‘精神不安’ タグのついている投稿

元気になるツボ

2014/12/13

 

2014年も、いよいよ年の瀬ですね。
一年の疲れがどっとでてしまうこの季節。元気になるツボで、笑顔で明るい新年を迎えましょう!

ツボは「気持ちいい」と思うくらいの強さで押しましょう。また、ツボの箇所を温めてから行うと良いでしょう。家庭用の灸などを活用するのもおすすめです。
はじめての方は、行う前に、岡田厚生堂薬局、鍼灸スタッフにご相談ください。

 

岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局  百会(ひゃくえ)

頭頂部のほぼ中央、気の流れをつかさどる。
めまい、ノイローゼ、脱毛症、ボケ、のぼせなど。

 

岡田厚生堂薬局  肩井(けんせい)

首の根本と肩先の真ん中。
目・耳・歯の諸症状、首・肩のこり、頭痛、めまいなど。

 

岡田厚生堂薬局  曲池(きょくち)

曲げたひじのシワの端っこ。
自律神経を調整、アトピーにも。

 

岡田厚生堂薬局  合谷(ごうこく)

手の甲の親指の付け根と人差し指の間のくぼみにある。
目・鼻・歯痛、発熱を緩和する万能ツボと呼ばれている。

 

岡田厚生堂薬局  気海(きかい)

おへその真下、およそ45mm(指2本分)下のところ。
吐き気、身体のだるさ、食欲不振に。

 

岡田厚生堂薬局  関元(かんげん)

おへその真下、およそ1.5cm(指3本分)下のところ。
胃腸障害、生理痛などに。

 

岡田厚生堂薬局  労宮(ろうきゅう)

手の平の真ん中、気のでるところ。
疲労回復、精神的な疲れにもよい。

 

岡田厚生堂薬局  血海(けっかい)

ひざから指3本分上の内もも。
冷え、生理不順、生理痛にもよい。

 

岡田厚生堂薬局  足三里(あしさんり)

むこうずねのすぐ外側、ひざから指3本分。
胃腸障害、下痢や便秘、更年期障害にも。

 

岡田厚生堂薬局  三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの上から指3本分。
水分代謝を促進、慢性の下痢、手足やおなかの冷えにも。

 

岡田厚生堂薬局  太衛(たいしょう)

足の甲で親指と人差し指の骨が接合するところ。
冷え、ストレス対策にも。

 

 

★あなたの体質に合った漢方薬、養生法をご提案します★
鍼灸院も併設していて安心!岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

月経前症候群(PMS)

2014/03/05

 

生理痛は通常、生理開始から1日目2日目が最もつらく、そのあとは自然に消えていきます。

生理前の3~10日前から起こり始めるイライラ・不安感・便秘・むくみ・腹部膨満感といった様々な症状のことをまとめて、月経前症候群(PMS:PreMenstrual Syndrome)または月経前緊張症といいます。

生理痛と違うのは、症状が表れる時期。
月経前症候群(PMS)は生理前から始まり、生理開始とともに消えていきます。

 

月経前症候群(PMS)主な症状
こころ からだ
 うつ、落ち込み、不安感  おなかや腰の痛み
 イライラ、怒りっぽい  腹部膨満感、重だるい
 集中力の低下  乳房痛、乳房の張り
 やる気にならない、疲れやすい  吐き気、嘔吐、下痢、便秘
 いくら寝ても寝たりない  めまい、動悸
 眠れない、寝つきが悪い  過食または食欲不振
 突然、きれい好きになる  頭痛、肩こり
 性欲が高まる、または減退する  むくみ、肌荒れ、にきび
岡田厚生堂薬局 岡田厚生堂薬局

 

現代医学では、卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモン、エストロゲン、プロゲステロンといったホルモンバランスによるものといった見解が有力ですが、原因不明として、痛みには鎮痛剤、吐き気には吐き気止め、といった対応が一般的にされています。

中医学の古典『傷寒論(しょうかんろん)』には『月経前に起こり月経がはじまると共に終わる症状』といった記述があり、およそ1700年前から女性の悩みだった月経前症候群(PMS)だということがわかります。

イライラ、むくみ、頭痛など、月経前症候群の症状は多彩ですが、中医学ではこれらを気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)のバランスの乱れによって起こっていると考えます。

漢方薬でまずは耐え難い症状に対応(漂治:ひょうち)しながら、漢方薬+生活習慣+食生活を見直し、気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)いずれかまたは複数の不調に対応、全体的なバランスを整えて根本的な解決(本治:ほんち)をしていきます。

 

岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局  バランスを整える

岡田厚生堂薬局  気(き)の異常

〔主な症状〕
イライラ、落ち込み、不安感、やる気がでない、疲れやすい、集中できない、味覚障害、過食または食欲不振、不眠

〔漢方薬〕
イスクラ逍遙丸、帰脾湯エキス顆粒KM、イスクラ酸棗仁湯顆粒、イスクラ開気丸など

 

岡田厚生堂薬局  血(けつ)の異常

〔主な症状〕
イライラ、怒りっぽい、眠れない、疲れやすい、頭痛、腹痛、腰痛、冷え、便秘、肩こり、寝つきが悪い、多夢

〔漢方薬〕
イスクラ婦宝当帰膠、イスクラ冠元顆粒、血府逐オ丸など

 

岡田厚生堂薬局  津液(しんえき)の異常

〔主な症状〕
むくみ、下痢、おりもの、悪心、吐き気、食欲不振、めまい、肌荒れ、ニキビ

〔漢方薬〕
イスクラ勝湿顆粒、イスクラ清営顆粒、イスクラ健胃顆粒S、香西洋参など

 

月経前症候群(PMS)が当たり前のことと思っていた方は、この機会に是非、自分の体の声を聞いてください。

心身のリズムが整うまでは、無理をせず、

岡田厚生堂薬局
  頑張りすぎない
  一日数回リフレッシュ
  食べ過ぎは禁物だけど、2回に1回は我慢しない
  大切なことは一旦横に置いて、時間をかけて決める
  体は絶対冷やさない
  食事をおろそかにしない
  排泄リズムを整える

といった、ちょっとした工夫をして過ごしましょう。

ひとりで抱えこまず、お気軽に岡田厚生堂薬局までご相談にいらしてください。

 

※ひとりひとりの体質や症状によって、おすすめの漢方薬が異なります。
貴方に一番ベストな漢方薬をチョイスする為にも、服用の際は岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

五月病の漢方的対応

2012/05/01

 

2012年5月        

5月となりました。
5月はゴールデンウィークなどがあり、レジャーに旅行にとても楽しい季節となります。

しかし一方自律神経系の病気が増える時期でもあります。
その筆頭が「五月病」といわれる神経系疾患ですが、今月はこの五月病などの自律神経系疾患について記していくことと致しましょう。

 

五月病は、新入学の学生や新入社の社会人などが、入学・入社の緊張から解放される5月に起こす神経疾患といわれ、その症状としては

岡田厚生堂薬局  疲れやすい、朝起きられない、食欲がわかない、めまいがする、頭痛・腹痛、眠れない

といった肉体的症状から

岡田厚生堂薬局  イライラする、焦燥感がある、やる気がでない、不安感がある

といった精神的症状など
起こる症状はその方によって様々です。

 

どのようなタイプの方に症状が起こりやすいかというと、『真面目』『几帳面』『周囲への気遣いをよくする』、優等生タイプで完璧主義の方に多いといわれています。 しかし、ストレスに比較的弱く、ストレスがその方のキャパシティを超えた時にかかり易いというのが本当のところでしょう。

 

次にその原因ですが
1.  新しい人間関係がうまくいかない
2.  新しい環境に適応できない
3.  新しい環境への不安・不満・失望感
4.  目標喪失

などが考えられます。
しかしいずれにしても「心の不調和」の結果起こす心身の不調症状ですので、心の不調和を立て直すことから始めなければなりません。

 

さて、では実際に中医学(中国漢方)ではどのように考えるのか次に触れてみることと致しましょう。

 

中国漢方医学では「心の病の原因」を七情の過不足から起こると考えています。
例えばストレスを受け、絶えず体が緊張にさらされていると心はイライラし、また逆に心配したりするものですが、このような心のバランスの乱れを中医学(中国漢方)では気のめぐりが滞る「肝気郁結(かんきうっけつ)」状態と考え、肝気郁結(かんきうっけつ)の改善を試みるのです。

 

五月病は中国漢方医学でいうと、肝の支配下でスムーズに流されるべき「気」「血」「水」が体の各所で滞った状態とみることが出来、結果的に五月病を起こす主な原因が肝気郁結(かんきうっけつ)によるとみることが出来るのです。

 

それでは最後に肝気郁結(かんきうっけつ)を含め、五月病にはどのような漢方薬を用いるのか、紹介することといたしましょう。

 

岡田厚生堂薬局  五月病に対応する漢方処方

岡田厚生堂薬局  加味逍遙散(かみしょうようさん):
滞った気を巡らせ、不足した血を補う。イライラタイプの方に。
岡田厚生堂薬局  開気丸(かいきがん):
気の滞りがある消化器症状のある方に。
岡田厚生堂薬局  帰脾湯(きひとう):
気血を補い精神を安定、不眠の方に。
岡田厚生堂薬局  逍遙丸(しょうようがん):
怒りっぽい、うつ気分、目の充血、お腹にガスが溜まるなどの症状を解消し、気の滞りの改善に。
岡田厚生堂薬局  天王補心丹(てんのうほしんたん):
ストレスによる五臓六腑の心と腎のバランスの乱れに。のどの渇き、動悸、不安、恐怖、多夢、足裏のほてりなどの改善に。

