‘皮膚炎’ タグのついている投稿

アレルギー性皮膚炎の症状が漢方で軽減

2015/06/03

 

2015年6月        

アレルギー性皮膚炎の症状が漢方で軽減

 

岡田厚生堂薬局  平成26年5月13日

アレルギー性皮膚炎で来店されました。
顔・手・頭・皮膚には赤み、熱感、乾燥、耳たぶや頬には滲湿液がみられました。

気になってしまい、触ると皮膚が剥け、症状は悪化してしまうようです。

また、お話を聞いてわかったことですが、症状は梅雨の時期から夏にかけて悪化があるように思いました。

花粉、紫外線、金属、大人になってから甲殻類のアレルギーがあります。

内服として、八仙丸(はっせんがん)、瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)、五涼華(ごりょうか)、五行草を服用して頂き、外用としてローションをご提案差し上げました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成26年5月~8月

5月28日から8月26日まで、二週間おきにご来店頂き、同じ漢方薬をお試しいただくことにいたしました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成26年8月26日

暑さにより痒みがでるが、耳と右頬以外の症状は良くなってきている、とのことでした。

また、その他の症状として「息切れがするようになった」と伺いましたので、今までと同じものに加えて麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)を一日一包(日中の活動時間)をご提案差し上げました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成26年9月20日

今までと同じ内容ですが、服用量を減らすようにいたしました。

 

 

岡田厚生堂薬局  平成26年10月22日

耳のしこりも小さくなり、右頬の熱感も軽減してきました。

漢方薬以外にも、食事や睡眠に気を付けていただくようにお伝えしています。

この方は、今までどこの皮膚科に行っても症状が良くならず、漢方ではどうだろう?と思いご来店してくださったそうです。

「今までは朝起きると、枕元が滲湿液で汚れたり、剥けてしまった皮膚で汚れてしまっていたが、気にならなくなりました。最初は半信半疑だったけど、漢方を飲んでみて良かった!」との嬉しいお言葉をいただきました。

 

 

漢方薬は症状や原因に合わせて適切に使用すれば、効果を実感して頂けるものです。
不安や疑問に思うこともすべてご相談うけたまわります。お気軽にご来店ください(*^^*)!

 

 

岡田厚生堂薬局 アトピー性皮膚炎など皮膚疾患のご相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局
岡田厚生堂薬局 ご予約・ご相談はお気軽にお電話ください 岡田厚生堂薬局

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

▲TOP