‘夏’ タグのついている投稿

夏バテの漢方的対応法

2013/09/03

 

2013年9月        

9月となりました。
暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続きます。夏場に体力を消耗した人は、秋口になっても夏バテが抜けず、倦怠感、食欲不振等に悩まされることでしょう。
そのような方は生活習慣を正し、脾を中心とした五臓の乱れを正すと良いでしょう。

という事で、今月は夏バテの漢方(中医学)的対応について記していくことと致します。

 

中医学的には、夏バテを次の2つに分けて考えます。

1岡田厚生堂薬局  梅雨期から体調が悪くなるタイプ

2岡田厚生堂薬局  夏の間は元気に活動していて、秋口にガクッと体調を崩すタイプ

 

1のタイプはもともと胃腸が弱く、湿邪が脾胃にとりつくために、津液(しんえき)を排出する機能が低下し、不必要な水分が溜まり、体力を低下させるタイプです。

2のタイプは夏の暑さにより気と陰液を消耗し、体力を低下させるタイプです。

いずれにしても暑邪にやられやすい(しん)と、水分の摂りすぎによるの機能低下をどのように守っていくかが、養生のポイントとなります。

 

では次に、具体的にはどのような夏バテ対策があるのか記してみましょう。
まず、1の『梅雨期から食欲が低下する方』の漢方的対応ですが、漢方的には脾胃の機能を高める六君子湯(りっくんしとう)、夏には食欲を高める効果をプラスしたイスクラ健胃顆粒(けんいかりゅう)などを、また、下痢などがある時は胃苓湯(いれいとう)イスクラ健脾散(けんぴさん)などがオススメです。

また、ツボによる対応では脾と胃の機能を高める公孫(こうそん)、また三里(さんり)などを刺激すると良いでしょう。

次に、2の『秋口に疲れが出る方』の漢方的対応では、体液を補い、体の熱を冷ます働きをもつ清暑益気湯(せいしょえっきとう)、また、気と陰液を補う生脈散(しょうみゃくさん:麦味参顆粒)などがオススメです。ツボによる対応では理気の働きのある合谷(ごうこく)、そして補陰の働きのある復溜(ふくりゅう)などを刺激し、気陰を補うことが大切でしょう。

 

夏バテ、と言っても、ただ単に滋養強壮剤を飲めば良いというものではなく、その体の状態に応じた対応をすべきなのです。

 

それでは最後に、夏バテに対応する食養生について述べてみましょう。

まず、『梅雨から食欲が低下する方』の食養生は、消化のよいあずき冬瓜すいかはと麦白菜とうもろこしなど、余分な水分の排出を助ける食材を摂取すると良いでしょう。

次に『秋に疲れの出る方』は、気と陰液を補う作用のある、うるち米山芋しいたけなつめ、又すいかはちみつなどの食材が良いでしょう。

 

という事で、9月、夏バテのでる季節です。
以上の記事を参考に、夏バテを回復させてみてください。
それでは今回はこの辺で。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

熱中症の漢方的対応

2013/08/05

 

2013年8月        

7月後半から8月旧盆頃までは夏真っ盛りです。
暑い夏の心配は熱中症に罹る事です。最近は夏でなくても熱中症に罹る人がおりますが、圧倒的に多いのはやはり暑い夏です。

という事で、今回は熱中症の漢方的対応について書いていきたいと思います。

 

まず、最初に熱中症とはどの様な身体症状を起こす疾患なのか、という事ですが、体温の上昇により体内の水分や塩分が低下し、脳への血流も不足してその機能まで低下してしまう状態です。

又、炎天下だけでなく、直接日光にあたらない室内や車内、更には職場内でも起こりうるものです。

そして、体液が不足している高齢者や代謝が盛んな乳幼児、下痢や発熱中の人も熱中症に罹りやすいので、夏は注意が必要です。

という事で、次に漢方的には熱中症をどの様に考えているのか、に移っていきましょう。

 

まず、夏と臓腑の関係ですが、漢方医学では夏と心臓は関係があり、更にまたとも関係があると考えています。
これは『五行説』という漢方独自の考え方なのですが、病気の原因、病態を理解するうえで欠かせない考え方です。

この五行説から熱中症を考えると、熱中症は、「」の邪気(人体を損なう気)に人体が中(あ)てられ、心臓が異常変調を起こした病態、また、暑邪によりをかき過ぎた事により心機能が消耗し、身体が異常事態を起こした病態といえるのでは、と思います。

ですから、人体は一種のサウナの中状態となり、体液は減少し、熱がこもった状態となり、心臓と脳がダメージを受け、意識がもうろうとしてくるのです。

それでは熱中症を漢方的にはどの様に対応するのか、次に記してみましょう。

 

熱中症を漢方的に考えると、熱による急激な体温の上昇により、様々な症状を起こす暑熱証という場合と、大量の発汗による水分とエネルギーの消耗の気陰両虚証という場合に分けて対応致します。

 

岡田厚生堂薬局  暑熱証
炎天下の外出で、急激に身体に熱がこもると、体温が上昇し中枢機能に影響し、ぐったりとして、重症の場合には意識障害なども起こります。その様な時には適切な処置を行うと共に、身体の熱を冷まし清熱解毒に働く五涼華(ごりょうか)がオススメです。心配な方へは、真夏の外出の前後にぜひ飲んでおいて頂きたい、オリエンタルハーブティーです。

岡田厚生堂薬局  気陰両虚証
大量の発汗による脱水では、身体に必要な水分だけでなく、気(エネルギー)までも失われてしまうため、疲労倦怠感、動悸、息切れ、口渇、めまい、などが表れます。
この場合には、身体に必要な水分を生み出し、必要以上の発汗を抑え、益気養陰(えっきよういん)に働く麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)清暑益気湯(せいしょえっきとう)などが効果的です。

 

その他、暑熱侵入へは、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を、暑湿侵入へは、香蘇散(こうそさん)胃苓湯(いれいとう)勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)が、熱中症の状態に応じて使用する漢方薬となります。

 

そして最後にお伝えしたい事は、熱中症に罹らないコツは、夏の間は滋養強壮剤『レオピンファイブネオ』または人参牛黄(にんじんごおう)などを服用し、外出時には人参牛黄(にんじんごおう)などの牛黄製剤を携帯し、いざという時に即服用することです。

 

それでは今月はこの辺で。
暑い夏くれぐれもお体ご自愛ください  岡田厚生堂薬局

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

湿邪(梅雨期)と暑邪(夏期)に対する養生法

2013/07/04

 

2013年7月        

7月を迎えました。
7月は初旬から中旬頃までは梅雨で、じめじめとしたうっとおしい期間が続きますが、梅雨が明けると一転、暑い日が続きます。

このことを中国漢方的にいうと、中旬までは湿邪(しつじゃ)に悩まされ、下旬になると暑邪(しょじゃ)に悩まされる、ということになります。

ということで、今回は「癌との付き合い方」をお休みして、7月の特徴である湿(しつ)、そして(しょ)の邪気、そしてそれにより起こり易い病気について書いていくことと致しましょう。

 

まず、梅雨期に多くなる湿(しつ)の邪気についてですが、湿(しつ)の邪気で影響を受けやすいのがの機能です。

漢方の五行説に「湿(しつ)を悪(い)む」という言葉がありますが、この言葉の意味するところは、という消化器系統は、湿(しつ)の邪気を嫌う(機能を失調させる)という意味です。

つまり、は梅雨期のような外湿あるいは水分を摂り過ぎることによる内湿を大変嫌い、その機能を低下させるのです。

 

従って、梅雨期はの機能失調が起こり易いので、十分消化器系統をいたわりましょう。そしてその為にはキヨーレオピンあるいはレオピンファイブネオなどの滋養強壮剤、胃腸の症状を改善する作用のある勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)、体内の湿気を除去する平胃散(へいいさん)などの漢方薬を服用するとよいでしょう。

 

 

次に7月中旬以降の(しょ)の邪気ですが、五行説では脾と同じように「(しょ)を悪(い)む」という言葉があります。

つまりという循環器系統は(しょ)の邪気を嫌い、その機能を低下させるのです。

事実、夏は(しょ)の邪気により「熱中症」や「脳梗塞」などの循環器疾患が起こり易いので、十分注意いたしましょう。

 

ということで、夏の養生方法はどうするか、まず第一に「梅」の活用です。には次の3つの効能があります。

岡田厚生堂薬局  唾液の分泌を促し、体液を生み出す
岡田厚生堂薬局  汗腺を引き締めて汗のかき過ぎを抑える
岡田厚生堂薬局  抗菌、抗アレルギー

ですから、毎日の食卓に、また戸外にでるときは梅干をなめて外出する、といった配慮が大切です。

 

漢方薬では、まず第一に気陰(きいん)を補う麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、そして心脾を健やかにする人参牛黄(にんじんごおう)、これらの漢方薬が最もおすすめです。

心熱を清(さ)ます牛黄清心丸(ごおうせいしんがん)や、血液のドロドロを防ぐ冠元顆粒(かんげんかりゅう)も、忘れてはならない夏におすすめの漢方薬です。

夏は暑邪(しょじゃ)に気をつけると同時に、冷たいものの摂りすぎによるの機能低下にも注意し、生姜や紫蘇など、胃腸を温めるものを薬味として積極的に活用しましょう。

 

ということで、7月は湿邪(しつじゃ)暑邪(しょじゃ)に要注意の月です。

7月を養生しながら過ごすと、8月の熱中症、秋にでる夏負けなども予防できるでしょう。

それではまた来月・・・。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

8月は熱中症にご用心

2012/08/01

 

2012年8月        

一年で最も暑い8月を迎えました。

東洋医学では夏は春(生)、夏(長)、秋(収)、冬(蔵)という自然のサイクルのうち、春蒔いた種が長ずる(繁茂する)季で、8月は長じたものがその極に達する時期です。

従って、暑さもその極に達するので暑さ負けなどしないよう充分注意いたしましょう。

 

暑さのなか、最も注意しなければならないのはやはり熱中症です。

熱中症は近年かかる方が急速に増えてきた症状で、昨年はかなり救急車で運ばれた方が多かったようです。
さて、熱中症とはどのようなものであるのか?
今回はこのようなところから紐解いてゆくことと致しましょう。

 

熱中症とは、人間が本来もっている暑い環境下においても体温を一定に保つよう体内の熱を上手く発散させる仕組みが狂わされ、暑さに上手く対処出来なくなった状態、と定義することが出来ます。

 

まず始めにその症状ですが、症状は一般的には軽度から重度までを3段階に分けて分類します。

 

【症状】
Ⅰ度: めまい、立ちくらみ、こむら返り、大量の汗
Ⅱ度: 頭痛、吐き気、体がだるい、力が入らない、集中力や判断力の低下
Ⅲ度: 意識障害(呼びかけに対し反応がおかしい)、痙攣、運動障害(普段通りに歩けない)

 

次にどんな時が危ないか?ですが

【条件】
岡田厚生堂薬局  気温が高い、湿度が高い、日差しが強い
岡田厚生堂薬局  急に暑くなる時期(梅雨明けなど)

 

最後にどんな人がなりやすいのか?ですが
岡田厚生堂薬局  普段から運動していない人
岡田厚生堂薬局  暑さに慣れていない人
岡田厚生堂薬局  心臓疾患や糖尿病などの疾患のある人
岡田厚生堂薬局  脱状態にある人
岡田厚生堂薬局  高齢者
岡田厚生堂薬局  肥満の人

などです。

 

さて、このような熱中症を予防するためにはどのような策があるでしょうか。

一般的には室内ではエアコンをかける、又水分をこまめにとる、などが予防策としていわれているようですが、漢方的には夏は潤い(陰液)とエネルギー(気)を消耗しやすい時期なので、体にこもりがちな熱を上手に冷ましながら、汗で失われる潤いとエネルギーを補給する(気陰双補)ことが大切なのです。

 

このような目的に適う漢方薬として生脈散(しょうみゃくさん)、そして西洋人参(せいようにんじん)があります。

ですから戸外でスポーツをする方、戸外で働く方、またお年寄りの方などは、この夏は熱中症予防として今から生脈散(しょうみゃくさん)、西洋人参(せいようにんじん)をおすすめ致します。

 

この他、補気(ほき)・清熱(せいねつ)・開竅(かいきょう)の効能を持つ人参牛黄(にんじんごおう)なども予防の漢方としてよく用いられているようです。

 

地球環境が温暖化となり、エアコンの温風で益々暑くなっている夏、あなたも漢方の知恵を上手に活用して予防してみませんか?

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

夏を元気に過ごすために

2012/07/01

 

2012年7月        

7月となりました。
7月は前半が梅雨、後半が暑熱、というように湿邪と暑邪に影響されやすい季節です。

漢方では湿邪は脾を、暑邪は心を侵すということになっておりますので、消化器系の弱い人、また循環器系に問題がある人は充分注意いたしましょう。

 

さて、梅雨から夏にかけて体調を崩すタイプは次の2つに分けられます。

 

1つは、梅雨時から体調が悪くなるタイプで、このタイプの方はもともと胃腸が弱い方に多く、湿邪が脾胃にとりつくため、津液を排出する機能が低下し、不必要な水分を溜めて体調を崩すタイプです。

2つめは、夏の間は元気に活動して、秋口にガクっと体調を崩すタイプで、夏の暑さにより気と陰液を消耗し、体内の熱をさばききれず体調を崩すタイプです。

 

このように単に体調を崩すといっても、そのタイプにより原因が異なり、用いる漢方薬も異なってきますので、漢方薬を用いる場合は私たち専門家によくご相談ください。

それでは2つのタイプはどの様な症状の違いがあるのか、記してみましょう。

 

【1】 梅雨時から夏にかけ体調を崩すタイプ
[ 特徴 ]
    岡田厚生堂薬局  胃腸がすぐれない
    岡田厚生堂薬局  体が重い
    岡田厚生堂薬局  だるい
    岡田厚生堂薬局  足がむくみやすい

 

【2】 秋に疲れが出る気陰両虚タイプ
[ 特徴 ]
    岡田厚生堂薬局  疲れやすい
    岡田厚生堂薬局  息が切れる
    岡田厚生堂薬局  体がほてる
    岡田厚生堂薬局  熱中症になりやすい

 

次に上記2つのタイプの改善方法ですが、前者は湿邪による脾胃の水湿阻滞(すいしつそたい)ですので、水湿を去湿(きょしつ)する漢方薬ということになります。それには平胃散(へいいさん)、胃苓湯(いれいとう)などの漢方薬が適します。また、脾胃そのものの機能を高める六君子湯(りっくんしとう)、香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)も適応しますので試してみたらいかがでしょう。

 

後者は気陰両虚(きいんりょうきょ)タイプです。体内の気不足・陰(津液)不足ですので、漢方薬としては麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、清暑益気湯(せいしょえっきとう)などが適応します。

 

面白いもので、現代医学では脾胃の水湿阻滞という病症もなければ、気陰両虚という病態もありません。また薬もありません。

前記2タイプは漢方、とりわけ中医学(中国医学)独特の概念で、中医学の病態の読みの深さに今更ながら驚くばかりです。

それと、タイプ別に分けることもなく、一般的には当店取り扱いの滋養強壮剤【レオピンファイブネオ】が脾胃を強壮し、体力抵抗力を増強しますので、有効なのは申すまでもないことです。

それでは最後に前記漢方処方の処方内容を記しておきますので、服用の際の参考になさってください。

 

平胃散
(へいいさん)
蒼朮、厚朴、陳皮、甘草、生姜、大棗
(湿邪が脾胃に停滞した病症に)
胃苓湯
(いれいとう)
蒼朮、厚朴、陳皮、沢瀉、猪苓、茯苓、白朮、桂枝、生姜、大棗、甘草
(水湿が停滞することによって生じた下痢症状に)
六君子湯
(りっくんしとう)
人参、白朮、茯苓、甘草、陳皮、生姜、大棗
(気虚による食欲不振に)
香砂六君子湯
(こうしゃりっくんしとう)
六君子湯 + 木香、縮砂
(六君子湯を強化した処方)
麦味参顆粒
(ばくみさんかりゅう)
麦門冬、五味子、人参
(気陰両虚の夏まけに)
清暑益気湯
(せいしょえっきとう)
人参、白朮、甘草、当帰、陳皮、麦門冬、五味子、黄柏
(気陰両虚の夏まけ夏やせに)

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP