‘ドライシンドローム’ タグのついている投稿

秋は乾燥の気に注意

2012/10/01

 

2012年10月        

10月となりました。
天高く、馬肥ゆる秋です。行楽に、スポーツに、最適の季節です。

健康面からいうと、肺に弱点をもっている方にとっては注意が必要な季節です。

 

中国医学で肺というと、鼻・咽・気管支・肺臓、そして全身の皮膚までを含み、指します。

従って肺だけでなく、鼻・咽・気管支・皮膚の不調や病気は、肺系統の病気と考えるのです。

気管支炎・気管支喘息・急性扁桃炎・アレルギー性鼻炎・蓄膿症・アトピー性皮膚炎などは肺の病気と考えるのです。

 

秋は以上に挙げた肺系統の病気が発症しやすく悪化しやすい季節といえます。

それでは全ての体質(タイプ)の方が秋の乾燥の気に要注意かといえば、必ずしもそうではありません。

 

1.血虚タイプ
2.オ血タイプ
3.気虚タイプ
4.気滞タイプ
5.陰虚タイプ
6.陽虚タイプ
7.痰湿タイプ

 

上記のうち、最も秋の乾燥の気に弱いのは陰虚タイプです。陰虚タイプの方は陰液の不足(虚)、つまり体の潤いが不足しているタイプです。

 

「のどが渇く」「寝汗をかく」「掌や足の裏が火照る」「肌が乾燥する」といった症状が表れやすいといった特徴があります。また、心身共に過労気味の方や、糖尿病の方にもこの陰虚タイプの方が多く見受けられます。

 

このタイプの方が秋の乾燥の気に最も注意が必要なのです。そしてこのタイプの方には秋の潤いを補給する食生活が大切です。新鮮な野菜や果物、梨や柿、ゆり根、大根、ハチミツといった肺を潤す食べものや、クコの実、白きくらげ、ゴマ、山芋、オクラなどを積極的に摂ると良いでしょう。

ということで、最後に秋の季と人体との関係を中医学的にまとめてみましょう。

 

■ 秋は物思いに沈む、悲しみの季節です。
これは乾燥しやすい大気の為かもしれない。
でも秋はすがすがしく、収穫の季節でもあるのだ。
いつも笑いと収穫の喜びを持ち、秋のように爽やかに過ごす。
冬への準備の為にも、この心持が大切といえるだろう。

 

■ カラッとした秋は肺の病気が表れやすくなる季節。
肺を潤して咳を止める『麦門冬湯(ばくもんどうとう)』
呼吸器に持病のある人は秋にも気をつけて
秋とは、五行論で言えば、悲しみと改革を意味する

 

(『四季の漢方』三浦於免著より)

 

それでは今回はこの辺で。。。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

気管支炎の漢方的対応

2012/09/01

 

2012年9月        

暑かった夏も終わり、9月を迎えました。
中国医学では夏は暑の季であり、秋は燥の季節といいます。

そして燥の気は五臓では肺(肺、気管支、鼻、皮膚などの系統)を損なう気となりますので、
平素より呼吸器系の弱い方は充分養生いたしましょう。

 

ところで秋に多くなる疾患としては気管支炎喘息などの呼吸器系疾患、そしてアトピー性皮膚炎などの皮膚科疾患などがあげられますが、今回は呼吸器系疾患の中でも比較的ポピュラーな気管支炎の漢方的対応について記していくことと致しましょう。

 

気管支炎は気管支がウイルスや細菌などの感染を受けたり、汚染された空気などによって炎症を起こしたものとされていますが、現代医学では風邪などに伴って一時的に起こる急性気管支炎と、長期にわたり繰り返して起こる慢性気管支炎とに分類をしております。

 

しかし、中国医学では特に急性慢性を区別せず、患者本人が持つ正気(自己治癒力)と正気を損なう外邪(風・寒・暑・湿・燥・火)、そして痰湿(痰濁の停留)などの病邪との関わりなどにより、その対応方法を分類しているのです。

 

このように中国医学では、何の邪が肺を犯しているのかを見極めることが大切で、咳や痰の様子が、その大きな判断基準になります。

 

一般的には急性気管支炎では風寒犯肺(ふうかんはんはい)風熱犯肺(ふうねつはんはい)、慢性気管支炎では痰湿阻肺(たんしつそはい)燥熱犯肺(そうねつはんはい)の型が多くみられます。

 

気管支炎の原因を細菌やウイルスに求めている現代医学に対し、自然界に起こる邪気、体内で派生する病邪などにその原因を求める中国医学の違いがある訳です。

ということで、次に各証型にはどのような漢方薬で対応するのか記してみることといたしましょう。

 

岡田厚生堂薬局  風寒犯肺(ふうかんはんはい)型
麻黄湯(まおうとう)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう):薄い鼻水が多い場合等

 

岡田厚生堂薬局  風熱犯肺(ふうねつはんはい)型
麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、麻杏止咳顆粒(まきょうしがいかりゅう)等

 

岡田厚生堂薬局  痰湿阻肺(たんしつそはい)型
香砂立君子湯(こうしゃりっくんしとう)+平喘顆粒(へいぜんかりゅう)等

 

岡田厚生堂薬局  燥熱犯肺(そうねつはんはい)型
麦門冬湯(ばくもんどうとう)、潤肺糖漿(じゅんぱいとうしょう)等

 

各証型に対する漢方での標準対応は以上のとおりですが、詳しくは私共によくご相談ください。

 

それでは最後にこの季節の養生法としては、どのようなことについて注意すれば良いのか記してみましょう。

ポイントとしてはこの時期は夏の疲れが残っており、体力が消耗しているということ、気候が変わり燥邪に犯されやすい季であること、の2点です。

夏の疲れによる体力消耗には脾胃の機能を回復する事です。
冷たいものの摂り過ぎ、水分の摂り過ぎに注意することと、脂っこいものや味の濃いものを控えて、脾胃の機能を回復しておくことです。

また、肺が燥邪に犯されないようにするには、ナシ・ビワ・銀杏など、旬の果物や野菜や麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)で穏やかに肺を潤しておくこと、滋養強壮剤のレオピン類などでパワーを補給しておくと良いでしょう。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

季節(秋)と病気

2010/09/05

 

2010年9月        

暑かった8月を終え、9月を迎えました。

今年の夏の特徴は「熱中症」に罹った人が殊の外多く、異常な夏であったということです。

東洋医学的に言えば暑気(普通の暑さ)が暑邪(異常な暑さ)に変わり、その邪気が多くの人の体を犯した、ということになるでしょう。

 

人体に与えた影響の多かった8月を終え、9月に入ると自然のサイクルは「暑(しょ)」から「涼」そして「燥」の季節に変わります。 つまり涼しく、乾燥の季節となるのです。

 

「暑」が「心」を損うのであれば「燥=乾燥」は肺の機能を損います。東洋医学で言う「肺」は肺の系統という事で肺臓、気管支、鼻、皮膚などの系統の働きを言いますので、東洋医学で肺と言った場合、単なる肺臓のみを言っている訳ではありません。従って秋は肺の疾患、例えば喘息、そして鼻の疾患、例えばアレルギー性鼻炎、皮膚の疾患、例えばアトピー性皮膚炎などの症状が悪化する季節と言える訳です。

 

ところで当店で長年に渡りお客様、患者様に喜ばれている滋養強壮剤に「レオピン」という製品があります。レオピンはその内容の違いにより「キヨーレオピン」、「レオピンファイブ」、「レオピンロイヤル」という種別があるのですが、いずれも主剤が熟成されたニンニクの抽出液でこの特殊な製法で出来たレオピンは他に類はあっても比するものはありません。その位の優秀性を持った製品なのです。このレオピンが実は秋出やすい疾患である喘息、鼻炎、アトピーなどの体質改善に良いのです。

 

東洋医学で、ある薬物(食物)はある内臓を強化するという理論があります。専門的には薬物の「帰経(きけい)」という理論なのですが、その帰経理論によると大赫(ニンニク)は肺経、脾経に入り、肺・脾の作用を強化するという事になっているので肺系、脾系疾患の改善にレオピンが有効であるということが言える訳です。

 

という事で肺系が弱い方及び、肺系の疾患をお持ちの方は今からレオピンをお飲みになる事をお勧めします。今からお飲みになると現在の症状にも有効であるとともにこれからでるであろう症状、つまり冬場の風邪等に対しても肺系、脾系を強化した丈夫な体へと生まれ変る事が期待できるのです。

 

是非お試しになられては如何でしょうか。
最後に以上の事を分り易く図示しておきますのでもう一度みてみて下さい。

 

    ―  燥邪(そうじゃ)  →  肺(呼吸器官、鼻、皮膚を冒す)
           →  肺の陰液(いんえき)不足  →  (喘息、咳、鼻炎、皮膚炎の悪化)
           ←  レオピン(肺、脾の機能を高め、抵抗力、免疫力を増強)

 

  肺の生理
1.気を主り、呼吸を主る。
    宣発(せんぱつ)と粛降(しゅくこう)を主る
    (宣発-気を外方、上方へ、粛降-気を内方、下方へ向かわせる作用)。
    水の行り(めぐり)を主る。

2.
岡田厚生堂薬局

 

レオピンの最大のこだわりは“熟成”。なぜニンニクを熟成させたのか?

 

ニンニクは抵抗力増強などの有効性がある反面、胃粘膜を刺激するなどのデメリットも持ち合わせています。
そこでメーカーである湧永製薬では、約2年もの間ニンニクを熟成させ、ニンニク特有の不快臭、刺激性を軽減し、有効性と安全性の高い「熟成ニンニク抽出液」を開発しました。

 

ちなみにこの熟成ニンニク抽出液の製造法は1991年科学技術庁長官賞を受賞しております。

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP