‘風邪’ タグのついている投稿

天津感冒片について

2013/11/03

 

2013年11月        

11月を迎えました。
今年もあと2ヶ月です。
月日の経つのは本当に早い。うかうかしているとあっという間に一年が過ぎます。うかうかしないよう、日々をしっかりと生きたいものです。

ということで、今月はそろそろカゼが流行ってくると思われるので、カゼ、特に風熱型の感冒によく使われる天津感冒片(てんしんかんぼうへん)について記してみようと思います。

 

天津感冒片(てんしんかんぼうへん)は風熱型(発熱、咽腫痛の症状を出す型)の感冒に用いられる他、咳のある感冒、ウイルス性のインフルエンザなどに使われる感冒中成薬の代表処方です。

中医学では、カゼを  (1)風寒型(ふうかんがた)感冒、 (2)風熱型(ふうねつがた)感冒、 (3)風湿型(ふうしつがた)感冒、と分類し、治療法を分けて考えていくのですが、天津感冒片(てんしんかんぼうへん)はこのうちの風熱型感冒に適応する感冒薬となります。

製造元のイスクラ産業(株)の解説書を見ると、本品は「銀翹散(ぎんぎょうさん)」に清熱解毒作用を増強するために芦根(ロコン)の代わりに羚羊角(れいようかく)が加味された処方となっている、とされ、効能・効果としては『かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛』に、更に『悪寒より熱が強く、のどの痛みを伴うもの』に適応する、と書かれています。

現代医学ではカゼの治療薬として解熱剤、抗炎症剤、更に咳が出ていれば鎮咳去痰剤、また鼻水が出ていれば抗ヒスタミン剤、細菌性のものであれば抗生物質、と症状に対して薬を投与する(対処療法)という方法論をとりますが、中医学での治療法は現代医学とは異なる治療法(分類法)をとるのです。

従って、それを理解したうえで天津感冒片(てんしんかんぼうへん)の処方内容を見てみますと、

金銀花(きんがんか)、連翹(れんぎょう)、羚羊角(れいようかく)、竹葉(ちくよう)、薄荷(はっか)、淡豆?(たんとうし)、荊芥(けいがい)、桔梗(ききょう)、甘草(かんぞう)、牛蒡子(ごぼうし)の十味が合わさった処方であり、それ等生薬の概ねの効能は、風熱邪を発散し、熱毒を消退させ、風熱邪による肺の機能失調(肺気不宣:はいきふせん)や咽喉不利を回復させるように働く、ということになるのです。

そして、その効能を更に引き出すならば、

 

せき(+++)  →  麻杏止咳顆粒(まきょうしがいかりゅう)併用

鼻づまり(+++)  →  鼻淵丸(びえんがん)併用

鼻づまり(+++)  →  勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)併用

というように、多彩な症状に応用が可能となるのです。

ただし、これらの併用は専門的な知識を必要とするので、使用する場合は、我々専門家にご相談ください。

 

ということで、天津感冒片(てんしんかんぼうへん)の解説はこの辺で終えたいと思いますが、最後に強調しておきたいことは、感冒に限らず、すべての病気を治すものは自然治癒力や恒常性という人体がもつ自然の回復力なのです。

従って、この回復能を無視しての治療は、本来の治療とはいえないのです。

当店では、この自然回復能を低下させないよう、そして増強するよう、熟成ニンニク抽出液主剤のレオピン剤をおすすめしております。

 

それでは今回はこの辺で。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

スムーズな排泄で健康な毎日を

2012/11/10

 

人間は、空気と食べものから生命活動を維持するために必要なエネルギーを得て、生きています。

食べものの栄養素のなかで、炭水化物(エネルギーになる)・たんぱく質(体を作る)・脂質(熱エネルギーになる)・ビタミン(体の調子を整える)・ミネラル(骨を作る、体の調子を整える)を五大栄養素といい、ここに水と食物繊維を加えて、どれも体に必要なもので、同時に過剰でもいけません。

五大栄養素の定義とは別に、厚生労働省・農林水産省の策定した食事バランスガイドがあります。食事バランスガイドは国民の健康的な食生活の指標として、何をどれだけ食べたらよいか、がわかるガイドラインです。

[参考:農林水産省]

食物に含まれる栄養素は複数の場合が多いので、栄養素というくくりではなく、食物で表現しているので実際の食生活に取り入れやすいガイドラインですね。いずれにしましても、人間が生命活動を維持するためには、空気と食べものが必要なのです。

 

 

岡田厚生堂薬局  取り込んで排出する

空気から酸素を取り入れたら二酸化炭素などを排出、食物から栄養を取り入れたら要らないものは便や尿、汗として排出をします。

この時、不要なものとして、体内に侵入した毒物や細菌・ウイルスなども、体内で解毒・無毒化されて体外へ排出するようになっています。

排出のメカニズム

明らかに「体に毒である」ものは嘔吐され、体内にうまく忍び込めた病原菌や食べものに含まれる毒も肝臓や免疫細胞、腎臓によって無毒化され便や尿、汗として排出されます。体内組織内での処理中に生成された毒性の高いガスは、おならやげっぷとして排出されます。

 

 

岡田厚生堂薬局  ウイルスや細菌を排出する仕組み

中医学では、体の外にある病気の原因を、外邪(がいじゃ)と呼びます。
外邪は自然界にある気のことで、風・寒・暑・湿・燥・火・熱などですが、これらが健康に外を及ぼす時にそれぞれ風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・火邪・熱邪となります。

岡田厚生堂薬局

例えば、万病のもとである風邪(かぜ)は、最初、風邪(ふうじゃ)に侵される病気です。

風邪(ふうじゃ)が体内に侵入し、免疫細胞がサイレンを鳴らします。(→ 悪寒がする、だるくなる、不安になる)

次に、発熱発汗もしくは鼻水や咳、下痢といった症状が表れます。

発熱することでウイルスや細菌を殺し、発汗や鼻水・痰・排便によって異物を除去しようとする、体の防御システムの稼動がはじまります。
(発熱は血管拡張をし、血流をスムーズにし、免疫細胞が働きやすくするためでもあります)
(血液中の排泄すべきものをすばやく排出してくれるのが汗です)

鼻の中には、ウイルスや細菌をとらえて殺菌するためのリゾチームやラクトフェリンといった成分の含まれた粘液があり、またIgAという抗体が微生物をだんご状にして体内に侵入させないよう働いています。

ここを通過してしまったウイルスや細菌は、今後は気管支の絨毛(じゅうもう)により、上へ上へと上げられて、痰となって排出されます。

更に気管支も通過してしまったウイルスや細菌は、肺の肺胞マクロファージに食べられて、痰として排出されます。次に胃まで到達しても、胃酸により殺菌され便として排出されます。

よって、人間はおいそれと外邪に侵されたりはしないのです。

 

ところが、風邪をこじらせてなかなか治らなかったり、肺炎になってしまうことがあります。

それは何故でしょう。

それは、これらの体の防御システムがうまく稼動できない原因があるからです。

皮膚も同じです。

顔や手、うで、足、など、外気にさらされる皮膚は、おなかや脇などと違って固くできています。大腸菌が足や手についても化膿しません。皮膚からウイルスや細菌が侵入しないようにできているのです。しかし、この壁に傷が入ってしまったり、薄くもろくなってしまうとどうでしょう。簡単にウイルスや細菌の侵入を許してしまうことになります。

異物処理能力を高めること、つまりスムーズに排出できる環境を整えることが病気にならない方法だといえるでしょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  スムーズな発汗

夏場に暑くても汗をかきにくい方がいます。
汗をかきにくい方は、冷え性低体温自立神経失調めまいむくみ、といった症状を併せもつ方が多いです。

これは、生活習慣と関係があります。
エアコンの効いた室内に長時間いる、外気にあまり触れない、季節の旬のものをあまり食べない、こうした生活が続くと、汗をかきにくくなり、体温調整機能の低下、免疫機能も低下します。

この場合は
岡田厚生堂薬局  まずエアコンに頼らず、外気に触れる時間を多くしてみましょう。
岡田厚生堂薬局  そして適度に運動をして体を動かすようにしましょう。

汗腺は、人体のなかでもまだ未完成の状態であり、使わないと退化しやすい器官でもあるといわれています。

汗をかきにくくなってしまった方は、43℃~44℃の湯に腰までつかって汗腺を刺激したあと、水でぬるくして、38℃くらいの湯につかり、みぞおちくらいまでの半身浴で汗腺の働きを促進しましょう。

または、手足だけを43℃~44℃の湯につけて温めながら、体は38℃くらいの湯で半身浴、でも良いでしょう。

2週間~1ヶ月くらいで、汗腺の調子が戻ってくると良いですが、葛根湯(かっこんとう:葛根・麻黄・大棗・桂皮・芍薬・甘草・生姜)麻黄湯(まおうとう:杏仁・麻黄・桂皮・甘草)小青竜湯(しょうせいりゅうとう:半夏・麻黄・桂皮・乾姜・五味子・芍薬・甘草・細辛)という漢方薬もございます。

その方の証によって、合う漢方薬も異なります。お気軽にご相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局

 

 

岡田厚生堂薬局  スムーズな排尿・・・排水の腎

「尿が出にくい」「頻尿」「夜に尿意で目が覚める」「残尿感がある」といった症状がある場合は、多くの場合、腎(じん)の働き自体に問題があると考えます。

発熱、無汗、関節痛、寒気、頭痛といった症状がある場合は、麻黄湯(まおうとう:杏仁・麻黄・桂皮・甘草)を用いますが、症状が進行していて浮腫(むくみ)や神経症などを併せもつ場合は、麻黄加尤湯(まおうかじゅつとう:杏仁・麻黄・桂皮・甘草・蒼朮[白朮])を、更に口渇や煩わしさといった症状が出てきている場合は、五苓散(ごれいさん:蒼朮[白朮]・茯苓・沢瀉・猪苓・桂皮)が代表的な漢方処方となります。

しかし、熱症状ではなく、寒症状がある場合では、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう:半夏・厚朴・茯苓・蘇葉・生姜)がファーストチョイスとなります。

排水に関係の深い腎(じん)は、余分な水分や排泄物を尿として排水するだけでなく、生長・発育・生殖とも深い関わりがあり、つまり老化現象ともつながります。実際の年齢には関係なく、口渇・尿量減少または増量・腰痛・倦怠感・性欲減退といった症状がある場合は杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)がベストチョイスとなります。

 

 

岡田厚生堂薬局  スムーズな排便

岡田厚生堂薬局

排便は一日一回、と云われているように、便をためていると健康を害することは古くから知られています。

小腸から水分をとられて大腸に送られてきたばかりの便は水分を多量に含んでおり、大腸壁からも水分が吸収されます。もし悪玉菌などの影響によって大腸壁から水分が吸収されないままで排便されると下痢となります。下痢でも便秘よりは良いです。下痢で有毒な菌を排出しなければ、毒素は体内に留まって病気の種となるからです。

小腸の腸壁はなんと二日に一回、剥がれて作り変えると云われています。テニスコートくらいある小腸の腸壁や、胃壁や大腸の腸壁も6日おきに剥がされ、これらは全て大便となり排出されます。大便には体内に入り込んだ異物や体内で生成された異物、肝臓での解毒物が含まれ、また、大便の1グラムあたりには腸内細菌の死骸が一兆個ほどあると云われています。

以上が大便の中身のほとんどで、実は食べもののカスはほとんどありません。
いかに人間が食べものの栄養素を有効利用しているか、がわかりますが、同時に便の中身のほとんどは体内にあってはならないものである、ということがおわかり頂けると思います。

ゆえに排便は出来るだけスムーズに行うことがベストです。

「食生活」「ストレス」「便意をがまんする」「水分不足」「血液循環が悪い」といったことが便秘の原因になりますので、まずは原因を探し、便秘を解消していきましょう。

それから、毎日快便!といった方でも、宿便には気をつけてください。宿便は4日以上、大腸内にこびりついている便のことです。腸管壁に腸憩室をわざわざつくって、そこに停滞してしまう便(古便)もあります。

排便のあとに横になって、おなかをおさえて、しこりや固まりがないか、触ってみましょう。

どこをおさえてもやわらかいおなかであれば、宿便はないといえますが、しこりや固まりがあり、圧すると痛みが走るという場合は、ガスか宿便がたまっていると思われます。

便秘ははじめ、腹部の膨満感といった症状から、吐き気めまい食欲不振腹痛不眠精神不安頭痛肌荒れ、と長期にわたるに従い、様々な症状を引き起こしていきます。更に長い年月を経ると、腸内細菌が有毒物質を作って、腸壁から全身に毒素が広まり、ガンなどのさまざまな病気の引き金にもなっていきます。

スムーズな排便のポイント
岡田厚生堂薬局  便意を感じたらすぐにトイレに行く
岡田厚生堂薬局  朝一番でコップ一杯の水を飲む
岡田厚生堂薬局  食物繊維だけでなくバランスの良い食生活を心がける
岡田厚生堂薬局  加熱した温かい食事を心がける
岡田厚生堂薬局  食事の時間、睡眠の時間を規則的にする
岡田厚生堂薬局  こまめに体を動かし、有酸素運動を日課にしよう

 

 

岡田厚生堂薬局は、鍼灸院も併設しておりますので、鍼灸での対応もできます。
また、もちろん、便秘を改善する漢方薬、宿便を排出する漢方薬もございます。
お気軽にご相談にいらしてください 岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

赤青黄色の風邪

2011/11/04

 

乾いた冷たい風邪が吹く季節は、風邪(ふうじゃ)の影響を受けやすく、風邪をひきやすくなります。

もともと風邪を引きやすい方は抵抗力・免疫力が弱まっていると考えられますが、他にも忙しい毎日を送っている方や、ちょっと無理をしてしまう方、社会生活(伝染)といった環境により、どんなに風邪予防に注意を払っていても風邪をひいてしまうことがあります。

 

 

岡田厚生堂薬局  早め早めに対処しましょう

岡田厚生堂薬局

風邪は万病のもと、といわれます。
こじらせると他の疾患を招くことも。

「風邪かな?」と思ったら、すぐに薬局薬店にご相談いただくと大病に至りにくいと思います。

その時に気をつけて頂きたいことは、風邪の症状別に対処方法を変えることです。

適切な対応により、より早く、確実にウイルスを外に追い出し、元気なからだに戻ることができるでしょう。

 

 

岡田厚生堂薬局

 

 

岡田厚生堂薬局  赤い風邪

岡田厚生堂薬局 主な症状

岡田厚生堂薬局  頭痛や発熱がある。
岡田厚生堂薬局  喉が赤く腫れている。
岡田厚生堂薬局  鼻水や痰が黄色く粘っこい。

そんな場合は体の熱を冷ましながら発汗させる漢方薬天津感冒片(てんしんかんぼうへん)涼解楽(りょうかいらく)がベストです。

赤い風邪

 

 

岡田厚生堂薬局  青い風邪

岡田厚生堂薬局 主な症状

岡田厚生堂薬局  ゾクゾクと悪寒がする。
岡田厚生堂薬局  全身筋肉痛。
岡田厚生堂薬局  鼻水や痰が透明で水っぽい。

そんな場合は体を温めて発汗を促す漢方薬葛根湯(かっこんとう)や、体力が落ちている時の頂調顆粒(ちょうちょうかりゅう)がベストです。

青い風邪

 

 

岡田厚生堂薬局  黄色い風邪

黄色い風邪 主な症状

岡田厚生堂薬局  下痢がある。
岡田厚生堂薬局  吐き気、嘔吐、食欲不振を伴う。
岡田厚生堂薬局  体がだるい。

そんな場合は体の余分な水分を出し水分代謝を整える漢方薬勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)と胃腸を整えるハーブ晶三仙(しょうさんせん)がベストです。

黄色い風邪

 

 

岡田厚生堂薬局  風邪予防には、うがい&手洗い&板藍茶!

岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  うがい  岡田厚生堂薬局
岡田厚生堂薬局  手洗い  岡田厚生堂薬局
岡田厚生堂薬局  マスク  岡田厚生堂薬局

風邪の予防に、みなさまはどのような事をされていますか?

うがい・手洗い・マスクの他には
岡田厚生堂薬局  りんごを毎朝食べる
岡田厚生堂薬局  にんにくを食べる
岡田厚生堂薬局  ネギや生姜を食べる
岡田厚生堂薬局  大根はちみつを作る
岡田厚生堂薬局  首と足元を温める
岡田厚生堂薬局  湯たんぽを欠かさない

昔からのいろいろな知恵が、風邪予防にも活かされていますね。

中国でも健康を守るためのさまざまな習慣があります。

そのうち、欠かせないのが板藍根(ばんらんこん)です。中国の家庭の守り神として常備されているポピュラーなものです。

板藍根(ばんらんこん)はアブラナ科の植物、ホソバタイセイの根です。乾燥させた根を粉末にしてお茶にして飲んだり、溶かした水でうがいをしたりします。

今では日本の漢方薬局薬店でもオリエンタルハーブとして販売しております。
日本でもポピュラーになってきた板藍茶板藍のど飴を、是非一度お試しください!!

 

 

岡田厚生堂薬局  お客様の声  岡田厚生堂薬局

板藍茶

岡田厚生堂薬局  「風邪かな?と思ったら我が家ではすぐに板藍茶でうがいをします。天然のものなので子どもにも安心です。」

岡田厚生堂薬局  「のどが痛い、という同僚に板藍のど飴をあげています。レモン味で美味しいし、すぐに楽になるので大好評!今では科のみんなで大袋で購入して常備しています。」

 

板藍のど飴
岡田厚生堂薬局  「バッグの中に板藍のど飴を常備しています。咳をしている友人にもすぐに分けてあげられるように。おかげで女子力アップ?!したかな(笑)」

岡田厚生堂薬局  「うちでは日本茶の隣に板藍茶が置いてあります。お湯に溶かしてお茶として飲むだけなのでとてもラクチンです。おかげで去年も今年も風邪知らずです。」

(※個人の感想であり効果効用をうたったものではありません)

 

 

職場や家庭でのストレス、不規則な生活、食生活・・・
現代の生活環境には、抵抗力や免疫力が弱くなる要因がたくさんあります。

しかし、それぞれの事情により生活環境を変えるのはなかなか大変ですね。
そんな時は漢方薬やサプリメントに助けてもらいましょう。

岡田厚生堂薬局では、ひとりひとりに合った方法をご提案しています。
是非、お気軽にご来店・ご相談ください♪

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

「寒気の強いカゼ」と「熱っぽいカゼ」

2010/11/05

 

2010年11月        

11月となりました。11月は秋から冬への移行期に当たります。

東洋医学では秋は肺が旺じる(盛んに働く)季であり、又次の冬は腎が旺じる季となっています。 従って人体の五臓六腑の肺、腎、そして季節の変わり目に旺じるとされる脾の弱っている方は充分注意しましょう(季節の変化に体がついていかないので)。

さて今月はこれから流行る事が予想されるカゼ、そして流行性感冒などの東洋医学的対応方法について記してゆきましょう。

 

東洋医学ではカゼを病名でその治療法を考えるのではなく、邪気(ウイルスや寒さなど)などの性状によってカゼを分類し、その治療法を考えてゆくのです。

専門的には「風寒証(ふうかんしょう)」、「風熱証(ふうねつしょう)」などと分類するのですが、具体的には「寒気の強いカゼ」「熱っぽいカゼ」といった様に分類し、夫々にあう漢方薬を考えてゆくのです。

 

ですから一般的に言われているカゼの初期には葛根湯(かっこんとう)、鼻水が出るカゼには小青竜湯(しょうせいりゅうとう)という使い方は専門的にはしません。

従って漢方薬を服用しようと思う時は専門家の指導のもと正しく使いましょう。
という事で次に寒気の強いカゼ(風寒型)、熱っぽいカゼ(風熱型)の漢方対応方法に入ってゆきましょう。

 

岡田厚生堂薬局 風寒型(ふうかんがた)   悪寒が強い、軽い発熱、頭痛、鼻水、くしゃみ等

    漢方薬 麻黄湯(まおうとう)、桂枝湯(けいしとう)、葛根湯(かっこんとう)

    食養生 辛味があって発汗をうながし体を温める作用のある食物(しょうが、長ネギ、しそなど)をお粥かスープなどにプラスして食す。

岡田厚生堂薬局 風熱型(ふうねつがた)   発熱が強い、悪寒は軽い、咽痛、咳嗽

    漢方薬 天津感冒片(てんしんかんぼうへん)、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、小柴胡湯加桔梗石膏(さいことうかききょうせっこう)

    食養生 体を冷やし、熱の邪気を追い出す作用のある、大根、ごぼう、みそなどを食す。

 

インフルエンザには医療機関での補助として「風熱型」の漢方に「板藍根(ばんらんこん)」などの抗ウイルス作用のある生薬を加えて使用すると良いでしょう。

 

岡田厚生堂薬局  正気の大切さ

 

最後にいつも言う事ですが「病気は何が治すのか」

 

病気は「医療者や薬が治すものではありません」。

その人の持つ体力(抵抗力、自然治癒力、免疫力)が治すのです。従ってその人の体力が強ければ発病しにくいばかりか、発病したとしても早く治ります。

これはカゼのような感染症にしても同じ事です。これを東洋医学では「正気強ければ邪(ウィルス、寒気、熱気等)これをおかさず」と言っているのです。

 

ですからこれから寒くなってカゼの流行るシーズンに入ってゆきますが、カゼの最高の予防法は免疫力(正気)を低下させない事です。

その為免疫力を低下させる、不摂生、睡眠不足、過労などを慎み免疫力を低下させない様充分注意しましょう。

その上で抵抗力を高める滋養強壮剤「レオピン」などを服用すると更によいでしょう。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP