生理不順

 

生理不順とは文字通り生理(月経)の周期が一定しないことを指します。

実はこれが不妊と深く関わっています。

岡田厚生堂薬局生理周期は初潮から数年は安定しないものですが、次第にある程度の周期が読めるようになるものです。

個人差はありますが、一般的に25~35日間が一周期となっています。

生理不順の背景には、無排卵月経、卵子の質が悪い、排卵がうまくいかない、黄体ホルモン(高温期維持に必要)の働きが悪いなどの理由が潜んでいる可能性があるので、「生理の周期が安定しない」事を軽視すべきではありません。

これらの状態を中医学では気血両虚(きけつりょうきょ)や腎虚(じんきょ)という虚症(きょしょう:働きが低下している)に属するものと考え、足りない力を補う方法で対応していきます。

 

岡田厚生堂薬局  気血両虚(きけつりょうきょ)

とは生命エネルギーのことで、体の中を巡って隅々を栄養する栄気(えいき)や、体を守るバリア機能を担う衛気(えき)などがあります。は血液です。血液の役割は体の隅々にまで栄養と酸素を届け、老廃物などを排出する役割を担っています。

が虚する=つまり足りなくなると、それぞれの働きが低下し、体に十分な酸素や栄養が行き届かなくなる他、いらないものの排出もうまくいかず、免疫力も低下する為、顔色は白っぽくなり、髪や肌に艶がなく、疲れやすくなり、食欲不振、不眠といった症状が表れます。

が足りない方へは補気(ほき:気を補う)が足りない方へは補血(ほけつ:血を補うこと)という方法で対応していきます。

 

岡田厚生堂薬局  気(き)を補う食べもの

しめじやしいたけなどのキノコ類、大豆、ブロッコリー、粟、うるち米、もち米、大麦、山芋、蜂蜜、豚肉、牛肉など。

 

岡田厚生堂薬局  血(けつ)を補う食べもの

鶏肉、牛レバー、竜眼肉、ナツメ、小松菜、ほうれん草、人参、きくらげ、松の実、すっぽんなど。

 

 

岡田厚生堂薬局  腎虚(じんきょ)

中医学でいうとは生長・発育・生殖を司る器官です。の力は老化と深い関わりがあり、の力が低下すると白髪や耳鳴り、不妊といった症状が表れます。の力が弱い方へは補腎(ほじん:腎を補うこと)という方法で対応します。

元気な赤ちゃんを授かる為にも出産する為にも、のちからが整っていないといけません。毎日の食べものや漢方薬で補ったり、生活スタイルで整えたりすることが大切です。

 

岡田厚生堂薬局  腎(じん)を補う食べもの

山芋、黒ゴマ、黒米、黒豆、ひじき、くるみ、枸杞子など。

 

 

代表的な漢方薬

岡田厚生堂薬局

 

※ひとりひとりの体質や症状によって、おすすめの漢方薬が異なります。
貴方に一番ベストな漢方薬をチョイスする為にも、服用の際は岡田厚生堂薬局にお気軽にご相談ください!  岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

タグ: ,