‘アンチエイジング’ タグのついている投稿

鼻呼吸と口呼吸

2013/11/10

 

人間は本来鼻で呼吸をするようになっています。しかし、喘息や花粉症の方のほとんどが口で呼吸をしています。口で呼吸をするので、喘息や花粉症、風邪をひきやすい状態になる、と考えてもよいです。

鼻呼吸と口呼吸、何が違うのでしょうか・・・?

 

岡田厚生堂薬局☆鼻呼吸と口呼吸

鼻は匂いを嗅ぐ器官ですが、同時に外邪から身を守る役割を担い、一次防衛システムのひとつでもあります。

鼻を通ることによって、空気の温度・湿度が、体内で丁度良い温度と湿度に変換されて、肺へと送られます。

また、鼻の中には、ウイルスや細菌をとらえて殺菌するためのリゾチームやラクトフェリンといった成分の含まれた粘液があり、またIgAという抗体が微生物をだんご状にして体内に侵入させないよう働いています。

口にはこのような機能はありませんから、口で呼吸をすると、冷たい乾燥した空気、ウイルスや細菌が除去されていない状態の空気がそのまま体内に入りこんできます。特に高齢者の方は、口中の細菌などがそのまま肺に入り、肺炎の大きな要因になっています。

また、鼻呼吸ですと酸素をたくさん取り込む事ができますから、脳の働きも活性化する他、実はシワ・たるみ・肌荒れ・むくみなどの美容にも通じます。

 

岡田厚生堂薬局  口呼吸しているかチェック

岡田厚生堂薬局いびき
あなたは鼻で呼吸をしていますか?口で呼吸をしていますか?
「意識したことないな~」という方は以下のチェックをご参考ください。チェックがつけばつくほど、口呼吸が疑われます。

 

岡田厚生堂薬局  口やのどが乾燥している

岡田厚生堂薬局  鼻がつまりやすい

岡田厚生堂薬局  食事の時にクチャクチャ音をたてる

岡田厚生堂薬局  しっかり寝た気がしない、寝ても疲れがとれない

岡田厚生堂薬局  口が半開きになっている事がある

岡田厚生堂薬局  うつぶせ、または横になって眠る

岡田厚生堂薬局  いびきをかく、歯ぎしりをする

 

 

 

岡田厚生堂薬局  鼻呼吸にするためには・・・?

口呼吸の方が、鼻呼吸へ替えるには、意識して行う必要があります。方法をいくつかご案内いたします。

岡田厚生堂薬局  意識して口を閉じる
リラックスしている時、テレビを見ている時など、気づいたら口をぽかんと開けている事はありませんか?
意識して、常に口を閉じておくことを心がけましょう。

岡田厚生堂薬局  食事の時もしっかり口を閉じる
誰かと話しながらの食事は楽しいものですが、食事をする時は、口を閉じてよく噛むようにしましょう。

岡田厚生堂薬局  睡眠中は逆八の字にテープを貼る
意識して口を閉じることが出来ない睡眠中は、口に逆八の字にテープを貼って、口呼吸を防ぎましょう。
良かれと思って、しっかり貼ってしまうと、窒息の恐れがあります。睡眠中テープをご利用の際は、お気軽に当店にご相談にいらしてください。

岡田厚生堂薬局  口周りの筋肉を鍛える
「あー」「いー」「うー」「えー」「おー」と、口をめいっぱい広げて、動かして、発音してみてください。
発声よりも、口の動きが大きいかどうかがポイントです。人前では出来ないので、自宅で日課としてみてください。

岡田厚生堂薬局  鼻の詰まりを解消する
鼻が詰まりやすいなどの理由で、そもそも鼻呼吸だと息が苦しい、という方は漢方薬で治してしまいましょう。

もともとほてりやのぼせなどがあり、体が熱をもちやすい体質の方、鼻水が黄色くねばねばとしている方は、天津感冒片(てんしんかんぼうへん)や鼻淵丸(びえんがん)、香菊花(しゃんきくか)など。声が小さく、咳が多い、喘息などの持病を持っている方は衛益顆粒(えいえきかりゅう)や平喘顆粒(へいぜんかりゅう)など。汗をかきにくく、冷え性の方へは麻杏止咳顆粒(まきょうしがいかりゅう)や葛根湯(かっこんとう)などが適応となります。

その方の症状によって、適応する漢方薬が異なりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

岡田厚生堂薬局

 

 

岡田厚生堂薬局は、鍼灸院も併設しています
口呼吸は、ご本人の強い意志、プラス漢方薬と鍼灸で、しっかりと治すことができます。

岡田厚生堂薬局 あきらめないで、お気軽に岡田厚生堂薬局へご相談にいらしてくださいね!! 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

【関連記事】岡田厚生堂薬局  天津感冒片について  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  スムーズな排泄で健康な毎日を  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  花粉症  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  Tag 赤青黄色の風邪  岡田厚生堂薬局

 

女性の悩み

2012/10/17

 

中医学の基本となる、黄帝内経(こうていだいけい)」という古い医学書には、「女性の生理的な一生は、7の倍数で変化が訪れる」と記されています。

女性は、14才で初潮を迎え、21才から成熟していき、28才頃がピークで、その後35才頃から叙々に老化がはじまり、42才頃には老化のスピードが速まり、49才前後で閉経を迎える・・・、という考えかたです。(※下表参考)

女性のからだは生理とは切り離して考えられません。それぞれの年代にあった過ごし方をすれば、健康で美しくいられるのです。食べ物や生活態度などはもちろん、足りないものは漢方薬で補ったりします。そうした気使いは老化をも穏やかにします。

 

岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局  アンチエイジングは30代から

男性にとって気になるのが生殖機能であれば、女性にとって気になるのは美容でしょう。
しかし、中医学的アンチエイジングはそれだけに留まりません。

マッサージ・美容液といった体の外側からの対処だけではなく、体の内側からも対応しますので、「美容のために漢方を飲んでいたけど、気付いたら頭痛がなくなった」「髪の毛がつややかになるって聞いて飲んだけど、ついでに便秘と冷えがなくなった」「からだが軽くなった」「胸のつかえがとれた」「朝、楽に起きれるようになった」「前より明るく活動できるようになった」ナドナド・・・。

とりかえしのつかない病気になる前に、体質を改善された方も少なくありません。

もちろん老化は自然現象ですから、誰にもとめることは出来ません。しかし「あの人はまだ30歳なのにどう見ても40代に見える」とか「貴女本当に60歳なの?50代にしか見えないわ」とか、「見た目年齢」や「体内年齢」に個人差がある事も事実です。

自分自身で気付いた時が「相談し時」ですが、一番良いのは30代からです。

 

岡田厚生堂薬局  まずは肝血(かんけつ)

まずはお肌のトラブルを未然に防ぐために【肝】を補強しましょう。同時に【血】の充実と流れを良くすることです。

【肝】の力が弱まる=皮ふに直接影響を及ぼす事を意味します。皮ふへの栄養供給が滞り、同時に疎泄という大事な仕事もうまくできなくなってしまうからです。

シミ・そばかす・小じわ・乾燥肌・生理不順といった症状がある場合、中医学では【肝】【血】が関係していると考え、対処します。

 

岡田厚生堂薬局  次は脾と肺

40代からは【脾】【肺】の補強です。

【脾】の力が弱まる=消化器系の機能低下を意味し、【肺】の力が弱まる=呼吸器系の機能低下を意味します。

【脾】【肺】が低下すると、顔色が青白い、疲労感が抜けない、すぐ息切れする、汗をかきやすい、声が弱く張りが無く言葉数が少ない、動悸がする、といった症状がおこります。

 

岡田厚生堂薬局  閉経後は肝腎(かんじん)

閉経を迎える50代からは【肝】【腎】の補強をしましょう。

閉経の時期を挟んだ45歳~55歳くらいまでを更年期といい、ホルモンバランスが崩れてくる事によって不眠やほてり・汗といった症状に悩まされる方も少なくありません。

【肝】の主な仕事はエネルギー源である「血(けつ)」の貯蔵・【腎】「精(せい)」の貯蔵庫ですから、【肝】【腎】の力が弱まると、手足が熱っぽい、寝汗をかく、めまい・耳鳴り、口や喉が渇く、風邪をひきやすい、といった症状がおこります。

 

岡田厚生堂薬局  G.G(グランド・ジェネレーション)は腎陽(じんよう)

60代からは【腎陽】の補強をしていきましょう。

人生60年になると、体も心も疲労を増していきます。
寒気がする、手足が冷たい、膝や腰に力が入らない、脚がむくむ、消極的になる・・・、そんな時は体と心の陰陽のバランスを今一度整えてみましょう。

 

このように中医学的アンチエイジングは難しいことでは決してありません。
何故なら既に現われる症状にあった対応策があるからです。
あとは実行あるのみ、です。

是非、一度お気軽にご相談ください!
幸せな老後を目指しましょう!!

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

岡田厚生堂薬局  霊枢・天年第五十四  岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局

岡田厚生堂薬局  10歳くらいから五臓が安定しはじめ、血気も動き始める為、走を好む。

岡田厚生堂薬局  20歳くらいになると血気盛んになり、筋肉も成長する為、小走りを好む。

岡田厚生堂薬局  30歳くらいから五臓は安定し、筋肉は強固になって血行も充実する為、歩を好む。

岡田厚生堂薬局  40歳になると、五臓六腑や十二経脈が頂点を迎え、肌の荒れ・輝きも減り白髪も出始める為、座を好む。

岡田厚生堂薬局  50歳になると、肝気も衰え始め、肝の充実度が下がり、胆汁の分泌も低下し、目のトラブルも現われる。

岡田厚生堂薬局  60歳になると、心気が衰え、憂い悲しんでいる時間が多くなる。血気も低下する為、寝転ぶことが多い。

岡田厚生堂薬局  70歳になると、脾気が衰える為、消化吸収力が低下し栄養状態も悪くなり皮ふも枯れてくる。

岡田厚生堂薬局  80歳になると、肺気が衰える為、呼吸器系の働きが低下し、肉体と精神のバランスが崩れて会話も難しくなる。

岡田厚生堂薬局  90歳になると、皮ふだけでなく内臓も枯れてくる。体内の気血の流れも乏しくなる。

岡田厚生堂薬局  100歳になると、体をすべて使い果たし、肉体を支えてきた一番大きな精神「元気」が去る。そうして終焉を迎える。

 

 

▲TOP     

 

 

子宮の老化は10代から

2012/07/01

 

10代20代30代の早期閉経・早発閉経の方が増えています。

生理がこなくてラッキー!と思っていたら、そのまま閉経してしまった。。。

自分には関係ないと、自信をもっていえますか?
閉経が何を意味するか、本当に知っていますか?

★女性の悩み★も併せてお読みください♪

★妊娠適齢期★もオススメです!

 

子宮年齢が低下する、つまり子宮の老化はいつからはじまると思いますか?

赤ちゃんのもと、卵母細胞(減数分裂して、いずれ卵子になります)が含まれる卵胞(らんほう)は、実はお母さんのおなかにいる時から存在します。

女性の胎児の卵巣にある卵胞はおよそ700万個、出生後にはその数が200万個にも減少します。そして12歳~14歳くらい、つまり生理が始まる頃には卵胞は30万個にまで減少してしまいます。

50歳くらいになると、およそ1000個となり、卵胞が尽きれば閉経となります。

 

岡田厚生堂薬局

 

不妊のご相談が、高齢になればなるほど難しくなるのは、赤ちゃんのもとのひとつ、卵の数が限られてくるからというのもあります。

加齢とともに、体の機能が低下することは自然の理です。
しかし、昨今問題なのは、その老化の訪れが早すぎることにあります。

 

 

岡田厚生堂薬局  早期閉経・早発閉経の意味するもの

本来、50歳くらいに訪れる予定の閉経が、20歳~30歳代で訪れてしまう早期閉経(早発閉経)は、医学的には『43歳未満で卵巣内に卵胞が残っていないと確認される』あるいは『下垂体からのホルモンFSH値、LH値を測定し、極めて多量に放出されている』と、早期閉経(早発閉経)と診断されます。

岡田厚生堂薬局
現代医学では、女性ホルモン補充療法などで対応します。
閉経すると、妊娠は望めなくなります。
そして別の問題がでてきます。

閉経の前後10年間にわたる更年期(メノポーズ:Menopause)です。

また、早期閉経(早発閉経)は、骨粗しょう症・白髪・脱毛・シワなどの老化症状が早めにくることを意味します。

どうして50歳より早く閉経してしまうのか、を考えてみましょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  あなたの生活をチェックしてみましょう

早すぎる閉経を迎えてしまう原因には以下のようなものが挙げられます。

岡田厚生堂薬局  先天的なもの
生まれつき腎精が少ない状態、腎虚の状態である方も稀にいます。後天の精(飲食物や漢方薬)で人より多く補う必要があります。

岡田厚生堂薬局  睡眠不足、夜更かし
0歳~21歳までは心身ともに未成熟の状態です。メラトニン(成長段階の子供の「性成熟を抑制する作用」も持っています、つまり思春期の訪れを遅くする働きです)、コルチゾール、副腎皮質刺激ホルモン、成長ホルモン等は睡眠中に多く分泌される為、充分な睡眠を得ていないと心身ともに安定せず未発達でバランスの崩れたまま大人になってしまいます。睡眠は成長・修復・疲労回復に欠かせないものです。園児は10時間、小中学生は9時間、高校生でも8時間の睡眠が必要といわれています。

岡田厚生堂薬局  食べないダイエット、栄養不足
0歳~21歳までの食事は、心身を作る大切なもの。ダイエットや好き嫌いでバランスの崩れた食生活は決して美しい体を作りません。飲食物によるエネルギー補給が出来ないために必要以上の生命エネルギーを使ってしまい、体はやせるかも知れませんが、ツケはあとに回ってきます。

岡田厚生堂薬局  加工食品・ジャンクフードの食べすぎ
濃い味ブームが示すとおり、舌が鈍感になっている方が増えています。加工食品やスナック菓子、ジャンクフードに含まれる食品添加物は一回分、少量では問題なしとされていますが、蓄積すると問題になってきます。原材料名をチェックし、自然の食物でないものを食べている、という自覚を忘れないようにしましょう。

岡田厚生堂薬局  過度の運動、過度の性生活
スポーツの分野で一番になるためには、練習量も人より多くなってしまうかも知れません。しかしアスリートの経験豊かなコーチたちは認識しているとおり、過度の練習は逆に体の故障を招きます。自己判断で行わず、信頼できるコーチの指導のもとで行うと良いでしょう。また、性のスタートも早くなっている現代では、欲望のままに行動するのではなく、節度を忘れないようにするべきです。性生活は体力よりむしろ気を大量に消耗します。気の消耗は早すぎる老化を招くということを忘れないようにしましょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  中医学の役割

岡田厚生堂薬局  早すぎる老化を予防する
自然の理のとおり、正常な時期に正常な変化が訪れるよう、心身のバランスを整えることが、早期閉経(早発閉経)などの予防につながります。

岡田厚生堂薬局  老化を緩やかにする
実際に50歳になって、閉経が訪れたあとも、老化のスピードを緩やかにするためには何が必要でしょう。

それは早め早めの対応です。

「頭痛」「生理痛」「貧血」・・・そうした、ちょっとした症状を無視せず、きちんと治しておくことが、老化を穏やかにする秘訣です。

 

 

岡田厚生堂薬局  こんな症状がある方は?

  冷え症
  貧血、立ちくらみ
  頭痛、生理痛
  生理不順
  子宮内膜がうすい
  生理の状態が悪い
  疲れやすい、息切れする、めまい
  やる気がない、ぼーっとする
  情緒不安定
  むくみやすい、むくみがとれにくい
  しみ、くすみがある
  便秘

病気とはいえない、ちょっとした症状のうちにケアすることが肝要です。

きっとあなたのお役に立てます。

ひとりで抱えこまず、お気軽にご来店ご相談ください。

 

 

岡田厚生堂薬局  おすすめの漢方薬  岡田厚生堂薬局

イスクラ冠元顆粒 イスクラ婦宝当帰膠 イスクラ参馬補腎丸

イスクラ冠元顆粒
かんげんかりゅう
[第2類医薬品]

イスクラ婦宝当帰膠
ふほうとうきこう
[第2類医薬品]

イスクラ参馬補腎丸
じんばほじんがん
[第2類医薬品]

イスクラ杞菊地黄丸 イーパオ 紅沙棘ホンサージ

イスクラ杞菊地黄丸
こぎくじおうがん
[第2類医薬品]

イーパオ
益宝
[健康食品]

紅沙棘
ほんさーじ
[健康食品]

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

妊娠適齢期

2011/11/02

 

妊娠適齢期・出産適齢期はあるのでしょうか?あるとしたらそれはいつ?

中国の古典医学書『黄帝内経』では、男性は八の倍数、女性は七の倍数の年に変化を迎えると記されています。時を経てもその考え方は非常に参考になります。

★女性の悩み★も併せてお読みください♪

 

岡田厚生堂薬局  変化を迎えるタイミング

中医学でいう腎(じん)とは、腎臓のことではなく、ホルモンや泌尿器系・生殖器系・免疫系の働き全般を指し、これらは生命の根源を支えるものです。

当然、妊娠力・出産力は腎の機能がきちんと働いていないと弱い(=妊娠できない、出産できない)といえます。

腎の精(気)は、男性は八の倍数、女性は七の倍数の年毎に、変化を迎えます。男性は32歳頃がピーク・40歳頃から衰えていく、女性は28歳頃がピーク・35歳頃から衰えていく、という考え方です。

岡田厚生堂薬局

 

 

岡田厚生堂薬局  妊娠適齢期・出産適齢期

男性は、
8歳・・・腎気が充実し、乳歯から永久歯に生えかわる。
16歳・・・腎気盛んになり精気が溢れ、子どもを生める体になる。
24歳・・・腎気が整い、筋骨たくましく歯が生え揃う。
32歳・・・腎精ピーク、心身すべて整い、最高潮を迎える。
40歳・・・序々に腎精が衰えはじめる、髪は抜け、歯に不調がでる。
48歳・・・陽気が衰え、体型も崩れる、白髪がでてくる。
56歳・・・肝気と腎が衰え、筋は落ち、精は著しく減少する。
64歳・・・陽気が枯渇、歯も髪も抜け、子どももできなくなる。

女性は、
7歳・・・腎気が盛んになり、乳歯から永久歯に抜けかわる。
14歳・・・天眞の気が降りて生理がはじまる。
21歳・・・親知らずが生え、心身ともに整う。
28歳・・・腎精のピーク、筋骨や髪が豊かになる。
35歳・・・陽明脈が衰え始める、髪が抜け始める。
42歳・・・太陽、陽明、少陽の三陽の脈が衰え、しわ、白髪が増える。
49歳・・・任脈が虚して太衝脈が衰え、天癸尽き、閉経を迎える。

つまり、男性の妊娠適齢期は32歳前後、女性の妊娠適齢期は28歳前後です。(前後約5年間くらいがベストといえます)

 

 

岡田厚生堂薬局  晩婚化に伴う高齢出産

しかし実際、晩婚化がすすんでいます。
また、積み重なる誤った生活習慣やストレス社会といった文化の変化により、実際の年齢よりも腎のちからが衰えてしまっている方が多くいらっしゃいます。

本当に「赤ちゃんが欲しい」方は、腎のちからを強化し、ご夫婦ともに健康なからだづくりをしていくと良いです。

高齢出産は、母子ともに危険を伴いますので、赤ちゃんが欲しい方は、早め早めに健康チェック(ブライダルチェック)を行っておくと良いでしょう。

 

 

岡田厚生堂薬局  腎を補う、補腎(ほじん)で解決!!

何らかの原因で弱まった腎を補う、または老化を緩やかにするための中医学の知恵、補腎(ほじん)は古来より『抗老防衰(こうろうぼうすい)』といって漢方薬の得意分野のひとつです。

腎のちからが弱い=腎虚(じんきょ)には、5つのタイプがあります。それぞれのタイプ別に対応していきます。

そのタイプを掲載していきますが、ひとりひとり異なりますので、詳しくは岡田厚生堂薬局までお気軽にご相談ください!

 

岡田厚生堂薬局 腎虚(じんきょ)5タイプ 岡田厚生堂薬局

 

岡田厚生堂薬局
顔色がさえない、艶がない
手足が冷える、冷え性である
やる気が持続せず、すぐ疲れる
夜間や冷えるとトイレが近い

 

岡田厚生堂薬局
乾燥肌で、のどがすぐ乾く
すぐに息切れする
風邪をひきやすく咳がでやすい
便が固い、便秘になりやすい

 

岡田厚生堂薬局
眠りが浅い、不眠、多夢
動悸がする
理由もなく不安を感じてしまう
物忘れが激しい

 

岡田厚生堂薬局
目が乾きやすい、目が疲れやすい
めまい・耳鳴りがする
筋肉がつりやすい
血圧が高め、または血圧が上がりやすい

 

岡田厚生堂薬局青あざが出来やすい
肩こりが慢性化している
顔色や舌の色が紫暗色
針で刺すような痛みがある
生理血が黒っぽい、塊がある

 

 

早め早めの対処が肝心です。

岡田厚生堂薬局では、ひとりひとりに合った方法をご提案しています。
是非、お気軽にご来店・ご相談ください♪

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP     

 

 

白寿の祝い

2011/06/06

 

2011年6月        

人間はいくつ位まで生きられるのであろうか。
人間の寿命はどの位なのか。

近世の考え方では成長期(約25年)の5倍とされるので、この考え方に従うと125歳位となり、また中国の「春秋左氏伝」では「上寿120歳、中寿100歳、下寿80歳」となっているので長寿の上限は120歳位となり、この位が人間の寿命の一つ目安になるのかも知れない。

 

上記は、私が日本専門薬局同志会の会報誌(恵気素)に連載している健康つれづれ考第14回「脾胃を元気にする足陽明胃経・三里(穴)」の出だしの文章であります。

 

この文章のとおり長生きして「白寿」を迎えた義母(家内の母親)について、今月はお伝えしようと思います。

 

去る4月24日(日)99歳を生きた義母の「白寿の祝い」が義母の故郷である千葉県亀山の「亀山温泉ホテル」で行われました。

兄弟姉妹、息子、娘、甥、姪、孫、曾孫、合わせて49名での祝宴となりましたが、義母にはこれからも長生きしていく為の格好の良薬となったことと思われます。

家内の話ですと若い頃より胃腸の弱かった義母が、何故このように長生きできたか、記してみることと致しましょう。

 

中医学の理論に【後天の元気】(脾胃により食物の精微よりつくられる生命力)という考え方があります。

この理論は中医学独特の理論で、とても重要な考え方です。 人間はこの脾胃の働きにより生命力を旺盛にし、また長生きすることも出来るのです。

義母はこの脾胃(消化器系統)を徹底的に労わったのです。
一例を挙げますと、食事をするにも自分の胃腸の容量以上には絶対に食べない、という事です。 つまり例え少し残っていても無理に食べず残す、という食習慣だったのです。

これは一面では『もったいない』ということになりますが、脾胃を過度に働かせない、という面では後天の本(脾胃)を消耗させない、ということにつながるのです。

そしてもう一つ長生き出来た理由として考えられるのは、滋養強壮剤レオピンを40年にわたり飲み続けたということです。

最初は熟成ニンニク抽出液・肝臓分解エキス入りのキヨーレオピン、次に濃縮熟成ニンニク抽出液・薬用人参・牛黄入りのレオピンファイブ、最近では濃縮熟成ニンニク抽出液・薬用人参・牛黄・ロクジョウ・インヨウカク・トシシ入りのレオピンロイヤルと、同じレオピンでも変わってきていますが、一貫してレオピンを飲み続けた、これも長生きにつながる条件ではなかったかと思っています。

 

更につけ加えるなら70歳代より最近まで行きつけの鍼灸治療院に行き、鍼灸治療を受けていた、これなども長生きできた理由かな、と思えるのです。

もう一度言いますと、99歳まで長生きできた理由は・・・

 

岡田厚生堂薬局 徹底的に口がきれいであった
岡田厚生堂薬局 レオピンを40年にわたり飲み続けた
岡田厚生堂薬局 月に何回かは鍼灸治療を受け、体調保持を図った

 

だと考えられるのです。

人間の寿命は生まれてきた時はある程度決まっていると思われる(親から受け継いだ『先天の元気』により)のですが、生まれ出でてからは親からもらった生命力を生かすも殺すも『後天の本』である脾胃をいかに大切にし、衰えを少なくしていくか、このところが長生きする為には重要な鍵となると思われるのです。

 

レオピンが他の栄養剤と異なるのは、この『後天の元気』を作り出す脾胃に働きかけ、脾胃を丈夫にさせる、つまり『後天の本』を衰えさせない、と考えられるのです。
格言に

 

岡田厚生堂薬局 腹八分に医者知らず
岡田厚生堂薬局 腹七分に病気知らず
岡田厚生堂薬局 腹六分に老い知らず

 

と、ありますが正に義母はこの格言とおりに生きた、と言っても過言ではないでしょう。

 

中国の2000年前の医学書『黄帝内経』素問【上古天津論篇第一】に

黄帝が岐珀に聞く
「私の聞くところでは、昔の人は年齢が百歳になっても動作が衰えなかったのに今どきの人は頭が白髪混じりになる、五十歳位で動作が皆衰えてしまう、と。それは世の中の仕組みが違ってきたのか、あるいはまた人が正しい暮らしの方法を見失ってしまったのか。」

岐珀が答えていう
「昔の人はその(天地自然の真理に基づく)正しい暮らしの方法を知っていた。その方法というのは次の通りである。

● 自然の四季に基づく生物の生長収蔵のリズムの法則に従う。
● 健康保持の技術方法に熟達する。
● 飲食には節度がある。
● 生活には規範がある。
● 無暗に疲労困憊する様な労働はしない。

そこで生涯を閉じるにあたっても肉体と精神は一緒にその活動を止め、天から与えられた寿命を終わり、そこでやっとこの世から姿を消した。」

(黄帝内経素問訳注:家本誠一著)

 

いかがでしょうか。

病気にならないで寿命を全うする真の生き方は天地自然の理に反しないことなのでしょうね。

 

店主(北京中医薬大学日本校卒業)

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 岡田厚生堂薬局

 

▲TOP