的なもの)

1.抗潰瘍剤・制吐剤(スルピリド、メトクロプラミド、ドンペリドンなど)

2.降圧剤(α-メチルドーパなど)

3.中枢神経薬(スルピリド、クロルプロマジン、ハロペリドール、パロキセチンなど)

 

岡田厚生堂薬局  腫瘍による影響

頭蓋咽頭腫、胚腫、非機能性腫瘍など。

 

岡田厚生堂薬局  生理的要因

ストレスのほか、運動直後にも一時的に高くなることがあります。運動をやめると元に戻ります。

 

岡田厚生堂薬局  その他

1.原発性甲状腺機能低下症

2.視床下部、下垂体の異常

3.慢性腎不全

4.外傷
など。

 

 

岡田厚生堂薬局  こんな基礎体温は要注意

こんな基礎体温は要注意☆高プロラクチン血症

 

 

岡田厚生堂薬局  中医学の考えかた

高プロラクチン血症(高PRL)を中医学的に考えると、肝鬱気滞(かんうつきたい)、陽虚肝鬱(ようきょかんうつ)、陰虚肝旺(いんきょかんおう)、気血不足(きけつぶそく)のいずれか、または複合です。

このうち、陽虚肝鬱(ようきょかんうつ)の方を多く見受けられます。

現代医学では、プロクチノーマなどの腫瘍を外科手術で取り除く方法のほか、プロラクチンの分泌を抑えるカバサールやパーロデルといった薬物療法が行われています。

この薬は閉経する50歳くらいまで服用を続ける必要があり、一部の方には薬が効かない場合もあります。吐き気などの副作用も確認されています。

 

中医学では、イライラ・緊張感・ストレスフルなどで滞った気をスムーズに流すことからはじめ、気滞によりダメージを受けている肝の機能を高めていきます。

生薬では肝気をスムーズに流すもの、麦芽などが代表的です。麦芽は昔から卒乳をする際に使われてきました。炒麦芽(いりばくが)などの製品がありますが、ひとりひとりの体質や状況に応じて、複数の漢方薬・健康食品を組み合わせていきます。

 

炒麦芽いりばくが
〔健康食品〕

 

 

ストレスは体に悪い、とわかっていても、なかなかうまく解消できない環境におられる方も多いでしょう。

特に不妊治療中の方は、基礎体温表を見ながらドキドキし、外でも自分の気持ちを押し殺して毎日を過ごしている方も多いでしょう。

そんな時は、紙に書くことをおすすめします。

人に言えないことを書いて書いて、やぶって捨てても良いですし、良いなと思った言葉、例えば「一日は24時間、できることだけやればいい」や「苦しい経験こそが未来の糧」といった短い文章を書いて壁に貼っておいてもよいです。

一人で悩まず、あきらめず、まずはお気軽にご相談にいらしてください。

 

 

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

多嚢胞性卵巣症候群PCOS

2014/07/14

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは、女性の排卵障害のひとつです。

両側卵巣に未熟な卵胞がたくさんでき、ネックレス状につながった嚢胞状腫大(ネックレスサイン)が特徴で、なかなか排卵しないので、不妊の一因にもなっています。

 

主な症状

多嚢胞性卵巣症候群PCOS
1  生理不順

1  生理の周期が35日以上

1  基礎体温が一相性

2  にきび

2  のぼせ、ほてり

2  肥満

2  不妊

1  毛深い

 

 

岡田厚生堂薬局  誘因はホルモンバランスの乱れ

初潮から間もなくは、生理周期などが一定しないのは通常ですが、直に安定してくるものです。しかし、最近では高校生~20代の方まで、若くしてホルモンバランスを崩してしまっている方が多くいらっしゃいます。

ホルモンバランスを崩すきっかけとなっているのが、ストレスと食生活です。

卵巣に指令を送る脳の信号が強いストレスによって阻害され、ホルモンバランスが乱されたり、また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方に肥満の方が多いことから、高タンパク・高脂肪・高カロリーの食生活も一因であるという見方もあります。

特にBMI(体重 ÷〔身長m × 身長m〕)25以上の方は注意が必要だといわれています。

 

 

岡田厚生堂薬局  こんな基礎体温は要注意

こんな基礎体温は要注意☆多嚢胞性卵巣症候群PCOS

 

 

岡田厚生堂薬局  中医学の考えかた

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を中医学的に考えると、ベースに腎虚(じんきょ)があり、多くは腎陽虚(じんようきょ)で、他に腎陰虚(じんいんきょ)、痰湿(たんしつ)、気滞血オ(きたいけつお)、肝鬱化火(かんうつかか)がみられます。

中医学で考える多嚢胞性卵巣症候群PCOS

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断されても、排卵があれば妊娠は可能だといえます。

ただ、やはりバランスが崩れている状態なので、バランスを整える=体質改善をする必要があります。

病院では、クロミフェンなどの排卵誘発剤を使うこともありますが、中医学では排卵だけすれば良いと考えるのではなく、妊娠するチカラ、妊娠する体作りを行っていきます。

補腎薬をベースに、ひとりひとりの体質にあった漢方薬と生活養生で対応していきます。

代表的な漢方薬は、参馬補腎丸(じんばほじんがん)や婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、冠元顆粒(かんげんかりゅう)、加味逍遙散エキス顆粒(かみしょうようさん)、逍遙丸(しょうようがん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などですが、ひとりひとりの体質や状況によって、使い応じていきます。

大事な大事な心と体、将来のために今、ホルモンバランスを整える生活をはじめてみませんか?

 

 

岡田厚生堂薬局  養生法

岡田厚生堂薬局  穀類・旬の野菜・肉・魚、バランスの良い食事を摂りましょう

岡田厚生堂薬局  外食やコンビニ食、冷凍食品、スナック類を控えましょう

岡田厚生堂薬局  食事は加熱して、温かい状態でいただきましょう

岡田厚生堂薬局  ヨガや太極拳、ストレッチを日課にしましょう

岡田厚生堂薬局  夜は22時就寝がベスト、遅くても23時には寝ましょう

岡田厚生堂薬局  寝不足、過労は厳禁、適宜休息をとって無理しないように

 

 

なかなか解消できないストレスに対応する漢方薬もあります。一人で悩まず、あきらめず、まずはお気軽にご相談にいらしてください。

 

 

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

春の過ごし方

2012/04/01

 

中医学(中国漢方)の基礎理論に五行学説があります。

人間は宇宙の一部であり、人間の体内にもまた小宇宙があります。
宇宙、自然界のすべてを五つに分類し、体系的にまとめて考えることで問題を解決し、健やかで美しい人生を全うしましょう、という考え方です。

五行学説に基づいた季節の過ごしかたをご紹介いたします☆

 

岡田厚生堂薬局  五行表で見る春

 

岡田厚生堂薬局

 

 

岡田厚生堂薬局

五行学説で見る春の属性は木です。

活動が盛んになる大気は風(ふう)、
肝は風(ふう)を嫌うため、筋脈が硬直・麻痺し、肝が風病になりやすくなります。

肝の病には、酸味の食物(ごま・ニラ・すももなど)が良いですが、摂りすぎると肝気過剰のため、脾気が損傷されます。

ちょっと難しい書き方をしましたが、簡単に言えば、春は肝が影響を受けやすくなる季節なので、肝がキチンと働けるよう体を整えておきましょう、ということです。

 

 

岡田厚生堂薬局  春の特徴

岡田厚生堂薬局

  万物が一斉に芽吹き、陽気が発散される
  風が強い、天候が変わりやすい
  目が痛い、目がかすむといった症状がでやすい
  気持ちが落ち着かない、わくわく・そわそわする
  衝動的な気持ちが我慢できなくなる
  めまいがする

上記が春の特徴ですが、これら全て中医学では説明ができます。故に症状に対応する方法もあります。

 

 

岡田厚生堂薬局  肝気(かんき)と肝血(かんけつ)

岡田厚生堂薬局

冬に腎に蓄えた栄養を使って、春は肝が働きだす季節ですが、栄養が十分に蓄積されていないと正常に働けません。

肝気(かんき)は上へ昇る習性がありますが、上手に発散させてあげないと、精神活動が不安定になります。

緊張・ノイローゼ・パニック症候群・鬱病・ヒステリー・精神分裂症といった症状は、春に多いことが知られていますが、これは肝気が足りないかまたは肝気の流れが滞っていることが原因と考えて、補気(ほき)または疏肝理気(そかんりき)という方法で対応します。

また、肝に(同じく春に多い)風が入ると、気分が沈み悲観しやすくなり、時々ひどく怒ります。この状態にある方は目の下が青いのですぐにわかります。

 

岡田厚生堂薬局

次に肝血(かんけつ)ですが、肝血が十分に満たされていると「嬉しいことがあった時に目がキラキラする」というように精神状態と目の表現が結びつきます。

肝血の不足は目に表れるため、目の痛み・涙・充血・目やに・しょぼしょぼする、といった時は肝血が足りないと考え、補血(ほけつ)という方法で対応することになります。

但し、白内障や老眼、かすみ目といった老化現象の場合は、腎の働きが低下していると考えますので、補腎(ほじん)という方法が適応されます。

 

 

岡田厚生堂薬局  春の過ごしかた

岡田厚生堂薬局

  夜更かしをしても良いが朝は早めに起きる

  朝は散歩をし、体をのびのびと動かす

  心身ともに生き生きと過ごす

  春が旬の野菜と果物をたっぷり摂る

  精神状態に気を配り、早めの対応を心がける

 

岡田厚生堂薬局  春におすすめの食べもの  岡田厚生堂薬局

アサリ・ハマグリ・シジミ・アワビ・レバー・ほうれん草・にんじん・うど・フキ・タラの芽・セリ・香菜・ネギ・生姜・枸杞子(くこし)・菊花・シナモン・薄荷・柑橘類などです。

自然界はうまく出来ており、その季節に合った食物が旬を迎えます。

また五感を大切にしてください。
「美味しく食べられるもの」その食物があなたの体が必要としているものである事が多いです。

 

 

岡田厚生堂薬局  春におすすめの漢方薬  岡田厚生堂薬局

イスクラ逍遙丸 加味逍遙散エキス顆粒 イスクラ酸棗仁湯顆粒 キヨーレオピン
イスクラ逍遙丸
(しょうようがん)
[第2類医薬品]
加味逍遙散エキス顆粒
(かみしょうようさん)
[第2類医薬品]
イスクラ酸棗仁湯顆粒
(さんそうにんとうかりゅう)
[第2類医薬品]
キヨーレオピン
湧永製薬(株)
[第3類医薬品]

 

肝気と肝血を十分に満たし、また気の流れを良くすることで、春を穏やかに過ごすことが健康の秘訣です。

あなたのもともとの体質や今の症状を的確に分析し、中医学を適応することで、あなたにベストな漢方薬をおすすめすることができます。

何事も早め早めの対応が大切です。
お気軽に岡田厚生堂薬局へご来店・ご相談ください!

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

心神不安

2011/04/04

 

地震?!
常に揺れている感じがする・・・

2011年3月11日、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生しました。
度重なる余震や放射能汚染に対する恐怖や不安を抱えていらっしゃる方に
是非読んで頂きたいと思い、記事にしてみました。

 

 

「地震ではないのに、体が揺れている感じがする」
「不安で眠れない、眠りが浅くなった」

こうした感覚とともに耳鳴り・めまい・動悸・頭痛といった症状が表れてきます。

でも大丈夫です!
中医学の知恵を借りれば、ちょっとの工夫で乗り越えられます。
ひとりで悩まず、無理をせず、是非この文章を参考にしてみてください。

 

不眠

 

岡田厚生堂薬局  思い込みすぎなの・・・?

毎日、原発関連のニュースが流れ「すぐに健康に被害がでるものではない」という日本政府の見解に対して、国際原子力機関(IAEA)評価では最悪の「レベル7」、収束の目処が見えない状態で、国民が不安になるのは当たり前、決して思い込みすぎではありません。

「地震はいつまたくるのか?」
「津波は大丈夫だろうか?」
「放射能汚染はどのくらいの影響があるのか?」
「仕事はいつから復帰できるのか?」
「農作物は売れるだろうか?」

地震も放射能も先行きも、目にみえないゆえ、余計に不安が増大します。
こうした不安が募ると、体にも影響が出てきます。

 

岡田厚生堂薬局
岡田厚生堂薬局  揺れている感じがして落ち着かない。
岡田厚生堂薬局  ちょっとの揺れに敏感になる。
岡田厚生堂薬局  なかなか寝付けない。
岡田厚生堂薬局  眠りが浅い。
岡田厚生堂薬局  夢が多く寝た気がしない。
岡田厚生堂薬局  耳鳴りがする。
岡田厚生堂薬局  耳がぼっ~とする。
岡田厚生堂薬局  頭痛がする。
岡田厚生堂薬局  動悸(胸がドキドキ)がする。
岡田厚生堂薬局  紅い斑点がももやうでの内側に出る。

中医学ではこの状態を引き起こす急性のストレスを心神不安(しんじんふあん)といいます。

 

 

岡田厚生堂薬局  心神不安(しんじんふあん)

心神不安は、(しん)(かん)が関係した肝気上衝心包と解きます。

【心(心臓)は神(精神)を蔵し司る】といわれており、心神が安定していれば、精神活動が安定し五臓も元気!ですが、心神が不安定になると精神活動が不安定になり、特に肝気・腎・陰血に影響を与えます。

よって、肝の気をめぐらせてあげること、腎の機能を正常化すること、陰血を補い、流れをめぐらせてあげることがポイントとなります。

実際には、ツボを押したり、食事や漢方薬で補ったり、生活習慣を見直すことで対応できます。

尚、急性ストレスである場合は、効果が早く期待できます。
逆に放置したままにしておくと、治すのにも相応の時間がかかり難しくなってきます。

 

 

岡田厚生堂薬局  セルフケア★つぼ

おすすめのつぼは【内関】【失眠】という2つのつぼです。

いずれも左右両方(右腕・左腕、右足裏・左足裏)にありますが、ぐっと押した時に痛みの感じる方を重点的に行うと良いです。
気持ちがいいと感じるくらいの強さで、気分が悪くなる場合は控えましょう。

 

不眠つぼ内関

 

不眠つぼ失眠

 

 

岡田厚生堂薬局  セルフケア★食事

岡田厚生堂薬局  不安・心配・のぼせ・めまいにオススメの食べもの  岡田厚生堂薬局

鶏のハツ、 まぐろ、 ひらめ、 こんぶ、レタス、アスパラガス、セロリ、トマト、苦瓜、ピーマン、桃、イチゴ、 はすの実、竜眼肉、ローズヒップティー、ジャスミンティー      など。

 

岡田厚生堂薬局  イライラ・ストレス・躁鬱にオススメの食べもの  岡田厚生堂薬局

牛肉、鶏レバー、アサリ、キャベツ、セロリ、春菊、ちんげんさい、玉ねぎ、紫蘇、ぶどう、金柑、干し椎茸、酢、カモミールティー、ミントティー      など。

 

 

岡田厚生堂薬局  就寝前に避けたいこと  岡田厚生堂薬局

就寝時間3時間前には、神経を刺激することは避けましょう。

例えばテレビや本、本を読むと眠くなる方もいますが内容にもよります。

ドキドキハラハラするミステリーや怪談など、脳を刺激するものは避けましょう。

また、おなかがいっぱいになると眠くなる人もいます。

しかしこれは、「血液が胃の消化活動に集中するため」の現象です。

胃の消化活動中に眠りについた場合、体は食べものの消化に集中しますので、体は起きている状態。
眠りは浅くなります。

夕食は就寝3時間前までに摂りましょう。

あとは、体を温めて緊張をとり、時間に余裕をもってベッドに入ること。

寝る前にノンカフェインの香りの良い温かいお茶を飲むのもオススメです★

 

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの漢方薬  岡田厚生堂薬局

心神不安でよく使われる漢方薬には以下のようなものがあります。

  酸棗仁湯顆粒(さんそうにんとうかりゅう)
  温胆湯エキス顆粒(うんたんとう)
  帰脾湯(きひとう)
  苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
  補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
  抑肝散(よくかんさん)
  杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
  シベリア人参茶

これらは一例ですが急性のストレスにおいては早く効果が表れます。

※漢方薬は医薬品です。
ひとりひとりの症状や状態によって対応する漢方薬が違ってきますので必ず専門スタッフにご相談のうえ上手に活用しましょう!

不安不眠、リラックス

 

一人で無理をする必要も、我慢する必要もありません。
なんでもお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

運動不足、精神的ストレスと忙しすぎる生活の害

2010/04/04

 

2010年4月        

今回は運動不足→過度の安逸(あんいつ)、そして精神的ストレスと過労・忙しすぎる生活の害について記して行く事と致しましょう。

まず第一に運動不足は人体にどの様な害を持たらすか、という事ですが、結論から言えば運動不足 → 気・血・津液(き・けつ・しんえき)の停滞と、脾虚(ひきょ=脾胃機能の低下)をもたらすという事になります。

 

中医学(中国漢方)では人体は気(き=人体や内臓を働かせるエネルギー)、血(けつ=血液)、津液(しんえき=血以外の体液)、精(せい==人体をつくり出す根源のエネルギー)で構成されていると考えておりますが、 運動不足はこの中の気血津液の流れが停滞する事と、食物から気・血をつくり出す脾胃(消化系統)の機能低下を人体にもたらす事となるので、 体力・抵抗力の無い、疲れ易い、元気のない体が形成されるという事になります。

俗に「流れない水は淀む」、又「開け閉めしない戸はきしむ」ということが言われておりますが、運動不足はその様な事が人体で起こっている、 と考えればその害が容易に理解されるでしょう。

 

次に精神的ストレス・忙しすぎる生活の害について考えてみましょう。
これも結論から言うならば、

【ストレス】→ 肝気郁結(かんきうっけつ)と脾胃・肺の失調、気血津液の停滞。
【過労】→ 気血を消耗、長引くと心肝腎を損傷。

という事になるのでありますが、わかりやすく言うと、ストレスを受け続けていると肝臓の気がうっ結し、その影響が脾・胃・肺に影響を与えるという事です。

 

脾・胃・肺が肝気郁結の結果、影響を受けるとどの様な症状を起こすか、脾胃が影響されると胃痛、嘔吐や下痢、食欲不振などの症状を起こすのであり、肺が影響を受けると肺の機能が低下し、ストレス性の咳が出る様になる、といった症状が起こってくるのであります。

一方過労の弊害はエネルギー源である気血が消耗され、その量を減らし、長引くと心肝腎といった臓まで影響して回復し難くなるといった病気の芽をつくって行くのであります。

ともかく現代の日本人の生活状況を見てみますと、文明の進歩を享受する一方、肥甘厚味、生冷過食、冷飲・多飲などの間違った食生活を平気でしている事と、忙しすぎる生活、 又逆に運動不足などにより、体が信号、或いはサインを送っているにも拘らず体の声を聞かない、聞く耳を持たないという養生思想の欠如を感ぜずにはいられないと思うのであります。

最後にストレスということで今多くの人は

 

【1】「自分の思うようにならない」事でイライラする。
【2】「今さらどうしようもない」事をいつまでもあれやこれやと思い悩む。

 

といった状態にある様に思えるのですが、このことを中医学から考えれば、
【1】は肝を傷る(やぶる)、と言って肝臓の生理機能を損い、 【2】は脾を傷る、と言って消化系統の生理機能を損うので、どちらにしても人体にひずみが生じ、それがもとで生活習慣病の芽を形成して行く事が予想されるので、良くありません。

「ストレスは喜び感謝の気で治り、有難いと思う心にストレスなし。」とある人が言っておりましたが、現代ストレス社会に生きる私たちには正にその様な心掛けが必要でしょう。

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP