‘梅雨’ タグのついている投稿

湿邪(梅雨期)と暑邪(夏期)に対する養生法

2013/07/04

 

2013年7月        

7月を迎えました。
7月は初旬から中旬頃までは梅雨で、じめじめとしたうっとおしい期間が続きますが、梅雨が明けると一転、暑い日が続きます。

このことを中国漢方的にいうと、中旬までは湿邪(しつじゃ)に悩まされ、下旬になると暑邪(しょじゃ)に悩まされる、ということになります。

ということで、今回は「癌との付き合い方」をお休みして、7月の特徴である湿(しつ)、そして(しょ)の邪気、そしてそれにより起こり易い病気について書いていくことと致しましょう。

 

まず、梅雨期に多くなる湿(しつ)の邪気についてですが、湿(しつ)の邪気で影響を受けやすいのがの機能です。

漢方の五行説に「湿(しつ)を悪(い)む」という言葉がありますが、この言葉の意味するところは、という消化器系統は、湿(しつ)の邪気を嫌う(機能を失調させる)という意味です。

つまり、は梅雨期のような外湿あるいは水分を摂り過ぎることによる内湿を大変嫌い、その機能を低下させるのです。

 

従って、梅雨期はの機能失調が起こり易いので、十分消化器系統をいたわりましょう。そしてその為にはキヨーレオピンあるいはレオピンファイブネオなどの滋養強壮剤、胃腸の症状を改善する作用のある勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)、体内の湿気を除去する平胃散(へいいさん)などの漢方薬を服用するとよいでしょう。

 

 

次に7月中旬以降の(しょ)の邪気ですが、五行説では脾と同じように「(しょ)を悪(い)む」という言葉があります。

つまりという循環器系統は(しょ)の邪気を嫌い、その機能を低下させるのです。

事実、夏は(しょ)の邪気により「熱中症」や「脳梗塞」などの循環器疾患が起こり易いので、十分注意いたしましょう。

 

ということで、夏の養生方法はどうするか、まず第一に「梅」の活用です。には次の3つの効能があります。

岡田厚生堂薬局  唾液の分泌を促し、体液を生み出す
岡田厚生堂薬局  汗腺を引き締めて汗のかき過ぎを抑える
岡田厚生堂薬局  抗菌、抗アレルギー

ですから、毎日の食卓に、また戸外にでるときは梅干をなめて外出する、といった配慮が大切です。

 

漢方薬では、まず第一に気陰(きいん)を補う麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、そして心脾を健やかにする人参牛黄(にんじんごおう)、これらの漢方薬が最もおすすめです。

心熱を清(さ)ます牛黄清心丸(ごおうせいしんがん)や、血液のドロドロを防ぐ冠元顆粒(かんげんかりゅう)も、忘れてはならない夏におすすめの漢方薬です。

夏は暑邪(しょじゃ)に気をつけると同時に、冷たいものの摂りすぎによるの機能低下にも注意し、生姜や紫蘇など、胃腸を温めるものを薬味として積極的に活用しましょう。

 

ということで、7月は湿邪(しつじゃ)暑邪(しょじゃ)に要注意の月です。

7月を養生しながら過ごすと、8月の熱中症、秋にでる夏負けなども予防できるでしょう。

それではまた来月・・・。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

梅雨期の健康

2012/06/01

 

2012年6月        

6月となりました。

6月といえば梅雨の季節ですね。ジメジメ・ジトジト、うっとうしい季節です。
実際雨が続く期間は、6月中旬から7月中旬にかけての一ヶ月くらいですが、特に胃腸の弱い方にとっては体調を崩す時期ですので、充分に注意したいものです。

それでは、梅雨の期の健康管理について記してみることといたしましょう。

 

梅雨の期は当然ながら、雨が多く湿度が高くなります。

漢方では体に影響する環境因子を六淫(りくいん)と呼び、「風」「寒」「暑」「湿」「燥」「火」の6種類に分類しておりますが、梅雨時に問題となるのが、このうちの湿です。

 

漢方では、これ等自然の気が人間の体を犯すようになると「邪気」と呼ぶようになるのですが、梅雨期の邪気は湿邪(しつじゃ)です。

 

湿邪(しつじゃ)の特徴は、胃腸の機能に悪影響を与えることと、気の流れを邪魔することです。

また、普段から胃腸が弱くて体内に余分な湿を抱えている方は余計に湿邪(しつじゃ)の影響を受けやすくなります。

 

湿邪(しつじゃ)の影響で起こりやすい症状としては、
岡田厚生堂薬局  体が重だるい
岡田厚生堂薬局  顔や手足がむくむ
岡田厚生堂薬局  食欲不振や食後におなかが張る
岡田厚生堂薬局  口の中が粘る

などですが、湿邪(しつじゃ)による影響の特徴は「沈重性」なので、「重い」「だるい」という症状があったら湿邪(しつじゃ)を疑ってほぼ間違いないでしょう。

 

それでは、これ等湿邪(しつじゃ)に犯されやすい梅雨期には、どのように健康を管理すべきなのか、次に記してみることといたしましょう。

 

梅雨期の養生法としては、まず生ものや冷たいものを極力控えて胃腸の陽気(動かす気)を守ることです。
それでなくても、現代の日本人の食生活は「生冷過食(せいれいかしょく)」といって、生ものや冷たいものを摂りすぎています。この梅雨の時期は温かくて消化の良い食事を心がけることが重要です。

また、脂っこいもの、味の濃いものを食べ過ぎないこと、水分を摂り過ぎないこと(特に夕食から夜間にかけては)も、注意が必要です。

この時期の食養生としては、水はけを良くする食材、つまり緑豆、もやし、緑豆春雨、さつまいも、山芋、冬瓜などで水の停滞をつくらないようにしましょう。

 

以上が梅雨期の養生の主なものですが、更に積極的に湿邪(しつじゃ)から体を守ろうとするのであれば、やはり漢方薬が助けになってくれます。

 

★梅雨期におすすめの漢方薬★
岡田厚生堂薬局  香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
岡田厚生堂薬局  平胃散(へいいさん)
岡田厚生堂薬局  勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)
など

今回は上記の中の勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)について少し解説いたしましょう。

 

まずその組成ですが、勝湿顆粒は、カッコウ・紫蘇葉(シソヨウ)・ビャクシ・桔梗(キキョウ)・大腹皮(ダイフクヒ)・陳皮(チンピ)・白朮(ビャクジュツ)・甘草(カンゾウ)・生姜(ショウキョウ)・半夏(ハンゲ)・茯苓(ブクリョウ)の12味で成り立っています。

 

効能としては
岡田厚生堂薬局  解表化湿(げひょうかしつ):表邪の発散及び体内の湿邪を除去する。
岡田厚生堂薬局  理気和中(りきわちゅう):中焦に湿が停滞し、気の流れが塞がれた状態を改善する。

 

悪心、腹痛、下痢、腹部膨満感、体が重だるい、食欲不振、口が粘る、などの症状を呈する時に非常に役立つ漢方薬です。

 

いずれにしましても、高温多湿な日本でこそ、利用価値の高い処方といえますし、特に普段から胃腸が弱い方で、胃腸に水滞を溜め込んでいる方へは、この時期、勝湿顆粒などの漢方薬の力を借りて、健康管理を図ってみてはいかがでしょう。

それでは今回はこの辺で。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

梅雨期を快適に過ごす為に

2010/07/04

 

2010年7月        

間もなく7月を迎えます。6月・7月は梅雨で日本列島は雨で覆われます。

東洋医学の考え方に「脾は湿を悪む」という考え方がありますが、これは脾という運化(うんか・「運」は運ぶ・輸送、「化」は消化吸収の意)の働きを持つ機能が、湿を大変嫌うという事なのです。

ですから脾と胃に水分の停滞があると脾はその湿の為にその機能を低下させる、という事になります。

 

【水が健康に良い】という理由で水をたくさん飲む人をみかけますが、水分を多量にとる人達は、多量の水分の為、脾の働きを低下させ、更に水滞による冷えにより、その陽気(ようき=温める気)を低下させている事に気が付かなければいけません。

つまり水分をとり過ぎる事が健康に良いどころか、逆に体を不健康にさせているのです。

 

一方東洋医学には「内湿は外湿を呼ぶ」という言葉があり、体に湿邪の停滞のある人は外邪(がいじゃ)、つまり梅雨期の様な湿気で覆われる季節はその症状(例えば胃腸病・神経痛・リウマチ・慢性頭痛など)を更に悪化させる、という事が起こってきます。

 

従ってその様な湿邪の停滞による病気を持たれている人は、梅雨期の様な湿気の多い時期は健康管理に充分注意を払わなければなりません。 一例を挙げるなら、

 

岡田厚生堂薬局 水分の取り過ぎに注意する
岡田厚生堂薬局 冷えたものを避け、温かくしたものをとるようにする
岡田厚生堂薬局 甘いもののとり過ぎに注意する

 

などです。

 

湿邪の停滞があるかどうかは、雨が降る前とか雨が降っている時に、その症状が悪化するかどうかをみれば大方の見当がつきますし、又ご自分の舌を見て舌に白い苔がのっているか否かを見ても、湿邪の停滞があるか否かが判断できるのです。

それでは湿気の多いこの時期、快適に過ごす為にはどの様な方法があるのでしょうか。次に記してみる事と致しましょう。

 

ジメジメ、ジトジト、いやが上でも不快指数が上がるこの時期、快適に過ごすためのポイントは次の2点です。

 

岡田厚生堂薬局  外湿の為、脾胃の働きが弱まる季節なので前述した生ものや冷たいもの、又は脂身の多い肉類、刺激物、冷たい飲み物(清涼飲料水など)、加工食品などはなるべく控える。

 

岡田厚生堂薬局  芳香化湿薬(ほうこうかしつやく)と言われる「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」、体内の湿気を除去する「平胃散(へいいさん)」、胃腸の不調・余計な水分を除き機能を高める「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)・五苓散(ごれいさん)」、そして脾胃の機能低下と体力低下を補う熟成ニンニク製剤「レオピンファイブ」などを上手に活用し、湿邪対策、脾胃そして水分代謝と関わる肺・腎の機能低下を補う対策をとること。

 

それでは最後に体内の濁った湿気を除き、梅雨を快適に過ごせる様にする「勝湿顆粒」の解説を試みこのコラムを閉じることと致しましょう。

 

勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

勝湿顆粒は、ビャクシ・ソヨウ・カッコウなど13種類の植物性生薬から構成され、これらの生薬から抽出したエキスを顆粒としたもので、夏の感冒、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠の改善を目的としております。

芳香性の生薬で脾胃の働きを活発にして湿を取り除き(芳香化湿ほうこうかしつ)、気のめぐりをよくして胃腸の機能を高め(理気和中りきわちゅう)、軽い発汗作用により表証を取り除く(解表げひょう)ことが目的です。

 

この処方の原方名は「勝湿顆粒」という処方名ではありませんが、日本では「湿邪に勝つ」ことをより鮮明にする為、勝湿顆粒という商品名にした様です。

 

ともかく梅雨期のベタベタ、ジトジト、という不快感を一掃するのにはもってこいの処方だと思いますし、悪心・嘔吐・下痢などの胃腸症状にも優れた処方だと思われます。

そしてもう一つ梅雨期から夏期にかけての胃腸症状を伴うカゼ(いわゆる夏カゼ)にも抜群にオススメだと思いますので、一度試してみては如何でしょう。

 

それでは今回はこの辺で、梅雨期お体ご自愛ください。

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP