‘体外受精’ タグのついている投稿

体外受精・人工授精

2017/06/06

 

体外受精・人工授精不妊治療の最前線である体外受精を受けている方々が増えています。

人口受精は保険適応される項目も一部ありますが、体外受精ではほとんどが保険適応外であるため、高額な費用がかかり、また女性の体(男性の心身にも)に負担をかけることが多く、排卵誘発剤をはじめとする多くのホルモン剤による副作用の心配もあります。

中医学(中国漢方)では、そもそも一ヶ月に1個の卵しか作れない卵巣に、一度に複数の卵子を作らせることはかなりの消耗になると考えています。

毎回複数の卵子を作っていくうちに、卵巣は疲れ、だんだん良質な卵子を作れず採卵が困難となってきます。

こうなれば子宮内膜もなかなか厚くならず、高温期の上昇が遅れ、期間も短くなり、卵を戻しても着床せずに失敗を繰り返すことになります。

せっかくの最先端の技術が無駄にならないよう疲労がちな卵巣を補い、体調を整えたほうが賢明です。おすすめは参茸補血丸(さんじょうほけつがん)という動物生薬が含まれる漢方薬です。他には杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)紫河車(しかしゃ:胎盤、プラセンタ)などがおすすめです。卵胞期だけでもお試し頂きたい漢方薬です。

人口授精、体外受精を受けていらっしゃるご夫婦の体調を、漢方薬で整えることによって朗報をもたらしている事は、岡田厚生堂薬局の漢方子宝相談において数多く経験しています。

是非、一度ご相談にいらしてください。

 

 

岡田厚生堂薬局  体外受精の流れ

岡田厚生堂薬局 治療の準備
体外受精についての説明を受けたり、子宮鏡検査や血液検査などを受けます。

岡田厚生堂薬局 卵巣刺激
生理開始後から、経口薬や注射薬を用いて卵巣刺激を行います。排卵誘発剤を使用して卵胞を複数育てます。

岡田厚生堂薬局 採卵・採精
成熟した卵子の排卵を促し、排卵直前の卵子を卵胞腋ごと採ります。採卵のタイミングに合わせて採精室もしくは自宅で精子を採ります。

岡田厚生堂薬局 受精、培養
卵子と精子を合わせて(媒精)、精子が卵細胞質に侵入すれば受精卵(胚)に、精子の状態が悪い場合は精子を直接卵細胞内に注入(顕微授精)します。

岡田厚生堂薬局 胚移植
胚が良好に育てば、子宮頸部から子宮内に胚を挿入します。

岡田厚生堂薬局 妊娠判定
採血や採尿で妊娠判定をします。陽性の場合、黄体ホルモンの補充薬を投与します。

体外受精・人工授精

 

 

岡田厚生堂薬局  人口授精の流れ

岡田厚生堂薬局 治療の準備
人口授精についての説明を受け、排卵誘発剤を使いながら超音波検査などを行います。

岡田厚生堂薬局 排卵日の予測
正確な排卵日を予測します。

岡田厚生堂薬局 採精
人口授精を行う当日の精子を採取し、培養液に入れて遠心分離します。

岡田厚生堂薬局 人口授精
洗浄・濃縮した後に精子の状態を検査します。検査した精子が良好であれば、子宮内に注入します。

岡田厚生堂薬局 排卵の確認
超音波検査などを行い、人口授精のタイミングが合っていたかどうか確認します。

 

 

岡田厚生堂薬局  あなたの体質にあった食生活を

人工授精や体外受精をされている方の多くは、頻繁な通院や痛みを伴う採卵や精神的負担の大きい採精、高度な技術への気待が高いために、成功しない時の強い失望感・喪失感など、心に負担をかけることが多くあります。

不妊治療中はご夫婦とも、焦りやいら立ちを抱え込まないように心の余裕を持つことが非常に大切です。

不安感やイライラを和らげてくれるオレンジなどの柑橘類、セリやセロリといった香りの良い野菜、また「シベリヤ人参茶」などの薬草茶を日頃からお茶がわりに飲まれることをおすすめします。

 

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

夫婦なかよくリラックス岡田厚生堂薬局

 

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

体外受精2回失敗

2014/10/03

 

2014年10月        

体外受精2回失敗。漢方薬1年半服用で成功!

 

岡田厚生堂薬局  平成24年○月○日

37歳の女性。

結婚9年で妊娠歴はありません。
卵管が通りにくい、ということで体外受精を2回実施したのですが、成功しませんでした。

 

生理は順調でしたが、生理前にイライラと排卵痛がありました。
また、生理がはじまってもすぐに体温が下がりませんでした。

【低温期】杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、血府逐オ丸(けっぷちくおがん)、逍遙丸(しょうようがん)
【高温期】参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、逍遙丸(しょうようがん)

それぞれの期に合わせて異なった漢方薬を服用いただくことにしました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成24年○月○日

漢方薬を服用してしばらく、排卵期に入りましたが、排卵痛がなくなりました。

高温期に補中丸(ほちゅうがん)をプラスオンして、引き続き4か月ほど同じ漢方薬を続けていただくことにしました。

ホルモン検査の結果がとても良いので、採卵をする予定だということです。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成24年○月○日

ご来店される2週間前に、体外受精をされたとのことでしたが、生理がきてしまいました。

高温期は変わらず同じ漢方薬を、低温期の漢方薬を折衝飲(せっしょういん)、柴胡疏肝散(さいこそかんさん)、六味丸料(ろくみがんりょう)にして10日服用していただくことにしました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成25年○月○日

漢方薬は最初のとおり、低温期・高温期、続けて服用いただきました。

二度、体外受精をされましたが、いずれも生理がきてしまいました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成25年○月○日

漢方薬を続けて1年と4か月目に移植した受精卵が着床し、無事妊娠いたしました。おめでとうございます!!

現在は安定期に入っています。

可愛い赤ちゃんに会える日を楽しみにしています。(*^^*)

 

 

体質や体調は、季節と同じように刻一刻と変化していくものです。
心と体の変化に合わせて、適切な漢方薬で対応していくことがとても大切です。

一人で悩まず、まずはお気軽にご相談にいらしてください。

 

 

岡田厚生堂薬局 子宝漢方相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局
岡田厚生堂薬局 ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください 岡田厚生堂薬局

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

▲TOP     

 

 

漢方薬と体外受精で待望の赤ちゃんが!

2014/06/02

 

2014年6月        

結婚10年(38歳の女性)、漢方薬と体外受精で待望の赤ちゃんができました!

 

岡田厚生堂薬局  6月

結婚10年目の38歳の女性。

卵管が左右とも狭く、とおりにくいので体外受精するしかないと診断を受けました。
来店される三か月前に体外受精をしましたが、卵子の質が悪いとのことで、成功に至りませんでした。

生理は順調で、生理痛・血塊はありませんが、生理前のイライラがあり、冷え性で排卵痛があるとのことでした。

 

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)をベースに、低温期にはプラス杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)と血府逐オ丸(けっぷちくおがん)、逍遙丸(しょうようがん)を加減して服用していただくようご提案差し上げました。

 

 

岡田厚生堂薬局  8月

漢方薬を服用しはじめて、排卵痛がなかった、とのことでした。

低温期は同じ漢方薬を継続、
高温期は上記に加えて、補中益気湯を加減して服用して頂くようにしました。

 

 

岡田厚生堂薬局  9月

とても調子が良いとのことでしたので、同じ漢方薬を継続して頂くようにしました。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は高温期だけでなく排卵期にも服用いただくようにしました。

 

 

岡田厚生堂薬局  11月

11月中旬に採卵予定であるとのことでした。
ここ最近、女性ホルモン検査数値は正常であるとのこと。

採卵までは、海馬補腎丸(かいまほじんがん)、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を加減して服用頂くことといたしました。

 

 

岡田厚生堂薬局  11月

11月中旬、予定通り採卵し、採卵した7個のうち4個が採精卵になりました。

採卵の4日後に移植されたとのこと。

基礎体温は、36℃後半です。

 

 

岡田厚生堂薬局  12月

移植後に、生理がきました。
経血の量は少なく、色は黒っぽい。生理痛はありません。

低温期には折衝飲(せっしょういん)、柴胡疎肝湯(さいこそかんとう)、六味丸(ろくみがん)を加減して服用いただくようにしました。

高温期には、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、逍遙丸(しょうようがん)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を加減して服用していただくように致しました。

 

 

岡田厚生堂薬局  12月

12月の生理後の排卵がなく、不正出血がありました。

低温期には、同じ漢方薬を継続して服用いただき、高温期には婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)をベースに服用し、低温期に杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、血府逐オ丸(けっぷちくおがん)、逍遙丸(しょうようがん)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を服用いただくようにいたしました。

 

 

岡田厚生堂薬局  2月

1月中旬に体外受精を行いましたが、その後10日後に生理がきました。

心身のバランスを整えたほうが良いと考え、逍遙丸(しょうようがん)と参茸補血丸(さんじょうほけつがん)を服用いただくようにしました。

 

 

岡田厚生堂薬局  4月

少しづつ春めいてきました。

調子が良いとの事でしたので、同じ漢方薬を継続していただくことになりました。

 

 

岡田厚生堂薬局  7月

夏になりました。

6月初旬に体外受精をされたそうですが、その後再び生理がきました。

今回は、採卵時に風邪をひいてしまったとのことなので、免疫力を高める為に衛益顆粒(えいえきかりゅう)をおすすめ致しました。

 

 

岡田厚生堂薬局  8月

この頃、ようやく基礎体温表(BBT)が二相性になってきました。

調子が良いので、引き続き同じ漢方薬を服用して頂くようにおすすめ致しました。

 

 

岡田厚生堂薬局  10月

10月の初旬に採卵、次の生理がきてから移植される予定であるとのことでした。

引き続き、同じ漢方薬を継続いただくことになりました。

 

 

岡田厚生堂薬局  12月

11月に移植しましたが、再び生理がきました。

引き続き、衛益顆粒(えいえきかりゅう)と参茸補血丸(さんじょうほけつがん)を服用いただくことになりました。

 

 

岡田厚生堂薬局  1月

1月初旬に採卵をし、体調をみて移植する予定であるとのことでした。
今回は卵子の状態もよいとのことです。

 

 

岡田厚生堂薬局  3月

2月に移植し成功いたしました。
「無事に妊娠しました」とのご連絡をいただきました。

元気な赤ちゃんに会える日を、わたしたちもとても楽しみに待っています★

 

 

体質や体調は、季節と同じように刻一刻と変化していくものです。
心と体の変化に合わせて、適切な漢方薬で対応していくことがとても大切です。

一人で悩まず、まずはお気軽にご相談にいらしてください。

 

 

岡田厚生堂薬局 子宝漢方相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局
岡田厚生堂薬局 ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください 岡田厚生堂薬局

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

▲TOP