 

五月病に用いるその他の漢方処方は、
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、柴朴湯(さいぼくとう)、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)、柴苓湯(さいれいとう)、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
などです。

 

いずれにしても、春の気候的特性は肝に影響を与え、自律神経系を乱しやすく、五月病などの神経疾患を誘発しやすいので、肝郁系タイプの方は要注意といえるでしょう。

それでは今回はこの辺で。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

春の養生と逍遥散

2011/05/05

 

2011年5月        

5月を迎えました。

本来なら陽気の良さにつられてレジャーなどに繰り出したいところでしょうが、先の震災で被災された方々の事を思うと、そんなことは言っていられないでしょう。

被災された方々、避難されている方々へは一刻も早く元気を出せますよう、また通常の生活に戻れますよう、私たちも更なる支援・そして応援をしていきたいと思います。

 

さて5月のよもやま話は、春の養生その【2】として、肝郁、つまりストレスを受けたの状態を改善する逍遥散(しょうようさん)について記していきたいと思います。

前回も記したように、春は五臓のなかではと関連する季節です。そしては疏泄を主どる、といわれるように気血を円滑に流すことを仕事とする臓器なのです。

しかし、生来肝の疏泄機能が弱い人にとっては春の陽気はの負担となります。日本人の体質は案外こういう人が多いのですが。。。。

このように春は疏泄機能が弱い人にとっては体調管理が難しい季節となります。そこでこのような人にとって、否、多くの日本人にとって春に必要な漢方薬が逍遥散(しょうようさん)ということになるのです。

逍遥散(しょうようさん)は、を補い、気の流れを良くすることで体全体の新陳代謝を正常化する目的の漢方薬で、古代中国の哲人荘子が仙境に入ってのびのび自由に生きることを”逍遥”と呼んだことに因み、その名がつけられたことからもわかるように、うっ滞したの機能を回復し、のびやかな精神活動を取り戻してくれる漢方薬です。

それでは春の季節に活躍できる逍遥散(しょうようさん)について次に記してみることといたしましょう。

 

岡田厚生堂薬局  逍遥散  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局  構成  岡田厚生堂薬局
柴胡(サイコ)・薄荷(ハッカ)・当帰(トウキ)・白芍(ビャクシャク)・白朮(ビャクジュツ)・茯苓(ブクリョウ)・甘草(カンゾウ)・生姜(ショウキョウ)

 

岡田厚生堂薬局  効能  岡田厚生堂薬局
疏肝(そかん)・養血(ようけつ)・健脾(けんぴ)

 

岡田厚生堂薬局  主治  岡田厚生堂薬局
血虚をともなう肝気うっ結

 

解説書では、上記のように記されておりますが、易しく直しますと、精神的ストレスによる諸症状(イライラ、抑うつ、食欲不振、下痢や便秘を繰り返す、頭がふらつく、手足のしびれ)に有効である、ということになります。

 

とかくストレスを抱え込みがちな日本人は、ストレスによりに蔵している血が消耗しがち、となります。肝血(かんけつ)が不足すると人体はどうなるのか?

 

そう、ストレスに弱くなるのです。
また季節では春に弱くなります(春は精神的に不安定になりやすい為)。

ということで逍遥酸の解説を終えますが、日本では逍遥酸の丸剤タイプである逍遥丸として出ております。また漢方薬をお求めの際は、しっかり勉強し適切なアドバイスが出来るお店を選びましょう。

 

「春と肝とストレス」まとめ
・・・気の流れを調節する血(血液)を蓄える
肝の機能の低下・・・感情が不安定になる
・・・肝気過剰―――怒りっぽくなる
         肝気不足―――抑うつ状態になる

 

それではまた来月!

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

心神不安

2011/04/04

 

地震?!
常に揺れている感じがする・・・

2011年3月11日、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生しました。
度重なる余震や放射能汚染に対する恐怖や不安を抱えていらっしゃる方に
是非読んで頂きたいと思い、記事にしてみました。

 

 

「地震ではないのに、体が揺れている感じがする」
「不安で眠れない、眠りが浅くなった」

こうした感覚とともに耳鳴り・めまい・動悸・頭痛といった症状が表れてきます。

でも大丈夫です!
中医学の知恵を借りれば、ちょっとの工夫で乗り越えられます。
ひとりで悩まず、無理をせず、是非この文章を参考にしてみてください。

 

不眠

 

岡田厚生堂薬局  思い込みすぎなの・・・?

毎日、原発関連のニュースが流れ「すぐに健康に被害がでるものではない」という日本政府の見解に対して、国際原子力機関(IAEA)評価では最悪の「レベル7」、収束の目処が見えない状態で、国民が不安になるのは当たり前、決して思い込みすぎではありません。

「地震はいつまたくるのか?」
「津波は大丈夫だろうか?」
「放射能汚染はどのくらいの影響があるのか?」
「仕事はいつから復帰できるのか?」
「農作物は売れるだろうか?」

地震も放射能も先行きも、目にみえないゆえ、余計に不安が増大します。
こうした不安が募ると、体にも影響が出てきます。

 

岡田厚生堂薬局
岡田厚生堂薬局  揺れている感じがして落ち着かない。
岡田厚生堂薬局  ちょっとの揺れに敏感になる。
岡田厚生堂薬局  なかなか寝付けない。
岡田厚生堂薬局  眠りが浅い。
岡田厚生堂薬局  夢が多く寝た気がしない。
岡田厚生堂薬局  耳鳴りがする。
岡田厚生堂薬局  耳がぼっ~とする。
岡田厚生堂薬局  頭痛がする。
岡田厚生堂薬局  動悸(胸がドキドキ)がする。
岡田厚生堂薬局  紅い斑点がももやうでの内側に出る。

中医学ではこの状態を引き起こす急性のストレスを心神不安(しんじんふあん)といいます。

 

 

岡田厚生堂薬局  心神不安(しんじんふあん)

心神不安は、(しん)(かん)が関係した肝気上衝心包と解きます。

【心(心臓)は神(精神)を蔵し司る】といわれており、心神が安定していれば、精神活動が安定し五臓も元気!ですが、心神が不安定になると精神活動が不安定になり、特に肝気・腎・陰血に影響を与えます。

よって、肝の気をめぐらせてあげること、腎の機能を正常化すること、陰血を補い、流れをめぐらせてあげることがポイントとなります。

実際には、ツボを押したり、食事や漢方薬で補ったり、生活習慣を見直すことで対応できます。

尚、急性ストレスである場合は、効果が早く期待できます。
逆に放置したままにしておくと、治すのにも相応の時間がかかり難しくなってきます。

 

 

岡田厚生堂薬局  セルフケア★つぼ

おすすめのつぼは【内関】【失眠】という2つのつぼです。

いずれも左右両方(右腕・左腕、右足裏・左足裏)にありますが、ぐっと押した時に痛みの感じる方を重点的に行うと良いです。
気持ちがいいと感じるくらいの強さで、気分が悪くなる場合は控えましょう。

 

不眠つぼ内関

 

不眠つぼ失眠

 

 

岡田厚生堂薬局  セルフケア★食事

岡田厚生堂薬局  不安・心配・のぼせ・めまいにオススメの食べもの  岡田厚生堂薬局

鶏のハツ、 まぐろ、 ひらめ、 こんぶ、レタス、アスパラガス、セロリ、トマト、苦瓜、ピーマン、桃、イチゴ、 はすの実、竜眼肉、ローズヒップティー、ジャスミンティー      など。

 

岡田厚生堂薬局  イライラ・ストレス・躁鬱にオススメの食べもの  岡田厚生堂薬局

牛肉、鶏レバー、アサリ、キャベツ、セロリ、春菊、ちんげんさい、玉ねぎ、紫蘇、ぶどう、金柑、干し椎茸、酢、カモミールティー、ミントティー      など。

 

 

岡田厚生堂薬局  就寝前に避けたいこと  岡田厚生堂薬局

就寝時間3時間前には、神経を刺激することは避けましょう。

例えばテレビや本、本を読むと眠くなる方もいますが内容にもよります。

ドキドキハラハラするミステリーや怪談など、脳を刺激するものは避けましょう。

また、おなかがいっぱいになると眠くなる人もいます。

しかしこれは、「血液が胃の消化活動に集中するため」の現象です。

胃の消化活動中に眠りについた場合、体は食べものの消化に集中しますので、体は起きている状態。
眠りは浅くなります。

夕食は就寝3時間前までに摂りましょう。

あとは、体を温めて緊張をとり、時間に余裕をもってベッドに入ること。

寝る前にノンカフェインの香りの良い温かいお茶を飲むのもオススメです★

 

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの漢方薬  岡田厚生堂薬局

心神不安でよく使われる漢方薬には以下のようなものがあります。

  酸棗仁湯顆粒(さんそうにんとうかりゅう)
  温胆湯エキス顆粒(うんたんとう)
  帰脾湯(きひとう)
  苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
  補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
  抑肝散(よくかんさん)
  杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
  シベリア人参茶

これらは一例ですが急性のストレスにおいては早く効果が表れます。

※漢方薬は医薬品です。
ひとりひとりの症状や状態によって対応する漢方薬が違ってきますので必ず専門スタッフにご相談のうえ上手に活用しましょう!

不安不眠、リラックス

 

一人で無理をする必要も、我慢する必要もありません。
なんでもお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP