‘免疫力’ タグのついている投稿

温活で妊活しよう!

2016/12/15

 

結婚も妊活も、昔と比べてゆっくりしているのは確かですが、不妊原因は年齢だけではないですよね。

妊娠しやすい体を作ること、また、病気になりにくい体を作る為にも老化を緩やかにする為にも、温活は役にたちますよ。女性だけでなく男性にも関係がある冷え対策、ご夫婦で一緒に取り組んでいきましょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  体の冷え以外にもこんな症状ありませんか?

岡田厚生堂薬局

1  風邪をひきやすい
1  病気や怪我が治りにくい
1  アレルギー疾患がある
1  慢性的な頭痛がある
1  慢性化した肩こりがある
1  手足がしびれる
1  肌につやがない
1  肌のくすみ、くまがある
1  刺すような生理痛がある

 

体が冷えると何故いけないかというと、体が冷えるとまず血液の循環が悪くなり、次いで気の循環も悪くなるため、体内の臓器の機能低下、免疫力低下、自然治癒力の低下につながるからです。また、代謝も落ちるので太りやすい体になりますし、ご夫婦ともに不妊の原因にもなります。

 

 

岡田厚生堂薬局  漢方の温活とは?

漢方の温活は、ひとりひとりの体質や状況にあわせて、食事や生活習慣、オリエンタルハーブティや漢方薬、鍼灸などをトータル活用し、自分で自分の体温を調整できる体を作っていくことが目標となります。

体温調整は、人間が本来もっている力ですが、冷え性の方の今現在はうまく機能してくれていません。そこでまずは、冷えを招く生活習慣を見直し、体を温める食生活をし、プラスで自然の力、漢方薬で冷えない体を目指していきます。

血の仕事のひとつに、温煦作用(おんくさよう)があります。
血が足りないと、体を十分に温めることができません。血が足りない状態=血虚(けっきょ)は栄養不足で体が滋養できない状態でもあります。食事や漢方薬で補っていきましょう。

また、筋量が少ないと基礎体温が低くなります。最近は、平熱が35℃台という方も少なくありません。基礎体温をあげる為には筋量を増やすことも重要です。

他に、腎の機能低下もあります。
漢方でいう腎は、ボイラーのような機能をもっていて、自分で自分を温める力は腎の機能と関係しています。腎の機能低下は補腎という方法で対応していきます。

 

 

温活で妊活 血を補いましょう

岡田厚生堂薬局  おすすめの食べもの  岡田厚生堂薬局
地鶏・牛レバー・竜眼肉・ナツメ・小松菜・プルーン・いちじく・ブルーベリー・くこの実・ナッツ類・大豆製品・人参・ほうれん草・人参・きくらげ・松の実・すっぽんなど。

★代表的な漢方薬★
イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、イスクラ参茸補血丸(さんじょうほけつがん)など。

 

 

温活で妊活 筋量を増やしましょう

真冬に半袖の外国の方、筋肉の量が段違いですよね。子どもの筋量も多いです。筋肉は熱を発しますから、筋量が多いと基礎体温が高くなります。

とはいえ、筋トレをしてください、というわけではありません。
おすすめはウォーキング、ヨガ、ストレッチ、太極拳などの内筋を鍛えるものです。動かない、歩かない、と筋力が落ち、後に歩けなくなります。使わないといけないんですね。

階段を使う、移動手段は自分の足にする、積極的に動き、また、姿勢や呼吸も意識してみましょう。
筋力もつき、気血の流れも良くなり、すっきりしますよ!

 

 

温活で妊活 腎の機能を高めましょう

岡田厚生堂薬局  おすすめの食べもの  岡田厚生堂薬局
黒米・黒豆・黒ごま・黒きくらげ・ひじきといった黒い色の食べものや、ナッツ類・朝鮮人参・うなぎ・羊肉など。

★代表的な漢方薬★
イスクラ双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)、イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)、イスクラ至宝三便丸(しほうさんべんがん)など。

 

温活で妊活

 

あなたにピッタリの冷え対策をご案内致します。赤ちゃんを望まれている方、病院の治療と漢方薬を併用するといった方法もあります。詳しくはご来店、ご相談にいらしてください。

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

免疫力UP!で秋美人

2014/09/15

 

免疫力UP!で秋美人
夏の疲れがどっと出て、日中は残暑の暑さ、朝夕は秋の涼しさ、寒暖差が激しい季節は、とかく体調を崩しやすい季節です。

お肌にも疲れが出ていませんか・・・?

健康に、かつ美しく!

は、女性の常の願いです。

女性に限らず人は、心も体も健康で美しくあった方が良いです。

 

免疫力が高まると・・・

1  風邪をひきにくい

1  病気になりにくい

1  冷えにくい

2  肥満しにくい

2  肌荒れしにくい

 

今年のキーワードは免疫力UP!で健康に美しく!

 

中医学の知恵の出番です!
免疫力をあげて、秋美人を目指しましょう  岡田厚生堂薬局

 

 

岡田厚生堂薬局  免疫細胞ともいわれる白血球と自律神経

外から入ってくる病原体、体に悪いものを外邪(がいじゃ)といいますが、免疫力とは、外邪(がいじゃ)と戦ってわたしたちの心身を守る防御力のことをいいます。

皮膚・粘膜・胃・腸・そして血液中の白血球が、外邪と戦う仕事、免疫の仕事を担っています。

 

血液中の白血球(マクロファージ、顆粒球、リンパ球)は常に細菌やウイルスと戦ってくれていますが、この免疫システムは自律神経がコントロールしています。

白血球中の割合は、マクロファージ5%、顆粒球54~60%、リンパ球35~41%が平均値です。

マクロファージは死んだ細胞の掃除と敵(抗原)の特徴を伝達する役目を担い、リンパ球は発動は遅いのですが小さ目の敵を見つけてマクロファージからも情報をもらって抗体を作る役目を担い、顆粒球は大きめの異物を素早く察知し捕食して排除する役目を担っています。(おなかいっぱいに食べたら自爆し、自爆する時に活性酸素を発生させます。体内の活性酸素の75%くらいが顆粒球の自爆によるものといわれています。)

 

自律神経の交感神経が優位になると顆粒球が増えて、副交感神経が優位になるとリンパ球が増えて多くなります。

顆粒球が多すぎると、がんや糖尿病、脳疾患、心疾患のリスクが高まり、リンパ球が多すぎてもアレルギー性鼻炎やうつ病などのリスクが高まる傾向にあります。

 

免疫システムもバランスが重要なのです。

 

免疫システムバランス

 

岡田厚生堂薬局  自律神経を整えて、免疫力を高めよう!

免疫システムは自律神経がコントロールしている、ということで、まずは自律神経のバランスを整えていきましょう。

 

自律神経を整えて、免疫力を高めよう!

日中に優勢になる交感神経と、夜間に優勢になる副交感神経、自然の理として陰陽があり、人間も日中は活動し夜間は休息をとる生き物であることを忘れてはいけません。

 

夜更かしやテレビ、ゲーム、携帯、パソコンといった電子機器が交感神経を刺激することはよく知られています。

 

逆に活動すべき日中に休息をとっていたり、車移動などでほとんど歩かない、動かない、といった生活も良くありません。

また、過剰なストレスも交感神経を刺激し、バランスを崩すもとになります。

夜は落ち着いて過ごし、21時~遅くても23時には就寝し、朝は6時頃には起床しましょう。

もし時間が足りなければ、朝早起きして時間を作ったほうが、夜更かしするより良いです。
カーテンを薄手の生地にするなど、太陽の光で自然に早起きできるようになると良いですね。

起床就寝時間は、中医学では季節によって異なります。参考までに記載しておきます。

 

 ――  発生の季節  夜は少し長く起きていても構わないが、朝は早く起きる。

 ――  生長の季節  夜は遅く寝て、朝は早く起きる。

 ――  収斂の季節  鶏と同じように早寝早起きする。

 ――  閉蔵の季節  日の出日没と共に夜は早く寝て、朝はゆっくりと起きる。

〔黄帝内経(こうていだいけい)四気調神大論より〕

 

 

岡田厚生堂薬局  免疫力を高める食養生

免疫力UP!!にオススメの食べものは・・・

紫蘇、海藻、納豆(大豆類)、きのこ類、ブロッコリー、にんにく、粟、うるち米、もち米、大麦、山芋、蜂蜜、豚肉、牛肉、サバなど。

 

お肌の免疫力UP!!に特にオススメの食べものは・・・

サバ、レバー、アボガド、パプリカ、ほうれん草、しいたけ、山芋、納豆、玄米、緑茶などです。

 

避けたいものは、冷たいものの飲食(胃腸を冷やし免疫力を低下させます)、水分の摂り過ぎ(胃液を薄めすぎて免疫力を低下させます)、添加物です。冷凍食品やコンビニ食、外食も栄養が偏りがちなので避けましょう。

喫煙はもとより、毎日お酒を飲んでいる方は要注意です。飲酒も免疫力を低下させるといわれています。

毎日美味しく食べて、免疫力をあげて、美しく健康な毎日を過ごしましょう

 

 

岡田厚生堂薬局  漢方薬では・・・?

中医学では免疫力に相当するバリア機能を衛気(えき)といいます。

衛気(えき)を高める代表的な漢方薬が、イスクラ衛益顆粒(えいえきかりゅう)です。黄耆(おうぎ):白朮(びゃくじゅつ):防風(ぼうふう)が3:1:1の黄金比率で構成されています。

免疫力UP!に役立つ漢方薬

 

「食が細い」「下痢しやすい」「ストレスで食べられなくなる」など、消化器系が弱っている方にはイスクラ補中丸(ほちゅうがん)、また衛気(えき)は気(き)のひとつですので「元気がない」「お肌が乾燥しやすい」という方へは補気作用のある麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、粘膜を強化する抗酸化作用のある紅沙棘(ほんさーじ)もオススメです。

 

 

※漢方薬は医薬品です※
★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

鼻呼吸と口呼吸

2013/11/10

 

人間は本来鼻で呼吸をするようになっています。しかし、喘息や花粉症の方のほとんどが口で呼吸をしています。口で呼吸をするので、喘息や花粉症、風邪をひきやすい状態になる、と考えてもよいです。

鼻呼吸と口呼吸、何が違うのでしょうか・・・?

 

岡田厚生堂薬局☆鼻呼吸と口呼吸

鼻は匂いを嗅ぐ器官ですが、同時に外邪から身を守る役割を担い、一次防衛システムのひとつでもあります。

鼻を通ることによって、空気の温度・湿度が、体内で丁度良い温度と湿度に変換されて、肺へと送られます。

また、鼻の中には、ウイルスや細菌をとらえて殺菌するためのリゾチームやラクトフェリンといった成分の含まれた粘液があり、またIgAという抗体が微生物をだんご状にして体内に侵入させないよう働いています。

口にはこのような機能はありませんから、口で呼吸をすると、冷たい乾燥した空気、ウイルスや細菌が除去されていない状態の空気がそのまま体内に入りこんできます。特に高齢者の方は、口中の細菌などがそのまま肺に入り、肺炎の大きな要因になっています。

また、鼻呼吸ですと酸素をたくさん取り込む事ができますから、脳の働きも活性化する他、実はシワ・たるみ・肌荒れ・むくみなどの美容にも通じます。

 

岡田厚生堂薬局  口呼吸しているかチェック

岡田厚生堂薬局いびき
あなたは鼻で呼吸をしていますか?口で呼吸をしていますか?
「意識したことないな~」という方は以下のチェックをご参考ください。チェックがつけばつくほど、口呼吸が疑われます。

 

岡田厚生堂薬局  口やのどが乾燥している

岡田厚生堂薬局  鼻がつまりやすい

岡田厚生堂薬局  食事の時にクチャクチャ音をたてる

岡田厚生堂薬局  しっかり寝た気がしない、寝ても疲れがとれない

岡田厚生堂薬局  口が半開きになっている事がある

岡田厚生堂薬局  うつぶせ、または横になって眠る

岡田厚生堂薬局  いびきをかく、歯ぎしりをする

 

 

 

岡田厚生堂薬局  鼻呼吸にするためには・・・?

口呼吸の方が、鼻呼吸へ替えるには、意識して行う必要があります。方法をいくつかご案内いたします。

岡田厚生堂薬局  意識して口を閉じる
リラックスしている時、テレビを見ている時など、気づいたら口をぽかんと開けている事はありませんか?
意識して、常に口を閉じておくことを心がけましょう。

岡田厚生堂薬局  食事の時もしっかり口を閉じる
誰かと話しながらの食事は楽しいものですが、食事をする時は、口を閉じてよく噛むようにしましょう。

岡田厚生堂薬局  睡眠中は逆八の字にテープを貼る
意識して口を閉じることが出来ない睡眠中は、口に逆八の字にテープを貼って、口呼吸を防ぎましょう。
良かれと思って、しっかり貼ってしまうと、窒息の恐れがあります。睡眠中テープをご利用の際は、お気軽に当店にご相談にいらしてください。

岡田厚生堂薬局  口周りの筋肉を鍛える
「あー」「いー」「うー」「えー」「おー」と、口をめいっぱい広げて、動かして、発音してみてください。
発声よりも、口の動きが大きいかどうかがポイントです。人前では出来ないので、自宅で日課としてみてください。

岡田厚生堂薬局  鼻の詰まりを解消する
鼻が詰まりやすいなどの理由で、そもそも鼻呼吸だと息が苦しい、という方は漢方薬で治してしまいましょう。

もともとほてりやのぼせなどがあり、体が熱をもちやすい体質の方、鼻水が黄色くねばねばとしている方は、天津感冒片(てんしんかんぼうへん)や鼻淵丸(びえんがん)、香菊花(しゃんきくか)など。声が小さく、咳が多い、喘息などの持病を持っている方は衛益顆粒(えいえきかりゅう)や平喘顆粒(へいぜんかりゅう)など。汗をかきにくく、冷え性の方へは麻杏止咳顆粒(まきょうしがいかりゅう)や葛根湯(かっこんとう)などが適応となります。

その方の症状によって、適応する漢方薬が異なりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

岡田厚生堂薬局

 

 

岡田厚生堂薬局は、鍼灸院も併設しています
口呼吸は、ご本人の強い意志、プラス漢方薬と鍼灸で、しっかりと治すことができます。

岡田厚生堂薬局 あきらめないで、お気軽に岡田厚生堂薬局へご相談にいらしてくださいね!! 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

【関連記事】岡田厚生堂薬局  天津感冒片について  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  スムーズな排泄で健康な毎日を  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  花粉症  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  Tag 赤青黄色の風邪  岡田厚生堂薬局

 

寒暖差アレルギーとは?

2013/03/03

 

冬の終わりから春にかけては、三寒四温、昨日は8℃だったけど今日は18℃といった、寒暖の差が激しくなる季節です。

この寒暖の差に反応して、体調不良を訴える方が最近増えています。

寒暖差アレルギーと呼ばれています。

 

岡田厚生堂薬局  寒暖差アレルギーの特徴は・・・

岡田厚生堂薬局  鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、食欲不振、不眠、イライラする、疲れやすい、といった症状がでる。

寒暖差アレルギー 風邪っぽい症状なのに、熱がでない。

寒暖差アレルギー 目の炎症、充血がない。

寒暖差アレルギー 鼻水の色が無色透明。

寒暖差アレルギー 医学的には血管運動性鼻炎という。

寒暖差アレルギー (アレルギーの原因物質の検査で)アレルゲンがない。

 

岡田厚生堂薬局  寒暖差アレルギーになりやすいタイプ

寒暖差アレルギー

普段からあまり運動をしていない、成人女性がなりやすいといわれています。

寒暖差アレルギー、つまり血管運動性鼻炎は、7℃以上の気温差による刺激が、鼻の粘膜の血管を広げ、むくむことにより、アレルギー症状を引き起こしています。

自律神経とも関連があります。

寒いときは体温を保持し、暑いときは体温を発散させる役割を担っている自律神経が、スムーズに対応できるのは気温差7℃まで、といわれています。

自律神経がアンバランスな状態でいると、寒暖差アレルギーになりやすいともいえます。

 

岡田厚生堂薬局  寒暖差アレルギー対策

現代医学では原因不明の不定愁訴を総称して「自律神経失調症」とひとくくりにしますが、中医学では、気・血(けつ)・津液(しんえき:血以外の水分)の過不足とそれらの流れ、また五臓(肝・心・脾・肺・腎)の働きの、どこに不調が起きているのか、から考えていきます。

鼻水が出るといった症状には、肺が関係しています。また、抵抗力の弱さや免疫力が正常に働かなくなるということは腎の機能低下が考えられます。

総括的に考えると、肺腎陽虚(はいじんようきょ)の状態です。

 

寒暖の気温差への対応力、抵抗力を高めるためには、人体を構成する気・血・津液のうち、気(き:生命エネルギー)のなかの衛気(えき)を高めることが重要です。

衛気は、皮膚・鼻・口といった一次防衛システムである体表部をめぐっていて、ウイルスや細菌、風邪(ふうじゃ)などの外邪(がいじゃ:外敵)から身を守るために、バリアをはっています。

衛気は、ストレスや過労といった生活習慣や、不摂生な食生活によっても、その力が低下してしまいます。
衛気が不足すると、

岡田厚生堂薬局  風邪をひきやすくなる
岡田厚生堂薬局  花粉症やアレルギー性鼻炎、喘息といったアレルギー疾患になりやすくなる
岡田厚生堂薬局  気温の寒暖差に対応できなくなる
岡田厚生堂薬局  冷え性になる

といった不調につながります。

 

岡田厚生堂薬局  自分の症状に合った漢方薬&食養生で、強い体を作りましょう!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局  衛益顆粒(えいえきかりゅう)・・・
補気薬(ほきやく)

 

衛益顆粒(えいえきかりゅう)

衛気を高める生薬といったら、黄耆(おうぎ)です。肺の気、脾の気を補い、衛気つまりバリア力を強化してくれます。

この黄耆(おうぎ)に、脾を丈夫にする(補気健脾)白朮(びゃくじゅつ)、外邪を発散させる(発表散風)防風(ぼうふう)が、バランスの良い3:1:1で構成されている漢方薬が、衛益顆粒(えいえきかりゅう)です。

季節の変わり目や気温の変化で体調を崩す方や、喘息・花粉症・慢性腎炎といった免疫バランスの崩れ、免疫性の不妊でお悩みの方にオススメの漢方薬です。

 

岡田厚生堂薬局  双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)・・・
補血薬(ほけつやく)、補肺薬(ほはいやく)補腎薬(ほじんやく)

 

双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

冷えがあり、胃腸が弱く、体力のない方の免疫力を高めるのにオススメの漢方薬が双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)です。
動物性の生薬と植物性の生薬、両方が配合されていて、効果効能としては『次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病による体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症』とあります。

風邪をひきやすい、喘息や気管支炎がある、病後の体力低下、老化予防、流産予防、(生理の)高温期を安定させる時などに用いられます。

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの食べもの  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  枇杷(びわ)の葉  (肺の乾燥による潤い不足に)
岡田厚生堂薬局  紫蘇  (肺の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  大根  (肺を潤す)
岡田厚生堂薬局  みかん  (肺を潤し、咳をしずめる)
岡田厚生堂薬局  いちじく  (肌や口の乾きを潤す)
岡田厚生堂薬局  豚肉  (血を増やして体を潤す)
岡田厚生堂薬局  ハマグリ  (肺の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  山芋  (腎の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  黒豆  (腎の機能を向上する、咳を止める)
岡田厚生堂薬局  黒米  (腎の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  黒ごま  (腎の機能を向上する)
岡田厚生堂薬局  黒きくらげ  (腎の機能を向上する、血を補う)

 

その他、日常生活で気をつけたいことは、
  からだをしめつけるきつい衣服を着ない、きつい靴を履かない
  衣服を上手に調節して、寒暖差をつくらない
  マスクをつけて外気の寒暖差を最小限にする
  ストレッチや太極拳、ヨガなどで体の中の筋力をつける
  40℃前後のぬるめのお湯でじっくり温まる

 

寒暖差アレルギー

アレルゲンがないのに、アレルギー症状で悩まされる方も、
しっかりアレルゲンがあって、アレルギー症状で悩まされている方も、
お気軽にご相談にいらしてください  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

霊芝胞子のはなし

2013/02/02

 

西洋医学を補完し、成果をあげている生薬があります。

その名は霊芝胞子、サルノコシカケ科の植物、霊芝の胞子部分です。

中国最古の本草書「神農本草経(しんのうほんぞうけい)」では、霊芝(れいし)を”上品(上薬)”クラスに規定しています。 以後およそ2000年を経た現代でも、霊芝は生薬ナンバーワンの座にあり、絶大な信頼を誇っています。

伝統的な薬効だけでなく、近年成分分析や薬理研究が盛んに行われ、霊芝の神秘の一部が明らかにされました。

それでは、霊芝霊芝胞子と免疫力との関係をおはなしいたしましょう。

 

テロメア、テロメラーゼ

 

悪い細胞の問題の根底には”無限に増殖し続ける”ことが挙げられます。
皆様はテロメラーゼという酵素の存在をご存知でしょうか。

わたしたちの体内の細胞の染色体は、その末端に「テロメア」という塩基配列構造をもっています。このテロメアは、正常細胞では細胞分裂のたびに消耗し、次第に短くなり、やがて分裂を停止し、死滅する仕組みになっています。

テロメラーゼという酵素は、テロメアの修復をし伸長します。修復されたテロメアは無限に増殖が可能、つまり細胞は不死化するのです。

なお、正常な体細胞ではテロメラーゼの発現はほとんど見られません。

 

霊芝の生態周期
テロメラーゼの活性を阻害する生薬としてポピュラーな霊芝(れいし)は、サルノコシカケ科の植物です。

霊芝は左図のような生態周期をもっています。

霊芝胞子霊芝が成熟する頃に菌傘にあらわれる茶褐色の粉末状の物質で、霊芝の種子にあたります。

霊芝胞子は、豊富な霊芝多糖類・トリテルペノイド・ポリペプチド・エルゴステロール・アルカロイド・グルコサミン・タンパク質などを主成分としており、有効成分の種類や含有量は子実体や菌糸体よりも多く、つまり、霊芝胞子霊芝の凝縮エッセンスともいえるのです。

強いアダプトゲン効果をもたらすといわれている霊芝胞子ですが、なぜ今まで活用されてこなかったのでしょう。

ひとつは採取量の少ないこと、ふたつめは吸収しにくかったこと、が理由でした。

霊芝胞子
15,000倍の拡大鏡で霊芝胞子を見ると、外殻・内膜・内核の3部分で構成されています。

実はこの外殻がついたままでは体内に吸収されにくいのですが、さまざまな研究努力の結果、外殻と内膜の振動率の相違を利用した振動法による破壊が可能になりました。

この方法で霊芝胞子の吸収と酸化の問題を解決できたのです。

 

 

星火霊芝宝(せいかれいしほう)
霊芝胞子を最大限に生かしたオススメな製品が星火霊芝宝(せいかれいしほう)」です。

星火霊芝宝に使われている霊芝は、霊芝の名産地である中国安薇省大別山、山紫水明の自然環境のもとで大事に育てられた「赤芝(せきし)」と呼ばれるものです。

星火霊芝宝霊芝胞子を主に、霊芝子実体と冬虫夏草菌糸体を合わせた健康食品です。

もちろん、病院での治療中でも併用が可能です。

副作用に悩まされている方、治療の補完をしたい方・・・

詳しくは、是非、岡田厚生堂薬局にて一度ご相談ください。

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP