‘不妊症’ タグのついている投稿

赤ちゃんを育むベッド子宮

2015/11/11

 

赤ちゃんを育む場所はどこでしょうか・・・?

そう、子宮です。

貴方のおなかは温かいですか?
触ってみましょう。

赤ちゃんが育まれるベッド=子宮、子宮は冷えを嫌います。
子宮を冷えから守り、ふかふか柔らかくあったかいベッドを作ってあげましょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  子宮が冷えているとこんな症状が・・・

岡田厚生堂薬局  顔色が悪い
岡田厚生堂薬局  貧血、立ちくらみがある
岡田厚生堂薬局  肩こりがある
岡田厚生堂薬局  手足がむくみやすい
岡田厚生堂薬局  寝つき、寝起きが悪い
岡田厚生堂薬局  お肌のトラブルが多い
岡田厚生堂薬局  頭痛がある
岡田厚生堂薬局  重い生理痛
岡田厚生堂薬局  PMS(月経前症候群)がある

 

 

岡田厚生堂薬局  子宮が冷える原因

子宮が冷える原因はひとりひとり違いますが、運動不足、極端なダイエット、栄養の偏り、自律神経の乱れ、加齢によるものなどが挙げられます。

子宮が冷えている状態を中医学では主に血虚(けっきょ:血が足りない)、おけつ(血の流れが滞っている)、腎虚(腎の機能低下)の状態と考えます。子宮の冷えの場合、血虚・おけつ・腎虚はそれぞれ単独というより複合的に関係していることが多く、ひとりひとりの状態に合わせて対応していきます。

 

 

岡田厚生堂薬局  血虚(けっきょ:血が足りない)
岡田厚生堂薬局血虚の方は、髪の毛が細くて抜けやすい、唇や爪が白っぽい、めまい・動悸・立ちくらみがある、睡眠が浅い、生理の量が少ない、といった症状が表れやすいです。

血が足りない状態ですので、しっかり養血していきましょう。おすすめの食べものは、地鶏・レバー・なつめ・大豆製品・人参などです。

単食ダイエットや食事抜きのダイエットは血虚タイプの方へは向きません。

栄養バランスの良い食事を摂り、適度に運動し、夜更かしをしないことが大切です。

 

★代表的な漢方薬★
イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、イスクラ参茸補血丸(さんじょうほけつがん)など。

 

 

岡田厚生堂薬局  おけつ
岡田厚生堂薬局おけつの方は、顔色が黒っぽい、重い生理痛、生理に血の塊が混じる、頭痛や肩こり、めまい立ちくらみ、あざができやすく治りにくい、しこり、くま、といった症状が表れやすいです。

冷たいものや生もの、油脂分の高いもの、肉類の飲食は控え、腹八分を心がけましょう。

お酒は控え、たばこはやめましょう。血のめぐりを良くする食べ物は、血液の流れに良いのは、イワシ・サバ・アジ・玉ねぎ・らっきょうなどです。

そして、ストレスは血のめぐりを悪くします。
友達とのお買い物、趣味、カラオケ、旅行など、上手に発散させ、溜め込まないようにしましょう。また、帰宅時に一駅歩く、朝散歩する、などよく体を動かして、出来れば毎日続けられる簡単な運動をしましょう。

 

★代表的な漢方薬★
イスクラ冠元顆粒(かんげんかりゅう)、田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)、爽月宝(そうげつほう)など。

 

 

岡田厚生堂薬局  腎虚(じんきょ:腎の機能低下)
岡田厚生堂薬局腎虚の方は、手足や腰が冷える、冷えるとおなかや腰が痛くなる、汗をかきにくい、生理中に腰にだるさや痛みがある、不安感や心配事が尽きない、尿の出が悪い、耳鳴り、といった症状が表れやすいです。

水分の取りすぎや冷たいものの飲食は控えてください。

腎を補う黒米・黒豆・黒ごま・黒きくらげ・ひじきといった黒い色の食べものや、ナッツ類・朝鮮人参・うなぎ・羊肉を積極的に採りましょう。

また、睡眠不足はいけません。
必要な睡眠時間には個人差がありますが、23時には就寝し、6~8時間の十分な睡眠をとるよう心がけてください。

 

★代表的な漢方薬★
イスクラ双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)、イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)、イスクラ至宝三便丸(しほうさんべんがん)など。

 

 

岡田厚生堂薬局  子宮の冷えが不妊症の原因に・・・

10代~20代の頃は、おしゃれで薄着をしたり、おなかを出していたり、体の冷えに無頓着でもまだ元気でいられたかも知れません。

ただ、そうしたツケはあとにあとに回ってくることも今では皆さんご存知だと思います。

赤ちゃんを授かり、育むベッド、子宮は、やはり柔らかくふかふかに温かくしておいたほうが良いです。

 

あなたにピッタリの冷え対策をご案内致します。赤ちゃんを望まれている方、病院の治療と漢方薬を併用するといった方法もあります。詳しくはご来店、ご相談にいらしてください。

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

からだと心を整える

2015/06/03

 

中医学(中国漢方)の子宝相談において、赤ちゃんが欲しい女性へは周期法という妊娠しやすい体づくりをご提案しています。

生理がきた日から、次の生理がくるまでを1つの周期として考えます(28日間前後が一般的です)。

そして1つの周期を「生理期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」と4つの期間に分けて対応していきます。(★「周期法とは?」も併せてご一読ください★)

 

周期法

 

基礎体温表があまりにも乱れていたり、他に気になる症状があると判断すれば、周期法を適応する前に、まず、からだと心をある程度整えておく必要があります。といいますのも、カラカラの大地に例えばひまわりの種をまき、水や日光を与えても芽がでないのと同じで、新しい命を授かり育てるにあたってはそれなりの準備が必要になってくるからです。

そして「なぜ心も?」と聞かれることもありますが、中医学の基礎の考え方、陰陽五行論には最初から「肝(木)」「心(火)」「脾(土)」「肺(金)」「腎(水)」とあるとおり、心も重要な五臓のひとつだからです。中医学でいう「心」は臓器としての心臓という意味だけでなく、精神・意識・思考といった「こころ」の働きも含んでいます。例えば、不眠・不安・焦燥感といった「こころ」の症状は『心血の不足』によるものとして説明されています。

中医学では、五臓、つまり全体の働きがバランス良く整ってこそ健康である、何か症状があればどこかのバランスが崩れている、と考え、対応します。

赤ちゃんを望まれている方は、新しい命を育めるよう、からだと心を整えていきましょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  陰と陽

中医学では、基礎体温表の排卵期を境に体の中の陰と陽が大きく変化する、と考えます。

生理期は「瀉陰」卵胞期は「陰長」で、ともに陰です。排卵期が「重陰転陽」で、ここで陰から陽へ転化し、黄体期が「陽長」で陽ですが、最期4日ほどが「重陽転陰」でまた陰へ転化していきます。

陰と陽はどちらか片方だけでは存在し得なく、またお互いがお互いを影響しあう関係にあります。日蔭が陰で日向が陽、アルコールランプのアルコールが陰で燃えている炎が陽です。陰がなければ陽も存在しません。

つまり、生理期・卵胞期が順調でないと次にくる黄体期も影響されて不調になる、生理が整えば、黄体期も整ってくるという循環が繰り返されるということです。

からだと心が整ってから妊娠すると、妊娠経過が順調で産後のひだちも良く、その母体から生まれた赤ちゃんも極めて元気、という点も大きなメリットといえるでしょう。

周期法を用いたからといって、どなたでも確実に100%妊娠するとは言えません。しかし、妊娠しなかった場合でも、からだと心の状態が今までより良くなることは確かです。

周期法はまた、病院での不妊治療と併用ができ、漢方薬や食養生、生活養生法がプラスに働く場合が多く見受けられます。

実際に今まで原因不明といわれていた方や、数々の不妊治療を行っていらっしゃったご夫婦が、中医学との併用により自然にスムーズにお子様を授かったというご報告をたくさん頂いております。

健康なからだと心を作ることが赤ちゃんを授かる前のママとパパに必要です。まずはゆっくりとお話を伺わせていただき、ご夫婦のからだと心を整える方法をご提案させていただきたいと思っております。ご予算に関しましても遠慮なくご相談ください。親身にご相談をお受けいたします。

 

 

岡田厚生堂薬局  高齢出産?気になる方は・・・

まず、今このページを読んでいる貴方が今すぐ取りかかれる方法は食養生です。オススメの食材は黒い食べものです。

 

黒い食べもの

 

黒米・黒ごま・黒豆・ひじき・黒きくらげ・焼き海苔など、黒い色の食べ物は成長・生殖を司る腎の力を補ってくれます。妊娠力アップに大いに役立ちますので、食生活に積極的に取り入れてみましょう。

また、五黒といって黒い食材をふたつみっつ組み合わせるのが上手な食べ方です。

山芋や納豆も腎の力を補いますので、ひじき煮にとろろをかけたり、納豆に焼き海苔と黒ごまをかけて食べるなど、組み合わせていきましょう。

 

 

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

不妊治療のいまAIH・IVF-ET・ICSI

2015/04/30

 

不妊症の治療には、大きくAIH(またはAID)、IVF-ET、ICSIといった方法があります。それぞれの特徴について記してみたいと思います。

 

人工授精、体外受精、顕微授精

岡田厚生堂薬局  AIH

AIH(Artificial Insemination by Husband)とは配偶者間人工授精のことで、採取した精子を子宮に直接注入する方法です。

配偶者以外の場合は、AID(Artificial Insemination by Donor:非配偶者間人工授精)といいます。

日本では1948年、慶應大学病院でAIDをスタート、1949年に初めての成功例、現在では年間約1万人が人工授精で生まれているということです。

AIHでの妊娠率は8~10%、これを20%に引き上げる為に併用するのが排卵誘発剤です。

排卵誘発剤の副作用には、卵巣過剰刺激症候群(卵巣が腫れて腹水や胸水がたまったり、尿が出にくくなったり、血液が濃くなり血栓ができたりする)、多胎妊娠などがあります。

また、3周期続けて行う場合も多く、3回までもしくは5回までが限界と説明されると思います。その理由は、排卵誘発剤により高リスクとなる多胎になる可能性が高くなること、AIHを続けて行うと抗精子抗体が2次的に作られる可能性が高くなること、4回以上AIHを行っても妊娠に至る確率が上がらないこと、などが挙げられます。

 

岡田厚生堂薬局  IVF-ET

IVF-ET(In Vitro Fertilization – Embryo Transfer)とは、一般的に体外受精と呼ばれており、体外受精・胚移植のことです。

媒精は、採取した卵に精子をふりかけて、精子が自然と入っていくのを待つ方法で、1個の卵子に対し10万~20万の元気な精子が必要になります。成功した受精卵を、培養し分割させた後、子宮内へ移植します。

子宮内に移植する受精卵は原則1個です。2個以上のほうが当然妊娠率が高まりますが、多胎リスクも高まります。

1978年にイギリスで初めて体外受精児が誕生して以来、全世界で急速に普及し、日本では1983年に初めての成功例、現在では年間約1万8千人の赤ちゃんが体外受精によって生まれています。

 

岡田厚生堂薬局  ICSI

ICSI(intracytoplasmic sperm injection)とは、顕微授精(細胞質内精子注入)のことで、顕微鏡で観察しながら、採取した卵に採取した精子を直接注入して受精卵をつくる方法です。

最初のヒトでの受精確認は1988年、妊娠例は1992年(日本では1994年に最初の出産、以降1995年から実施数が増える)、と、比較的新しい体外受精の方法です。

その為、ICSIで出生した子がまだ生殖年齢に達しておらず、生まれてきた子どもの安全と健康について、次世代への影響について、未解決のままですが、世界的にもICSIの実施が増加しているとのことです。

その背景には、男性不妊の増加があるのではないでしょうか。

ICSIでは、卵子に直接精子を注入するので、卵1個に対し精子1個で良いのです。つまり精子が少ない状態、精子の運動率が悪い場合でも受精卵を作れる可能性が高いということです。

本来は受精能力のない精子、未熟な精細胞、DNA損傷などの精子機能を無視して授精が可能なこと、これらもきちんと理解して行うことが望まれます。

 

  人工受精
AIH
体外受精
IVF-ET
顕微授精
ICSI
適応例 セックスレス、勃起障害、卵管閉塞、免疫性不妊、精液量・精子濃度・精子数が少ない、など。 卵管閉塞、閉塞性無精子症、射精障害など。AIHで妊娠に至らなかった場合など。 乏精子症、精子無力症、精子奇形症など。IVFに必要な運動精子数が得られない、IVFで受精卵ができない場合など。
方法 体外にて採取した精子を、人工的に子宮に注入し体内受精を促す。 採取した卵子に、採取した精子をふりかけ、受精卵が出来るのを待つ。受精卵ができたら培養して子宮に戻す。 採取した卵子に、採取した精子を顕微鏡下で注入する。受精卵ができたら培養して子宮に戻す。
懸念事項 多胎率が高まる。流産・早産・奇形・胎児死亡・脳性麻痺の発生率が双胎では単胎の4~5倍、3胎は単胎の10倍といわれている。 一部の報告によると自然妊娠に比べ3割以上異常が起こる確率が高まる。 染色体異常、奇形率、異常遺伝子の次世代への影響、未確認のリスクなど。

 

 

岡田厚生堂薬局  不妊治療のリスク

人工授精も、体外受精も、顕微授精も、メリットと同様にリスクの説明をキチンと受けて理解して望まれると良いと思います。

採卵時出血や感染、卵巣過剰刺激症候群、流産、異所性妊娠、多胎、染色体異常、或は未確認のリスクです。

また、不妊治療、外科手術は、心身に大きな負担をかけます。

その負担を軽減する為にも、万全の心身で妊娠の確率をあげる為にも、不妊治療と中医学(漢方薬・食養生・生活養生・鍼灸など)との併用は、最善の策となることをわたしたちは知っています。

どうぞ、お一人またはご夫婦で抱え込まずにお気軽にご相談にいらしてください。あなた方ご夫婦に最善のご提案を差し上げます。

 

不妊治療はご夫婦で

 

岡田厚生堂薬局  不妊治療中の養生法

岡田厚生堂薬局  穀類・旬の野菜・肉・魚、バランスの良い食事を摂りましょう

岡田厚生堂薬局  外食やコンビニ食、冷凍食品、お酒は控え、タバコはやめましょう

岡田厚生堂薬局  ヨガや太極拳、ストレッチを日課にしましょう

岡田厚生堂薬局  癒しの時間、ほっとする時間、思い切り笑える時間を一日一回はつくりましょう

岡田厚生堂薬局  寝不足、過労は厳禁、適宜休息をとって溜め込まないように

岡田厚生堂薬局  できるだけ大気汚染のない環境で暮らしましょう

 

 

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

可愛い女の子生まれました!

2015/04/01

 

2015年4月        

可愛い女の子生まれました!

 

岡田厚生堂薬局  平成○年9月○日

35歳女性、結婚一年。
生理周期は正常で、生理痛もありません。
血塊はなし、生理の量が少ない、卵管検査は正常、フーナ検査が異常という検査結果でした。

まず、基礎薬として婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)を4mg×2回、全周期に適応、参茸栄衛丸(じんじょうえいえいがん)1/2丸×2回でご提案差し上げました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成○年9月○日

生理量が増えて、とても調子が良いとのことでした。
双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)1/2丸×2回、海馬補腎丸(かいばほじんがん)5丸×2回、二至丹(にしたん)3錠×2回をおすすめ致しました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成○年11月○日

季節が変わり、この頃冷えるとのことでした。
参茸栄衛丸(さんじょうえいえいがん)、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)4丸×2回、帰脾湯(きひとう)1包×2回をご提案差し上げました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成○年12月○日

ご来店時、高温期に入っていました。
おりものが多い、とのこと。同じ漢方薬を続けて頂くようご提案致しました。

 

 

その後、体調やBBTに合わせて漢方薬を組み替えながら、服用を続けていただいた結果、初めてのご来店より1年半後、病院で採卵し、1ヶ月後に移植、移植1か月後に着床しました。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は出産されるまで継続いただき、無事に3150gの女の子を出産いたしました(*^^*)

本当におめでとうございます!!
これからも、お子様やご家族のお悩み、アンチエイジングにも、お気軽にご相談にいらしてくださいね(^^♪

健やかなご成長を心よりお祈りしております★

 

 

岡田厚生堂薬局 子宝漢方相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局
岡田厚生堂薬局 ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください 岡田厚生堂薬局

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

▲TOP     

 

 

元気な赤ちゃんは元気から

2015/02/19

 

貴方は「お元気ですか?」と問われて

「元気!元気!もぉ~、すごく元気です!!」

と、答えられますか?

 

気虚ききょ

こんな症状ありませんか・・・?

1  元気がない

1  疲れやすい

1  倦怠感

1  汗をかきやすい

1  食が細い

1  声が小さい

1  動くとすぐ息切れする

1  風邪をひきやすい

1  生理が遅れ気味

1  不正出血がある

 

元気がない状態を、中医学では気虚(ききょ)(気=エネルギー、が足りない)といいます。これらは全て、気虚(ききょ)の特徴的な症状です。

 

気虚(ききょ)は、最初は軽い症状のように感じますが、生命エネルギーが足りない状態なので、もちろん元気な赤ちゃんを望んでいる方の妨げになります。また、次第に溜息が多くなり、胃のつかえ感、イライラや鬱といった情緒不安定などの症状が特徴の気滞(きたい)となったり、血の流れが滞るオケツ状態を引き起こし、様々な病気の原因になったりします。

残念ながら、大抵の不妊治療は、プレッシャーやストレスと無縁というわけにはいきません。

「あんまり気にしないように」「考えすぎないように」と言われても、土台無理な話です。

悲しみで泣き続けたり、気が滅入ったり、元気がなくなっていったり、不妊治療期間が長くなればなるほど「元気です!」と胸張って言える日が少なくなっていくのが自然です。

 

 

岡田厚生堂薬局  どうすれば元気になれる?

 

岡田厚生堂薬局  食べものから元気を頂く

気は食べものから作られます。
気虚の方はたくさん食べられない方が多いので、食べものの質に注目すると良いでしょう。

豊沃な土壌で育った穀物や野菜と、貧弱な土壌で育ったそれとは味もエネルギーも違います。

同様に元気な肉や魚を選ぶと良いでしょう。エネルギーが溢れている食べものがどれか迷ったら、季節の旬のものを食べると良いでしょう。

 

岡田厚生堂薬局  補気の食べもの  岡田厚生堂薬局

牛肉、鶏肉、エビ、うなぎ、山芋は即効性の高い補気の食べものです。

他におすすめなのは、補気・健脾のさつまいも、かぼちゃ、豆類、ネギ、きのこ類です。

あわ・ひえ・きびなどの雑穀をお米に混ぜて毎日頂くのも良いでしょう。但し玄米は消化が悪いので避けると良いです。

 

 

岡田厚生堂薬局  元気を作るライフスタイル

過労・睡眠不足・寝すぎ・過剰な性生活は、気を消耗します。

また、日中も根をつめずに小休憩をこまめにとりましょう。可能なら10分くらいの昼寝もスッキリします(たっぷり寝ると逆に疲れがでてしまいます)。

元気を作るには、自然の中で景色を楽しみながらのウォーキングやヨガ、太極拳などが最適です。疲れを感じない程度にはじめて徐々に筋力をつけて長く続けると元気になってきます。特に太極拳の呼吸法を覚えると、精神的な安定にも役立ちます。

 

 

岡田厚生堂薬局  オススメの漢方薬

補気薬としてポピュラーなのは、人参、黄耆、白朮、党参、山薬、甘草、大棗、飴膠。(人参は、通常高麗人参を指します。高麗人参は体を温める作用、西洋人参「香西洋参」は体を冷ます作用があります。自分の証に合ったものを選びましょう。)

これらの生薬で構成された漢方薬には、補中丸(ほちゅうがん)、六君子湯(りっくんしとう)、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)、麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、衛益顆粒(えいえきかりゅう)などがあります。

体質や症状だけでなく、あなたの証にあった漢方薬を選びましょう。服用の際には、どうぞ岡田厚生堂薬局へお気軽にご相談くださいませ。

★あなたの体質に合った漢方薬、養生法をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP