‘秋’ タグのついている投稿

秋の体調管理

2011/09/06

 

2011年9月        

9月となりました。
暦の上では秋を迎えますが、まだまだ暑い日が続きます。

今年の夏は格別暑かったせいか、夏バテを引きずっている方、体調が今ひとつすぐれない方が多く見受けられます。そのような方は体調の悪さをそのままにしておかないで早めにご相談にいらしてください。体調の悪さをそのままにしておくと、それが引き金になり循環器疾患等を起こすこともございますので安易に考えられませんように・・・。

 

さて、秋は東洋医学では「燥=乾燥」の季節となります。

つまり空気が乾燥するために、燥の邪気が原因となる呼吸器系の疾患がおこりやすくなるのです。ですから夏バテで抵抗力を低下させている方や、持病として呼吸器系疾患をお持ちの方は特に注意が必要な季節といえます。

それでは秋の乾燥期を健康に過ごすには、どのような養生が必要なのか、次にふれてみることといたしましょう。

 

●秋の乾燥期、漢方で肺を潤す●

 

健康な方の肺は陰液(血液・体液)によって潤され、呼吸や防衛の働きをしているものですが、乾燥した気候によって肺の陰液が不足してくると空咳(からせき)のどの渇き声のかすれ皮膚の乾燥感といった肺燥特有の症状が表れてきます。

 

このような時、まず食べものとしては、のど・気管支・肺などの呼吸器系を潤し咳を止める作用のある梨(なし)、ゆり根、レンコンといった食べものを積極的に採ってみてください。

肺・気管支などが炎症をおこした場合は、漢方薬の麦門冬湯(ばくもんどうとう)養陰清肺湯(よういんせいはいとう)がおすすめです。

気管支の乾燥を潤し、炎症を鎮めてくれます。東洋医学では季節の気(風・寒・暑・湿・燥)が人体のどの部を犯すのか、を考えていくことが基本です。つまり人体は絶えず自然界の気の影響を受けているということです。

 

●秋の乾燥期の健康増進にレオピンを!●

 

当店で健康増進におすすめしているレオピン類(キヨーレオピン、レオピンファイブ、レオピンロイヤル等)は五臓六腑の働きを増強する滋養強壮剤として皆様に親しまれているものですが、実は五臓六腑のなかでもとりわけ肺(呼吸器系)、脾胃(消化器系)に強いのです。

 

なぜ肺・脾・胃に強いのかと申しますと、東洋医学の理論に薬味・薬性・帰経という理論があり、レオピンの主剤であるニンニクの薬味・薬性が辛・温で、帰経は肺経・胃経なのです。ですからレオピンの主剤である熟成ニンニク抽出液は、肺・脾・胃を養うということになります。呼吸器系統の弱い方、消化器系統の弱い方へは特におすすめします。

 

店頭でも「レオピンを飲んで風邪をひかなくなった」「胃腸が丈夫になり体力がついた」といった感想を頂くことが多く、肺と脾胃が丈夫になる主剤ですので当然の結果といえるでしょう。

呼吸器系が弱い方にとっては秋はつらい季節になりますが、以上の養生法をご参考いただき、元気でお過ごしください。
それではまた来月・・・。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

季節(秋)と病気

2010/09/05

 

2010年9月        

暑かった8月を終え、9月を迎えました。

今年の夏の特徴は「熱中症」に罹った人が殊の外多く、異常な夏であったということです。

東洋医学的に言えば暑気(普通の暑さ)が暑邪(異常な暑さ)に変わり、その邪気が多くの人の体を犯した、ということになるでしょう。

 

人体に与えた影響の多かった8月を終え、9月に入ると自然のサイクルは「暑(しょ)」から「涼」そして「燥」の季節に変わります。 つまり涼しく、乾燥の季節となるのです。

 

「暑」が「心」を損うのであれば「燥=乾燥」は肺の機能を損います。東洋医学で言う「肺」は肺の系統という事で肺臓、気管支、鼻、皮膚などの系統の働きを言いますので、東洋医学で肺と言った場合、単なる肺臓のみを言っている訳ではありません。従って秋は肺の疾患、例えば喘息、そして鼻の疾患、例えばアレルギー性鼻炎、皮膚の疾患、例えばアトピー性皮膚炎などの症状が悪化する季節と言える訳です。

 

ところで当店で長年に渡りお客様、患者様に喜ばれている滋養強壮剤に「レオピン」という製品があります。レオピンはその内容の違いにより「キヨーレオピン」、「レオピンファイブ」、「レオピンロイヤル」という種別があるのですが、いずれも主剤が熟成されたニンニクの抽出液でこの特殊な製法で出来たレオピンは他に類はあっても比するものはありません。その位の優秀性を持った製品なのです。このレオピンが実は秋出やすい疾患である喘息、鼻炎、アトピーなどの体質改善に良いのです。

 

東洋医学で、ある薬物(食物)はある内臓を強化するという理論があります。専門的には薬物の「帰経(きけい)」という理論なのですが、その帰経理論によると大赫(ニンニク)は肺経、脾経に入り、肺・脾の作用を強化するという事になっているので肺系、脾系疾患の改善にレオピンが有効であるということが言える訳です。

 

という事で肺系が弱い方及び、肺系の疾患をお持ちの方は今からレオピンをお飲みになる事をお勧めします。今からお飲みになると現在の症状にも有効であるとともにこれからでるであろう症状、つまり冬場の風邪等に対しても肺系、脾系を強化した丈夫な体へと生まれ変る事が期待できるのです。

 

是非お試しになられては如何でしょうか。
最後に以上の事を分り易く図示しておきますのでもう一度みてみて下さい。

 

    ―  燥邪(そうじゃ)  →  肺(呼吸器官、鼻、皮膚を冒す)
           →  肺の陰液(いんえき)不足  →  (喘息、咳、鼻炎、皮膚炎の悪化)
           ←  レオピン(肺、脾の機能を高め、抵抗力、免疫力を増強)

 

  肺の生理
1.気を主り、呼吸を主る。
    宣発(せんぱつ)と粛降(しゅくこう)を主る
    (宣発-気を外方、上方へ、粛降-気を内方、下方へ向かわせる作用)。
    水の行り(めぐり)を主る。

2.
岡田厚生堂薬局

 

レオピンの最大のこだわりは“熟成”。なぜニンニクを熟成させたのか?

 

ニンニクは抵抗力増強などの有効性がある反面、胃粘膜を刺激するなどのデメリットも持ち合わせています。
そこでメーカーである湧永製薬では、約2年もの間ニンニクを熟成させ、ニンニク特有の不快臭、刺激性を軽減し、有効性と安全性の高い「熟成ニンニク抽出液」を開発しました。

 

ちなみにこの熟成ニンニク抽出液の製造法は1991年科学技術庁長官賞を受賞しております。

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP